お役立ち!季節の耳より情報局

暮らしに役立つ様々な情報を厳選してお届けします!

小西行長の家紋とは?キリシタン大名の壮絶な人生も解説

   

武将でありながらキリシタンでもあった、そんな異色の経歴を持つのが小西行長です。

キリシタンであることが良く知られているため、そちらばかりがクローズアップされがちなのですが、実は彼は経歴も異例。なんと、彼はもともとは武士ではなく堺ではたらく商人でした。

そんな小西行長の家紋について、また彼の壮絶と言える人生について解説していきます

スポンサードリンク


当時の堺は、日本有数の商業都市。

konishi2
その堺で、九州との貿易を積極的におこなっていたのが「日比屋家」という家です。この日比屋家と小西家は婚姻関係でつながりがあり、大変に豊かな生活をしていたことが想像できます。大都市で貿易を営む家が、貧しいはずがないですからね。

そして、貿易という生業がそうさせたのか両家ともキリシタンでした。もちろん、そこで生まれた行長もキリシタンです。さらに、行長はキリシタンという立場を利用しつつ、「キリシタンしか使うことができない独自の貿易」も行っていた様で、かなり深いつながりをもっていたと考えられています。

 

豊臣秀吉と出会う行長

その行長が、どうして豊臣秀吉と出会ったのかはよくわかっていません。もともとは宇喜多家に仕えていたことが解っているので、そこで秀吉と何らかの縁があったのではないか?とも言われています。

とにかく、秀吉の命を受けた行長は、25歳で小豆島を管轄することになりました。その後も秀吉と共に四国に攻め入るなど、豊臣軍として武勲をあげています。

スポンサードリンク


秀吉のバテレン追放令でキリシタンが一蹴される!?

秀吉は後に「バテレン追放令」を出してキリシタンを一蹴することを考えますが、行長は秀吉に仕えつつも、キリシタンをかくまって貿易を続けました。

当時のイエスズ会は日本の貿易市場を独占している状態だったので、行長はそのつながりを守ることでこれまでの貿易を存続させたのです。

このような努力が認められ、行長は加藤清正と共に肥後の国を与えられ、12万石を所有する武将となっています。仲が悪かった清正と共に…というところに因果を感じますね。

生まれた時の環境から、彼がキリシタンになるのは当たり前の流れでした。しかし、彼は親兄弟に言われたからキリシタンになったのではなく、自らがその教えに惹かれていたのだと思わせるエピソードがあります。

 

関ケ原の戦いでは西軍に就く行長

秀吉亡き後に勃発した関ヶ原の戦いで、行長は石田三成率いる西軍に参加します。しかし、味方の裏切り行為もあり徳川家康率いる東軍が勝利し、西軍は敗北してしまいました。

武将であれば、たとえ敵将に捕まっても切腹を選んで死ぬことが美徳とされています。しかし、キリシタンだった彼は自ら死ぬことを拒み、斬首で命を終えました。

神に仕える彼は、武将としてではなくキリシタンとして死ぬことを選んだのかもしれませんね。

 

キリシタン大名・小西行長の家紋とは?

中結祇園守紋:小西行長の家紋その1

yukinaga
 

キリシタンの印象が強い小西行長ですが、彼にもちゃんと家紋があります。彼の家紋は「中結祇園守(なかむすびぎおんまもり)」

とても美しく、どことなく行長の誠実な人柄が伝わってくるような気がしますね。

こちらの「祇園守」は八坂神社が作ったお守りがもとになっているそう。中央に見える棒のようなものは巻物です。

 

スポンサードリンク


華久留子紋:小西行長の家紋その2

konishi
そして、もうひとつが「華久留子」。「久留子」は、当時のキリシタンの言葉で「クロス」を意味しました。見てのとおり、十字架の形をした家紋です。

キリシタンとしての生き方を通した行長らしい家紋ですね。

キリシタンは弾圧された時代があり、表だって布教活動などはできませんでしたが、それでもキリシタンたちはこうして家紋に十字架を取り入れることでキリスト教を守り続けたと言います。なんとも行長らしい、彼の人生がそのまま形になった様な家紋ですね。

 

最期の死に方はとても武将らしい行長と、その人生

konishi3
 

キリシタンとしての人生を歩みながら、同時に武将として生きた行長。

最期に彼は切腹を拒んで斬首となりましたが、直前まで凛とした視線を忘れず、その姿に誰もが敬意を抱いたと語られています。

それが武将としての在り方であったのか、キリシタンとして神のためにという信仰からだったのかは解りませんが、行長が誇り高き武将であったことはよくわかります。

嫡子も一緒に処刑されてしまったため、小西家は断絶となってしまっています。しかし、商人から武将にまでのぼりつめ、さらにキリシタンとしての生き方を全うした彼の人生は、後世で長く語られることなります。

 

 - 戦国武将の家紋