お役立ち!季節の耳より情報局

暮らしに役立つ様々な情報を厳選してお届けします!

足利尊氏の家紋「足利二つ引き」と五七桐、五七花桐について

   

足利尊氏
 

足利尊氏のルーツ

室町幕府を開いた足利尊氏ですが、はじめは高氏という名前でした。 まだ高氏だった頃、天皇に応じて鎌倉幕府を裏切り、倒幕に功をなしたとして、天皇から「尊」の字をもらい高氏から「尊氏」と改名したのです。
そんな尊氏が出た足利氏は、清和源氏よりでた河内源氏の流れをくむ名家でした。そして、鎌倉時代には幕府の御家人として活躍した一族でもあります。

スポンサードリンク

 

 

足利の名字のルーツ

足利尊氏が出た足利氏は、清和源氏より出た河内源氏の流れをくんでおり、その祖は八幡太郎とも呼ばれた源義家の孫の義康で、本拠地である下野国足利荘にちなんで「足利」を名乗ったのが始まりとされています。尊氏を初代将軍とした室町幕府ですが、15代の義明のときに滅亡します。そして、足利氏の直系はここで滅ぶこととなったのです。なお、分家は紆余曲折があったものの現在まで続いています。

 

足利尊氏の家紋「足利二つ引き」

 

家紋
 

足利将軍家の公式の代表紋は、「足利二つ引き」です。これは、5本に張られる陣幕の布の2本目と4本目を黒く染めて自陣の目印としていたことより、のちに、旗に横棒を2本並べたものが家紋になったと言われています。

 

スポンサードリンク

 

謎が多いといわれる引き両紋

なお、「丸の内に二つ引き」という丸に二本の線を引いたシンプルなデザインの家紋がありますが、この二本線の太いのが「足利二つ引き」です。引き両紋は謎の多い紋といわれており、その成り立ちは諸説入り乱れています。ちなみに、室町幕府が開かれたあとは、斯波氏や今川氏などの足利一族も「丸の内に二つ引き」を使用しています。

 

丸の内に二つ引きは衣服に使用

「丸の内に二つ引き」の紋は、衣服の紋などで使用する際の見た目を考えてできたものです。しかし、足利将軍家の家紋とされている「足利二つ引き」だけは違うデザインになっています。

 

後醍醐天皇からもらった五七桐紋

 

五七桐
 

「二つ引き」と並ぶ足利氏の家紋も存在しております。それは「桐紋」です。「桐紋」は、後醍醐天皇から「菊の紋」と一緒にもらったものです。ですが、のちに二人は対立することになります。尊氏は北朝を擁して室町幕府を開き、後醍醐天皇は吉野に逃れて南朝を樹立します。こうして、後醍醐天皇に背いたかたちとなった尊氏ですが、紋は返上しませんでした。そのため、桐紋は二つ引きと並んで、足利氏の家紋として認知されていくのです。

 

独自にアレンジをした五七桐「五七花桐」

 

家紋
 

実は、尊氏は桐紋にこだわりがあったようです。そもそも尊氏がもらった桐紋は「五七桐」だと考えられていますが、後に桐の花が咲いたデザインにアレンジした、専用の「五七花桐」を作っています。こうすることで、他家の桐紋との差別化を図り、「五七花紋」を独占紋にしたのです。なお、花の数は五七桐と同じです。

 

配下の武将に与えた「丸の内に二つ引き」と「五七桐」

足利氏は配下の武将に「丸の内に二つ引き」と「五七桐」の家紋を授けました。その中の「丸の内に二つ引き」は清和源氏系に好まれ、斯波氏や最上氏は定紋として使用するようになりました。

また、桐紋は足利氏以降、桐紋を授かった武将がさらに配下に与えていったため無数に増えていきました。そんなこの2つの家紋は、武家によく使用されており、武家紋のルーツになったともいわれています。

 

スポンサードリンク

 

丸の内に二つ引き

 

家紋
 

そもそも足利氏が「足利二つ引き」を使用し始めたのは、鎌倉時代に源頼朝の白旗と違いをつけるために、旗に二つ線を入れたのが始まりという説もあります。足利氏は室町幕府を開いたあと、畠山氏、斯波氏、吉良氏、細川氏、織田氏などにこの「丸の内に二つ引き」の家紋を授けていきました。

 

五七桐

桐紋に使用されている桐は、鳳凰が止まる木として神聖視されており、「五七桐」は皇室の家紋として使用されてきました。これが武家に与えられると、一気に庶民まで広まり、現在では全国各地で使用されています。また、桐紋は日本政府の紋章としても使用されています。

家紋
 

室町幕府創設に貢献した武将

足利尊氏は、後醍醐天皇の新政に失望した武士たちの期待を担い、新政権に反旗を翻しました。そして、激戦ののち京都を制圧して幕府を開くことになりました。そんな尊氏と一緒に戦った武将と家紋を少し紹介いたします。

 

高師直の七宝に花角

 

家紋
高師直(?~1351)は、尊氏の側近として、室町幕府成立後は執事を務めていました。そんな高師直が使用していた家紋が、「七宝に花角」です。

 

赤松則村の二つ引きに三つ巴

 

家紋
 

赤松則村(1277~1350)は、尊氏とともに後醍醐天皇の新政に反旗を翻しました。そんな赤松則村が使用していた家紋が、「二つ引きに三つ巴」です。

 

スポンサードリンク

 

 

 - 戦国武将の家紋