お役立ち!季節の耳より情報局

暮らしに役立つ様々な情報を厳選してお届けします!

足利義昭の生涯と家紋の家紋と生涯|室町幕府第15代で最後の足利家の将軍

   

利義昭
 

15代にわたって幕府の将軍を務めてきた足利家の、最後の将軍となったのが足利義昭です。そんな彼の家紋とこれまでについてまとめました。

スポンサードリンク

 

足利13代目将軍義輝の暗殺で一変した義昭の人生

義昭は次男として生まれたため、仏門に入り将軍の職とは離れた生活をしていました。そんな義昭の人生が一変したのは、兄であり13代目将軍でもあった足利義輝が暗殺されたときのことです。

 

幽閉されるも再び将軍の座に就くことを決意する義昭

義輝の暗殺で将軍職を追われてしまった足利家を復権させるために、義昭は「自分が京都に行って再び将軍の座に就く」ということを決意しました。兄の暗殺から義昭自身も幽閉されてしまいますが、協力者の力を得て脱出することに成功しています。

 

義昭と織田信長の出会い

「京都に行って自分が将軍になり、足利家の力を取り戻したい」と考えた義昭ですが、京都までの道中は非常に危険で、力のある誰かに護ってもらうことが必要でした。そこであちこちの大名に打診した結果、当時とても力を付けていた大名・織田信長が付きそうことになります。

 

信長のおかげで将軍の座に就くも無力だった義昭

信長は京都まで義昭を守り、義昭は無事に15代目将軍の座に就くことができました。しかし、上洛でさえ信長に付き添ってもらわなければ実現できなかった義昭が、将軍になったからといってなんの後ろ盾もありません。結果、引き続き信長の力を頼ることになります。

 

信長との関係はますます悪化する一方

力関係でいうと、将軍の義昭が信長より偉いのは当たり前なのですが、実際のところは「信長がいないと将軍の座が危うい」ということで、信長のことを無視することはできなかったのです。この危うい力関係は、二人の仲をどんどん悪化させていきました。

 

スポンサードリンク

 

信長との戦いに敗れ、京都を追放

こうなると、義昭にとって信長は邪魔な存在になります。義昭は、同じく信長を倒したいと考えていた武田信玄と結託。信長と戦いますが、途中で信玄が病気で亡くなってしまいます。これで、義昭は信長と戦うことはできなくなってしまいました。

 

信長からの和解を断固拒否

足利家の将軍である義昭を利用したい信長は和解を持ち掛けますが、義昭はこれを拒否。ここで和解したとしても、また信長に良い様にされるだけだと解っていたのでしょう。信長はついに二条城を焼き討ちにしますが、それでも義昭は抵抗。やがて信長は義昭の説得をあきらめ、京都を追い出してしまいました。京都を追われた義昭は、貧しい生活を余儀なくされながら毛利家を目指し、保護されます。

 

時代は信長から家康へ、将軍の座を断念する

その後もなんとか信長を倒そうとしていた義昭ですが、「本能寺の変」でその信長が討死。時代はもはや足利ではなく、信長の家臣・秀吉へと流れていました。この流れを読んだのか、義昭は将軍職への復帰を断念。九州の島津氏に対し、豊臣と和解するよう説得したことが評価され、京都に戻って出家しています。
義昭は新しく屋敷を構え、「元将軍」という立場から格別の待遇を受け、61歳で亡くなりました。

 

足利義昭の家紋は「丸に二つ引両紋」

家紋
 

足利義昭が使用していた家紋は「丸に二引両紋」と呼ばれる家紋です。とてもシンプルな家紋ですが、この家紋は足利家が代々使用していたことから有名になり、足利家の象徴的として使用されています。

 

スポンサードリンク

 - 戦国武将の家紋