お役立ち!季節の耳より情報局

暮らしに役立つ様々な情報を厳選してお届けします!

下り藤と上がり藤など藤家紋の由来・意味を解説!戦国武将などもまとめました

   

藤紋
 

日本には、実に5000以上の家紋があると言われていますが、中でもよく使用されている家紋を「日本10大家紋」と呼んでいます。
その10大家紋の中で、最もよく使用されているとされているのが「藤紋」。

下り藤 五七桐 柏紋 蔦 沢瀉紋
藤紋 桐紋 柏紋 蔦紋 沢瀉紋
%e5%ae%b6%e7%b4%8b 丸に違い鷹の羽紋 橘紋(たちばなもん) 片喰紋 木瓜紋
茗荷紋 鷹の羽紋 橘紋 片喰紋 木瓜紋
 

藤紋は、植物の「藤」を家紋にしたもので、藤の花が持つ高貴さや美しさが漂う柔和なデザインが特徴です。

そんな藤紋ですが、過去には藤原鎌足(中臣鎌足)をはじまりとする藤原氏の支流が使用し、権力と地位の象徴として使用されていたことがあります。
このページでは、その藤紋の中で特に有名な「下り藤」「上がり藤」を中心に藤紋の由来や意味を解説するほか、この家紋を使用していた著名人を紹介します。

スポンサードリンク

 

「藤紋」の由来とは

藤紋のはじまりは藤原鎌足から~1200年にわたって栄えた藤原氏

「藤紋」のなりたちについてお話しする前に、「藤原氏」が誕生するきっかけとなった出来事と、それにかかわった天智天皇・藤原鎌足の関係について解説しておきましょう。

「藤紋」の由来 時は飛鳥時代。聖徳太子が生きていた時代にさかのぼります。
聖徳太子は「天皇を中心にした政治」を作り上げた人物なのですが、その聖徳太子が亡くなると蘇我入鹿という人物が天皇に代わって好き放題に政治をするようになってしまいました。

この事態に危機感を覚えた中臣鎌足という人物と、当時の天皇の息子であった中大兄皇子は、二人で協力して蘇我入鹿を殺害します。

そして、中大兄皇子は皇太子の立場にありながら日本の政治に深くかかわり、後に父の跡を継いで天皇となり、天智天皇を名乗りました。

この中の「中臣鎌足」という人物が、藤原氏の祖となる人物です。

中大兄皇子を支えて日本の政治にかかわった鎌足は、亡くなる前の日に天智天皇となった中大兄皇子から「藤原」の姓を下賜されました。

これをきっかけに「藤原氏」が日本に誕生し、藤は藤原氏の象徴となっていくのです。

ただ、藤紋が藤原氏を代表する家紋であったかと言えば必ずしもそうではありません。藤原氏は「公家藤原家」から、地方の「武家藤原家」へと広がってい行きますが、藤紋を多く使用したのは武家藤原家の方です。

また、地方でも大変な勢力を持った藤原氏にあやかるために、藤紋を使い始めた家もたくさんあるとか。藤紋を使っているからと言って、必ずしも藤原氏と関係があるということではないようなので注意しましょう。

 

藤原氏の著名人とは?

ここで紹介した藤原鎌足が有名なのはもちろんですが、他に著名人と言えば「藤原道長」が有名でしょう。

藤原道長
藤原道長は天皇に娘を嫁がせ、天皇の代わりに政治を執り行う「摂政関白」という地位を得た人物です。
※ちなみに、この娘は「彰子」といって、彼女についていた女官があの有名な「源氏物語」を書いた紫式部です。

また、日本の79代目首相の細川護熙氏は藤原家の嫡流・近衛家の血を引くことで知られる人物です。

護熙氏はさらに天皇家の血も引いている上に、著名な戦国武将・細川忠興とガラシャの子孫でもありますので、日本の高貴な血をこれでもかと引いているサラブレットのような存在。

細川ガラシャの父が、あの有名な明智光秀であることも、血筋の素晴らしさに拍車をかけています。素晴らしいですよね。

 
明智光秀の画像 信長を裏切った明智光秀の桔梗紋を解説!長曾我部元親との関係に新発見!?

スポンサードリンク

 

藤原氏の存在を形にしたような「藤紋」の成り立ち

上述したように、「藤紋」が生まれたのは中臣鎌足が「藤原」の姓を下賜され、「藤原鎌足」となったことに由来するのですが、実は藤という植物は藤原氏の存在をそのまま形にしたかのようなものです。

多くの方が知っている通り、藤というのは支柱となる他の木に絡みつくような形で伸び、見事な花を咲かせます。これが「天皇家を支えに日本の権力を手中に治めた藤原氏の成り立ち」に似ていると言われ、藤紋の存在を一層強いものにしています。

藤原氏は、その姓に使用されている「藤の花」を特別なものとして大切にしており、よく藤を見て楽しむ催しを開いたと言われています。

 

「藤紋」の種類!どんなものがあるのかを解説

基本は「下り藤」

藤原氏の家紋は、「藤紋」の中でもこの「下り藤」を使用しています。藤の花は上から下に下がっていますよね。まさにその形をそのまま家紋にしたのが「下り藤」です。

下り藤
 

「下り藤」の後にできた「上がり藤」

藤原家の勢力が強くなると、分家の広がりも大きくなります。
そこで、本家と分家を区別するために「上がり藤」の家紋が造られました。

上がり藤 下り藤をそのまま逆にしたような形が印象的ですね。
下り藤は「花が下がる」という形をしていることから縁起が悪いと考えられ、そこから上がり藤の家紋が生まれたという説もあります。

 

スポンサードリンク

 

加藤藤をはじめとする「藤」がついた家紋

藤原家の人物が「国司」などの重要な役割を与えられて地方に流れ、そこで栄えたという例もあったようです。
その中で、加賀の藤原家が「加藤」という姓を名乗り出し、新たに「加藤藤」と言われる家紋を作ったと言われています。
こちらの家紋ですね。

加藤藤
 

ただ、「藤」が付いた名字すべてが藤原氏の血筋というわけではないようで、地方の豪族が藤原氏の勢力にあやかろうと真似た可能性や、下賜されて名乗るようになった可能性もあります。

 

藤が蝶になった「藤飛び蝶」「藤蝶」

こちらは、藤の花を蝶に見立てた家紋です。
蝶と言えば「平氏」の代表紋ですが、果たしてそれと関係があるのかどうか。藤の花の美しさの中に、優雅さを見ることができる家紋です。
これは、その蝶をモチーフにした家紋の中の「藤飛び蝶」。藤の花が、蝶になって飛んでいるかのような柔らかいイメージの家紋ですね。

藤飛び蝶
こちらは「藤蝶紋」になります。

藤蝶紋
 

スポンサードリンク

 

藤紋と片喰紋が合体した?「藤輪に剣片喰紋」

日本10大家紋の中に、植物の「片喰」をから生まれた「片喰紋」というものがあります。
片喰は、葉がハートの形をしているとても可愛らしい植物で、大地に深く根付き何度でも新しい芽を出すことから「子孫繁栄」の意味があり、武家に広く愛用されました。

子孫を残すことは武将の大切な役割のひとつですからね。この片喰紋の中でも、片喰と剣を合わせたデザインの「剣片喰」という家紋が武将に人気だったのですが、剣片喰と藤紋を合体させた「藤輪に剣片喰」という家紋が存在します。

藤輪に剣片喰
見るからにゴージャス!
この家紋の成り立ちははっきりしませんが、「藤紋」「片喰紋」という日本を代表する家紋を組み合わせたところにロマンを感じますね。

 

藤原氏からわかれた「五摂家」の家紋にも藤が

藤原鎌足の子孫は主流が「北家」を名乗り、他に「近衛」「鷹司「九条」「二条」「一条」という家に分かれました。このうち、「九条」「二条」「一条」の家は藤紋を使用しています。

ただ藤紋を使用しているだけでなく、家によって家紋が少しずつ違ったようですね。こちらが、九条家が使用した「九条藤」。

九条藤紋 そしてこちらが、二条家が使用した「二条藤」になります。

二条藤
他にも、藤紋には「三つ藤巴」「藤桐」「内藤藤」などかなりの種類があり、いかに人気があった家紋なのかが伺えます。

こうして数が増えたことの裏には、「藤原氏と同じ家紋を使いたい」という気持ちと「でも、周りと同じでいやだから少し変えたい」という気持ちがあったのかもしれませんね。

 

三つ藤巴

三つ藤巴
 

スポンサードリンク


 

藤桐紋

藤桐紋
 

内藤藤

内藤藤
 

藤紋まとめ一覧

fujimon (7) fujimon (4) fujimon (3) fujimon (6) fujimon (8)
 上がり藤  下がり藤  隅切り角に下がり藤  下がり散藤  丸に上がり藤
fujimon (2) fujimon (5) fujimon (9) fujimon (11) fujimon (10)
 亀甲に下がり藤  丸に下がり藤  上がり散藤  下がり藤に三つ巴  加藤藤
fujimon (13) fujimon (14) fujimon (1) fujimon (12) fujimon (15)
 黒田藤  藤輪に剣片喰  上がり藤に一の字  上がり藤に梅の花  藤輪に蔦
fujimon (16) fujimon (17) fujimon (18) fujimon (19) fujimon (20)
 下がり藤に五三桐  糸輪に下がり藤  藤輪に蔦  藤輪に花菱  上がり藤に梅の花
 

スポンサードリンク

 

「下り藤」「上がり藤」をはじめ、藤紋を使っていた戦国武将・著名人

本願寺顕如

顕如
 

本願寺顕如の家紋とは?本願寺が2つのお寺に分かれてしまった理由

まず、武将とはちょっと違いますが「本願寺顕如(ほんがんじけんにょ)を挙げておかなければなりません。
顕如は、京都の本願寺(今の西本願寺ですね)の僧侶で、あの織田信長に対抗した人物としてよく知られています。顕如は、藤紋の中でも「九条藤」を使用しています。

顕如は後に信長に従うことを決めますが、息子の「教如」は断固として対抗する姿勢をみせたため、本願寺を追い出されてしまいました。そこで、顕如がいる本願寺が「西本願寺」となり、教如(正確に言うと次の代の宣如から)の「東本願寺」ができたのです。

ちなみに、教如にこのお寺を与えたのは徳川家康。いやはや、この時から家康は裏でいろんなことをやっていたのですね。
織田信長について 織田信長の7つの家紋を用いた意味・由来を簡単に画像付きで解説!織田木瓜の家紋の読み方は?
ieyasu 徳川家康の家紋の意味・由来を画像付きで解説!印籠にも使われている三つ葉葵紋、徳川の家系図も!
 

加藤嘉明

羽柴秀吉(のちの豊臣秀吉)の家臣として知られる加藤嘉明も、下り藤を使用していました。

 

加藤嘉明
 

加藤嘉明の家紋は「下がり藤」の由来を解説|藤堂高虎とライバル関係にあった戦国武将

加藤義明は藤堂高虎のライバル関係でも有名で、実際に治めていた領地も隣同士だったり、秀吉の家臣で300石から出発したりと、何かと共通点も多いです。

本人たちもお互いを意識していたようで、関係が良くない時期もありましたが、徳川秀忠が高虎に会津の国を任せようとしたところ「律義者の加藤義明がふさわしい」と進言したことから和解。晩年は仲良く過ごしたようです。

 
takatora1 主君を7度変えた戦国武将・藤堂高虎の家紋の由来に迫る!

スポンサードリンク

 

後藤又兵衛(後藤基次)

「大坂の陣」で豊臣軍と戦った徳川家康が、高い条件を出してでも自分の軍に引き入れたいと考えた武将がいました。それが後藤又兵衛です(正式名称:後藤基次)

後藤又兵衛(後藤基次)
 

又兵衛は幼いころに黒田官兵衛に引き取られ、その才能から官兵衛の実施・長政よりも手をかけて育てられたと言われるほど。しかし、それが良くなかったのか長政との関係は良くなかったようで、たびたび衝突していたと言います。

又兵衛を高く評価していた家康もまた、「大阪夏の陣」の前に又兵衛を誘いますが、又兵衛は「落城が迫っているこの時に、弱いものを捨てて強いもののところにいくことはできない」と固辞。

そしてそのまま、「大坂の陣」で命を落としました。官兵衛が見込んだだけあって、誠実で聡明な武将であったようです。
彼の家紋も「下がり藤」です。

 

関連の合戦

大坂冬の陣で見る家紋 大坂夏の陣で見る家紋
 1614年 大坂冬の陣で見る戦国武将の家紋  1615年 大坂夏の陣で見る戦国武将の家紋
 

石田三成

「関ヶ原の戦い」で、徳川家康に敗れた石田三成。

石田三成
 

石田三成の家紋の由来を画像付きで解説!大一大万大吉は旗印、九曜紋、下り藤が家紋

三成の家紋は「九曜紋」が有名ですが、「関ヶ原の戦い」の絵に下り藤があることから、こちらも使用していた可能性があるようです。

 

スポンサードリンク

 

安藤信正

時は江戸時代。将軍・徳川家茂のもとに、孝明天皇の妹・和宮が嫁ぎました。これを実現させるために力を尽くしたのが安藤信正です。

 

安藤信正
 

当時の幕府は力をなくしていましたので、天皇家の血を引く和宮を嫁にもらうことで威信を回復しようとしていました。天皇家の女性が将軍家に嫁ぐのは異例のことだったため、反発も大きかったと言います。
それをやってのけた人物です。信正は「上がり藤」を使用しています。

 

大久保利通

言わなくても解るほどの著名人。

大久保利通
 

西郷隆盛とともに、鹿児島出身の著名人としてよく知られていますね。明治政府の立役者です。彼が使用していたのは「三つ巴藤」という家紋です。

 

伊藤博文

初代総理大臣になった伊藤博文。

伊藤博文 しかも、合計で四度も総理大臣になり、「大日本帝国憲法」を作ることにも尽力しました。
伊藤博文は韓国人の青年に中国で暗殺され、そのことが現在でも日韓関係に大きく影響しています。伊藤博文の家紋は「上がり藤」になります。

 

スポンサードリンク


まとめ

「藤原家=藤紋」というイメージが強いですが、現在の佐藤、伊藤、加藤という苗字のほとんどが藤原家の末裔である可能性が高いのにも注目ですね。もっと知りたい、という方は下の画像に戦国武将の家紋を一覧できるリンクや戦国武将の合戦の記事のリンクを張っておりますのでご興味ある方はぜひご覧ください。

 
苗字から家紋を調べる方法苗字から家紋を調べる方法 総勢111名の戦国武将家紋一覧戦国武将家紋一覧
31の合戦から見る戦国武将の家紋一覧31の戦国合戦から見る戦国武将の家紋 日本の10大家紋を解説します日本の10大家紋について

 - 家紋