お役立ち!季節の耳より情報局

暮らしに役立つ様々な情報を厳選してお届けします!

丹羽長秀の家紋「丹羽直違紋」を解説!安土城を作った信長の家臣

   

niwa

039.fw丹羽直違

 

丹羽長秀の家紋

丹羽長秀(にわながひで)は、織田信長に仕えた家臣です。
「本能寺の変」で織田信長が亡くなったあと、人生が変わった武将はたくさんいるのですが、この丹羽長秀もその一人かも知れません。
最期まで織田信長に忠誠を尽くした丹羽長秀の生涯に迫ります。

 

織田信長に人生をささげたと言ってもいい丹羽長秀

丹羽長秀は、丹羽長政という武将の次男として生まれました。
この丹羽家なのですが、長秀以前は目立ったところがないためか、はっきりとしたことが解っていません。
いつから織田信長に仕えたかもわかっておらず、とても謎が多いのですが、長秀の生涯をたどっていくと元服前にはすでに信長に仕えていたようです。

しかも、信長が今川義元を破って名を上げた「桶狭間の戦い」にも参加しているので、かなり古くから仕えていた人物と考えて良いです。
信長は長秀をとても信頼していたようで、後の「姉川の戦い」「長篠の戦い」にも参加しています。

長秀が「米五郎左」と呼ばれるワケ

長秀の通称は「五郎左」。
今は「米五郎左」と呼ばれることも多いようです。
この通称にも、もちろん信長が関わっていました。

「五郎左」とは「五郎という名前+左衛門尉という官位」のことで、信長が「米のように何にでも合う(どんなことをやらせても、器用にこなす)」「米のように必要不可欠な存在という意味で長秀につけた通称なのです。
ここに、信長が言った意味を加えて「米五郎左」ですね。
長秀は、信長にこの通称をもらったことが本当にうれしかったみたいで、後に信長が別の官名をあたえようとしても断ったほどです。

信長も、長秀に安土城の普請を任せたり、「馬揃え(軍事行進のようなもの)」では一番の入場になるなど、かなり厚遇していました。
しかし、あの「本能寺の変」が二人の関係を大きく変えてしまうことになるのです…。

 

「本能寺の変」以降の長秀~謎の死

良い関係を築いてきた信長と長秀ですが、信長は「本能寺の変」で明智光秀に討たれ、この世を去ります。
長く慕ってきた信長が討たれたと聞いた時、長秀はどんなに無念だったでしょう。
遺された長秀は、信長の三男にあたる織田信孝を支援し、光秀の子供だった娘婿を殺害(とはいえ、この娘婿は無関係だったという見方が強いです)。
そして、毛利家との戦いから「中国大返し」をして戻ってきた秀吉と共に明智光秀を討ちました。

ここで、長秀と秀吉の間に縁ができます。
その後、織田家では後継者を決める「清州会議」を開くのですが、ここで対立した柴田勝家と羽柴秀吉のうち、羽柴秀吉の方の案に賛同しているので、両者の関係は良かったものと思われます。
この「清州会議」のあとに勝家と秀吉の関係は悪化。
やがて勃発した「賤ヶ岳の戦い」にて、秀吉は勝家を討ちます。ここでも、長秀は秀吉についていますので、秀吉への信頼は厚かったと言われています。

ところが、そのあとに長秀は51歳でこの世を去ります。
死因は諸説ありますが、共に光秀を討って信長を殺された仇を返したはずの秀吉が、だんだんと織田家をないがしろにしていくことに絶望したとも言われています。
秀吉は、最初こそ織田信長の次男・信雄を推したものの、勝家を倒したあとは自分が織田家の力を吸収し、信雄のことはないがしろにしていました。
織田家に長く仕えた長秀は、それが我慢できなかったのでしょう。「本能寺の変」からわずか三年の出来事でした。

 

丹波長秀の家紋とは

丹羽秀長の家紋は「丹羽直違紋」。
「にわすじかいもん」とよみます。×のような、ふしぎな形をしていますよね。

この家紋の由来ははっきりとしていないのですが、丹羽家がこの家紋を使用したのは「戦場で刀を布でふいたら血の×印が残ったから」とも、戦のあとに旗が日本のみ残ったからとも言われています。

 - 戦国武将の家紋