お役立ち!季節の耳より情報局

暮らしに役立つ様々な情報を厳選してお届けします!

島津4兄弟の四男・島津家久の家紋「丸に十文字」を解説|龍造寺隆信を破った戦国武将

   

iehisa

juji 丸に十文字

島津家の4兄弟

■父:島津貴久
島津4兄弟の父・島津貴久の家紋「丸に十文字」を解説|島津家を拡大させた戦国武将
■長男:島津義久
島津4兄弟の長男・島津義久の家紋「丸に十文字」を解説|九州一の戦国武将
■次男:島津義弘
島津家次男で九州の猛将・島津義弘の生涯と家紋「丸に十文字」
■三男:島津歳久
→父の貴久や兄の義久、義弘を助けて数々の合戦で活躍した立役者
■四男:島津家久
島津4兄弟の四男・島津家久の家紋「丸に十文字」を解説|龍造寺隆信を破った戦国武将

 

島津家久の家紋について

戦国時代に、九州の南部を治めていた島津家。
16代目当主・島津義久の代では、秀吉に敗けてかなわなかったものの九州統一寸前まで勢力を拡大させました。
その偉業を成し遂げる土台を作った15代目当主・島津貴久と、彼の遺志を継いで島津家の勢力を拡大させた16代目当主・島津義久をはじめとする四兄弟は、まちがいなく戦国時代有数の名武将です。

ここでは、島津義久・義弘・敏久・家久の島津四兄弟の末っ子・島津家久について紹介しています。

 

島津四兄弟の末っ子・家久。一人だけお母さんが違う

まず、島津四兄弟のお父さん・島津貴久の話しから。
島津四兄弟の父・島津貴久は、島津本家ではなく分家に生まれた子供です。
しかし、島津本家の跡取りが次々と早世してしまったこと、当主となった島津勝久がまだ若く、島津家内での争いが絶えなかったことから、貴久が本家の養子になって島津家を継ぎました。
その貴久ですが、当主になったあとも別の島津分家からの反発・勝久の裏切りから当主の座を追いやられてしまい、長い時間をかけて15代目当主に返り咲いたという苦労人です。
その中で薩摩平定を果たし、島津家繁栄の礎を築いた貴久は、九州でも指折りの名将でした。

その貴久の子で、嫡男の義久・次男で「鬼島津」の異名を持つ義弘(この人がいちばん有名)・三男の歳久は正室との子供。末っ子の家久は、その三人が生まれてしばらくたってから側室が産んだ子供です。
上の三人とはお母さんが違いますし、年齢も一番上の義久とは14歳も離れていました。

一番年下で、お母さんも違う家久。
しかし、家久は上の三兄弟に劣らない活躍を見せ、島津家の中で存在感を放つようになっていくのです。

 

長曾我部元親の跡取り・信親を討ったのは島津家久だった!

さて、みなさんは長曾我部元親を知っていますか?
長曾我部元親は土佐を中心とする四国の大名で、一度は四国を統一する寸前まで行った優秀な武将です。
しかし、その優秀さから信長・秀吉に目をつけられてしまった元親。
「本能寺の変」で信長が死んだあとに、秀吉から攻められて敗北。阿波(徳島)・讃岐(香川)・伊予(愛媛)の3つの国をとられ、土佐一国のみの領地にされてしまいました。

ここまではまだよかったのですが…。
豊臣軍に敗け、秀吉の言うことを聞かざるを得なくなった元親は、嫡男・信親と一緒に秀吉の九州征伐に加わります。秀吉が島津家を討つために行った戦ですね。
この戦で、島津家側は秀吉に敗北するのですが、家久は責めて来た長曾我部郡の長曾我部信親を討つことに成功します。

元親は、嫡男の信親のことを非常に大事にしていたため、信親が討たれた後は人が変わったかのように精彩を欠くようになり、これが長曾我部家を滅亡へと導くことになるのです…。
四国統一寸前までいった元親が、優秀さを認めた息子・信親。その信親を破った家久は、「さすが島津の子」と言われてもおかしくない名将なのです。

 

豊臣軍に敗北~家久の謎の死

長曾我部信親の首をとるという武勲をあげたものの、家久はその後に秀吉の弟・豊臣秀長の軍に敗けてしまいました。
その中で、家久は秀長と和睦をして戦を終わらせようとするのですが、なぜかこの直後に亡くなってしまいます。
タイミングからして、秀長が毒殺したのではないか?という説もあるのですが、この時の秀長に家久を毒殺する理由はありません(ちなみに、秀長は兄・秀吉とちがって穏やかで気のいい人物だったようなので、毒殺なんてことをするとも考えにくいです)。

島津家側にも、「病による急死」と伝わっていることから、おそらく本当に病で亡くなったのでしょう。
享年40歳、若すぎる死ですね。
ちなみに、兄の歳久は秀吉に背いたという疑いをかけられて切腹しているので、四兄弟の仲で長生きしたのは当主の義久・次男の義弘ということになります。

家久は早くして亡くなるものの、兄の義弘の子が「家久」を名乗り、島津家の18代目当主となっています。
※島津家の家督相続に関しては、島津家に残る「島津氏正統系図」に16代義久、17代義弘、18代忠恒(義弘の子・家久)となっています。が、実際には義久から直接忠恒に家督が譲られていたようで、義弘が家督を継いだ形跡はありません。が、系図を優先して義弘を17代当主としています。

 

島津家久の家紋とは

島津家久の家紋は、島津家の代表家紋「丸に十時」です。
九州の島津家といったら、この家紋。
「鬼島津」と言われた島津義弘の存在もあり、かなり有名な家紋のひとつです。

 - 戦国武将の家紋