お役立ち!季節の耳より情報局

暮らしに役立つ様々な情報を厳選してお届けします!

結城秀康の家紋と生涯 -徳川家康の息子は父と不仲だった!?-

   

「結城秀康」の画像検索結果 265年に及ぶ徳川幕府の礎を築いた徳川家康。彼の息子と言えば、家康の後に将軍となった徳川秀忠が有名です。
しかし、実は家康には秀忠以外にも何人かの息子がいました。その一人が結城秀康です。実の息子でありながら、家康に冷たく当たられた人物として知られる秀康の家紋と生涯に迫ります。

 

スポンサードリンク

 

「秀康」の文字は秀吉と家康からもらった名前

徳川家康のもとに生まれた秀康。しかし、彼が生まれた戦国の世は非常に過酷でした。秀康が5歳の時、異母兄とその母が信長の命令で切腹させられるという事件が起きます。これにより、秀康は「嫡男(一番上の子)」となり、家康の跡継ぎになってもおかしくない立場だったのですが、後に家康と秀吉が戦った後に人質として豊臣家におくられました。

 

秀吉に人質として送られた秀康

この時、秀吉と家康の名前を一文字ずつもらって「秀康」を名乗るようになりました。当時において、「秀」の名前をもらうことは秀吉側の人間である証。つまり、家康の子ですが秀吉側の人間になった、ということになります。さらに九州征伐での成果を認められた秀康は、「豊臣」の名前を賜り、名実ともに秀吉の養子として扱われています。

 

秀吉に実子が生まれて急変する立場

秀吉はその生涯の中でたくさんの養子をもらっています。あの小早川秀秋や豊臣秀次も秀吉の養子でした。
でも、秀吉の側室である茶々(淀殿)が実子の秀頼を生むと態度が一変。実子に跡を継がせるために、養子たちは邪魔な存在になったのです。多くの養子たちが排除されていく中、秀康は父・家康がいた関東の結城氏の娘と婚姻。これにより結城秀康に名前が変わっています。

 

スポンサードリンク

 

関ケ原では父・家康側に就く秀康

これで豊臣方とは縁が切れたようで、「関ヶ原の戦い」では父・家康のいる東軍に参加しています。この戦いの後に50万石という破格の領地を与えられています。

結城秀康像
 

父・家康には嫌われていた?

家康の子であった秀康ですが、双子で生まれたために「縁起が悪い」と家康に嫌われ、長く父に会うことはなかったそうです。しかし、それを良くないと思った兄の信康の進言もあり、後に面会しています。この面会も渋々だったと言われていますが、関ヶ原の戦いの後は秀康に50万石という領地を与えているところを見ても、息子を思う気持ちはどこかにあったのかもしれません。

秀康は、この数年後に梅毒で亡くなりました。運命に翻弄されたものの、父に認められ、きちんと領地をもらうこともできたことは秀康の誉ではなかったでしょうか。

 

結城秀康の家紋は「右三つ巴」

結城秀康は、結城家が使用していた「右三つ巴紋」を使用しています。

家紋
 

スポンサードリンク

 

 - 戦国武将の家紋