お役立ち!季節の耳より情報局

暮らしに役立つ様々な情報を厳選してお届けします!

竹中半兵衛が使った2つの家紋の由来と人物像に迫る

   

戦国時代の天才軍師・竹中半兵衛

戦国時代きっての天才軍師と言われる、竹中半兵衛。ゲームキャラクターの影響で、その名前と存在が飛躍的に知られるようになりました。
竹中半兵衛を語るうえでどうしても外せないのが黒田官兵衛の存在です。

今回は、

竹中半兵衛が天才軍師と呼ばれた戦術について
黒田官兵衛との感動エピソード
竹中半兵衛の2つの家紋について

の順にみていきたいと思います。

スポンサードリンク

 

田信長を撃退!天才軍師と呼ばれた「十面埋伏陣」

1544年に美濃斎藤氏のもとに生まれた半兵衛。1560年(もしくは1562年)に、父が亡くなったことをきっかけに家督を継ぐことになります。

hanbe
 

半兵衛の才能が発揮されたのは、美濃を度々攻めていた織田信長との戦い。攻め入る織田軍を「十面埋伏陣」という方法で迎え討ち、見事撃退を果たしています。この戦術は、攻め入ってきた敵をまずは通過させ、両脇・背後の三方向から攻撃するというもの。当時にはなかった画期的な戦術は、織田軍を圧倒しました。

 

豊臣秀吉にも認められる力量

この力量をかわれて、後に半兵衛は信長の臣下であった木下籐吉郎(のちの豊臣秀吉)に従うようになり、生涯彼の参謀として力を発揮することになります。

若くして亡くなった竹中半兵衛威

これほどまでに有能だった半兵衛ですが、36歳という若さでこの世を去ってしまいます。秀吉は彼の体のことを知り療養させましたが、すでに自分に死が迫っていることを悟っていた半兵衛は病をおして秀吉の陣中に戻り、そこで息を引き取りました。死因は肺の病であったと考えられています。もし半兵衛が生きていれば、その後の秀吉の生き方もまた違ったものになったかもしれません。

 

黒田官兵衛との信頼関係

半兵衛ともう一人、秀吉にはとても優れた軍師がついていました。黒田官兵衛の存在です。

 

kanbe
 

同じ軍師という立場なので、普通に考えればいがみ合ってもおかしくないのですが、半兵衛と官兵衛はとても仲が良く、親しい関係だったようです。2人は「両兵衛」と呼ばれることも。

 

スポンサードリンク


織田信長に息子を殺されかける官兵衛

この2人の信頼を伺わせるエピソードがあります。ある時、官兵衛は敵軍に交渉をしにいきましたが、逆に捉えられて水老に入れられてしまいました。しかし、これを織田信長は「敵軍に寝返った」と勘違いしてしまい、激高します。官兵衛には息子がおり、このままでは信長に殺されてしまうところでした。しかし、半兵衛が偽者の首を息子と偽って差出し、守り抜きました。

その後、官兵衛は無事に帰還しそこで息子を守ってくれた半兵衛の話を聞きます。しかし、若くして半兵衛はこの世を去ってしまったために、官兵衛は半兵衛に敬愛を込めて家紋を半兵衛の家のものに変えました。半兵衛に関しては謎も多いので、このエピソードも異説がありますが、本当だったら素敵ですね。

 

竹中半兵衛の家紋

九枚笹:竹中半兵衛の家紋その1

竹中半兵衛の家紋は2つが確認されています。ひとつは「九枚笹」。
hanbe2

九枚笹

笹と竹は同じ植物で、大きいものを「竹」、小さいものを「笹」と呼んでいます。竹はとても高く伸びることもあり、「猛々しい」の意味に通じるとも言われ、神さまと人間をつないでくれる植物でもあると言われてきました。

このため、竹と笹は多くの武将たちが使っている家紋のひとつです。

黒餅:竹中半兵衛の家紋その2

そして、もう一つがこちらですね。「黒餅」という家紋です。この家紋は、黒田官兵衛から譲り受けた家紋です。

kuromochi

「餅」には「おめでたい」という意味があるため、そこから家紋に使用されるようになりました。また、簡単に描くことができる形であること、「黒餅」が「石持」と似たような呼び方であることから、武将にとって非常に重要な「石高が増える」という意味もあると言われるようになったのです。

半兵衛も、それにあやかってかこちらの家紋を使用していました。

スポンサードリンク


半兵衛がもう少し長く生きていれば…

 

竹中半兵衛は非常に優れた軍師であり、それを秀吉も高く評価していました。だからこそ、もう少し長く生きていれば秀吉のその後もまた違ったのかもしれないと思わざるをえません。

秀吉は、実子の秀頼ができてからは「息子可愛さ」に精彩を欠き、養子の秀次切腹事件をはじめ諸大名から怨みを買うようなことを次々と起こしていきます。そのことが、結果として豊臣の滅亡にもつながりました。

それを思えば、半兵衛が長く生きた豊臣政権を見たかったような気もしますね。

 - 戦国武将の家紋