お役立ち!季節の耳より情報局

暮らしに役立つ様々な情報を厳選してお届けします!

斎藤義龍の家紋は「五七桐」父に美濃のマムシ・斎藤道三を持つ戦国武将

   

saitoyoshitatsu
 

goshichikiri 五七桐

 

斎藤義龍

斎藤義龍は、「美濃」というところの大名・斉藤道三の息子です。
戦国時代は、時に父も子もなく揉めてどちらかを討つ、ということも当たり前に起きているのですが、斎藤道三と息子・義龍も例外ではありません。
そして、父・道三に関しては近年に新しく定説が出てきていますので、こちらも踏まえて義竜を紹介します。
※道三は名前が何度も変わっていますが、ここでは「道三」で統一して紹介します。

 

まず、義龍の父・斉藤道三について

義龍について説明する前に、その父である道三について記述をしなければなりません。

戦国時代の武将に詳しくないと、斎藤道三と聞いても「誰?」と思ってしまうかも知れませんが、「織田信長の妻になった濃姫のお父さん」と言えばわかる人も多いのでは。
そう、斎藤道三の娘は、あの織田信長の妻となった濃姫です。ゲームでかなり有名になりましたよね。
濃姫の「濃」は、父・道三の国である「美濃」から来たものです。

そしてもうひとつ。
日本の有名な小説家・司馬遼太郎の作品に「国盗り物語」というものがあるのですが、この物語の主人公になったのも斎藤道三。なので、歴史が好きな人の間ではわりと有名な人物です。

僧侶から証人へ~そして美濃の大名へ

この道三、最初は京都にある「妙覚寺」というところで僧侶をしていたのですが、のちになぜか油商人へ転職。
「一文銭にある穴を通して油を注ぐ」というパフォーマンスで有名となり、財を稼ぎました。
そこから、これまたどうしてか「武士になろう」と決意し、元僧侶というツテを使って守護大名・土岐家の家臣だった長井長弘という人に仕えるようになりました。
武士になろうと思って、実際になるところがスゴイ…。
でも、道三がスゴイのはここからなのです。

道三は、主の長弘を飛び越えて、その上にいる土岐家の次男・土岐頼芸に気に入られるようになります。
このころの土岐家は、この頼家と長男の政頼が家督相続をあらそっていました。
一度は政頼が家督を継ぐのですが、道三は政頼を追い出すことに成功。これにより、頼芸が土岐家を継ぐことになりました。これで、頼芸はますます道三を信用するようになります。

すると、道三は主・長井長弘に「土岐政頼と内通していた」という疑いをかけて殺害。
これにより、道三は主の長井家を乗っ取ることに成功します。主を殺してのし上がる、まさに下剋上ですね。
※この長弘殺しに関しては、異説もあります。

この後に、守護大名・土岐家の下にあった「守護代」という役職の斎藤利良が亡くなり、道三はこの斎藤家を継いで「斎藤道三」を名乗ります。
さらに、頼芸の弟を毒殺したことから頼芸と対立した道三は、娘の帰蝶(これが濃姫)を織田信長に嫁がせることに成功。そして信長父・織田信秀の後援を得て、頼芸を美濃から追い出し大名となりました。

僧侶→油商人→武士→大名と、上にいるものを排除して上に行く道三は「マムシ」と呼ばれ恐れられたそうです。

このサクセスストーリーは、道三とその父の二代で行われたものだった?

この下剋上サクセスストーリーですが、近年では「道三と、道三の父の二人で行われた」という可能性が強く、道三一人によるものではないという見方が強くなっています。
どうやら、守護代の斎藤家の名跡を継ぐころまでは父がいたと思われ、道三がやってきたと思われていたことが父の働きだった可能性もあります。

 

ここで出てくるのが息子・斎藤義龍

とうとう美濃の大名となった道三ですが、彼には息子がいました。
これが斎藤義龍です。
道三は、22歳だった義龍に家督を譲って隠居するのですが、ここからが問題でした。

道三は、義龍のことを「ダメな息子」と決めつけ、義龍の弟の孫四郎・喜平次から跡取りを選びたいと考えるようになりました。つまり、義龍のことが邪魔になったわけです。
どうやら、道三は義龍よりもその下の弟たちを可愛がっていたようで、跡目もこちらにしたいと考えたのでしょうね。

ところが、義龍は道三が考えていたような「ダメな息子」ではなかったのです。
父が弟たちを可愛がり、跡目もそちらに継がせようとしていることを察した義龍は、斎藤家の家臣たちと一緒に「道三を討つ」と決意します。
父の道三は、上述した通りかなり強引な方法で大名になったため、家臣たちも思うところがあったのでしょう。ほとんどが義龍の味方につき、道三は娘婿の織田信長に援軍を頼まざるを得なくなりました。

父が可愛がっていた弟たちは、叔父と手を組んで二人とも殺害。
そして兵を挙げ、敵対する父の前で見事は采配を見せつけました。
この戦に敗れ、父・道三は亡くなりますが、その寸前に「斎藤家はしばらく安泰」と言ったと言われています。
下剋上でのし上がった道三が、自分の息子の実力を見抜けなかったというのは意外ですよね。

美濃の国は、父の道三が戦ばかりしていたせいで、荒れていました。
義龍は、国を安定させるために内政に力を入れ、大名として力を尽くします。
そして、父殺しの汚名がかかることを恐れてか、将軍・足利家に申し出て名門・一色家を名乗ることを許され、改名もしました。これが「美濃一色家」のはじまりになります。
織田信長を殺すため、日本で初めての「狙撃」を行うなど武将らしい行動もしており、有能な武将であったことは間違いなさそうです。
そんな義龍ですが、もともと病弱だったという話しもあり、35歳という若さで亡くなりました。もう少し長く生きていれば、父以上に有名な武将になったかもしれません。

 

斎藤義龍の家紋は「二頭立波」

斎藤義龍の家紋は「二頭立波」という家紋です。
これは、寄せる波が戦の合戦の駆け引きに似ていることから、父・斎藤道三が自らデザインしたと言われています。

 - 戦国武将の家紋