お役立ち!季節の耳より情報局

暮らしに役立つ様々な情報を厳選してお届けします!

島左近の家紋とその生涯を解説!「石田三成に過ぎたるもの」と評価された戦国武将

   

豊臣秀吉が亡くなったのち、豊臣家の中で存在感をあらわにした石田三成。三成は義に厚い武将で、非常に頭のいい人物だったのですが、軍事に関してはあまり得意ではなかったと言われています。

そんな三成のそばで、彼の手助けをしていたのが「島左近」という武将です。

本名は島清興と呼ばれる彼の家紋と三成に評価されたその人生を解説していきます。

スポンサードリンク

 

引く手あまただった島左近が、石田三成を主とした理由

石田三成に対する評価に、以下の言葉があります。「石田三成に過ぎたるものがふたつある。島の左近と佐和山の城」。つまり、「島左近と佐和山城(三成の居城)三成にもったいない」、と言う意味です。

 

shima3
 

石田三成は、同じ豊臣秀吉の家臣だった福島正則らからよく思われておらず(というか、徹底的に嫌われていた)、親友の大谷吉継からも「農民から大名まで横柄だと言っている。人望がない」と言われており、当時の評価は決して良くありません。

だからこのような言葉が出てきたのだと考えられますが、一方で左近の評価が非常に高かったことが解ります。

 

島左近の出身はよくわかっていない

その左近が、どこでどう生まれたのかについては良く解っていません。ただ、仕えた先の主と反りが合わなかったため、各地で浪人生活を送っていたことは解っています。

この時からすでに左近は有名だったようで、あちこちから「うちに来てくれ」という引き合いがありましたが、左近はそれをすべて断っています。

 

石田三成から手厚い歓迎を受けた島左近

多くの引き合いがあった中で、他の大名と同じく彼を誘ったひとりが石田三成でした。もちろん左近は断ったのですが、三成は「自分が持っている四万石から、二万石を与える」という条件を差し出して左近を説得しました。

主と家臣の禄が同じということは、当時はまずありえないことです。左近はこの三成の申し出に心を打たれ、三成に仕えることを決めました。

 

三成に仕え、三成と共に散った島左近

sakon2
 

頭が良く、それでいて武勇に関しても申し分のない島左近は、石田三成の腹心として名を知られるようになりました。その中で、左近は三成にいくつか助言をしています。

 

三成に家康暗殺を持ちかける島左近

ひとつは、秀吉が亡くなったあとに徳川家康の暗殺を持ちかけたこと。豊臣秀吉の晩年の行いもあり、徳川家はとても力をつけていました。

だからこそ、今のうちに始末しておこうと左近は考えたのです。しかし、真面目な石田三成は「暗殺なんて卑怯な真似はできない」とこれを拒否してしまいます。

スポンサードリンク

 

抗瀬川の戦いでは島津義弘と一緒に家康夜襲を持ち掛ける

これと同じ様なことが、「抗瀬川の戦い」でも起きています。

「関ヶ原の戦い」の前に起きた「抗瀬川の戦い」にて、左近は徳川率いる東軍を打ち負かしました。この勢いに乗って敵をさらに弱体化させようと、左近は島津義弘と共に「東軍に夜襲を仕掛ける」という案を三成に持ちかけます。

「どんな手を使ってでも、家康を倒したい」という左近の気持ちがこの行動からもにじみ出ているのですが、これも三成は拒否してしまいました。「卑怯なことはしたくない」という三成の生真面目さが見えるエピソードなのですが、この時の左近の胸中はいかばかりか…と考えてしまいますね。

 

関ケ原の戦いで黒田長政に討たれてしまう

そして、とうとう勃発した「関ヶ原の戦い」。三成率いる西軍は、味方であったはずの小早川秀秋をはじめとする数名の裏切りにより敗北してしまいます。

左近は、黒田官兵衛の息子「黒田長政」の軍と激突し、命を落としました。
sakon
引用:https://ja.wikipedia.org/

左近は最後まで鬼人のごとく刀を振るい、その勇猛さは黒田長政の兵が語るほど。左近の「かかれー!」という言葉が耳から離れず、夢に見て飛び起きたという逸話が残っています。

 

島左近の家紋は「丸に三つ柏紋」

左近が使っていたのは、こちらの「丸に三つ柏紋」と伝わっています。

 

丸に三つ柏紋
 

柏紋は日本で非常に有名な家紋のひとつで、「十大家紋」としても知られています。

柏の葉は厚くてしなやかであることから、食材を乗せる食器として使用されていた時期がありました。現在も宮中のお祭りにて食前として使用されているそうで、そこから「神の木」という意味を持つようになったとか。

縁起の良さから、よく家紋に使われているのかもしれませんね。

 

スポンサードリンク

 - 戦国武将の家紋