お役立ち!季節の耳より情報局

暮らしに役立つ様々な情報を厳選してお届けします!

鍋島直茂の家紋は大友家に由来する?龍造寺隆信に仕えた戦国武将を解説

   

「鍋島直茂」の画像検索結果
 

優秀な頭脳で主を越えた力を持った鍋島直茂の生涯と家紋九州の名家であり、その名を知らぬものはいなかった大友家。
その大友家を破り、一躍注目を集めるようになった武将が龍造寺隆信という人物でした。鍋島直茂は、この龍造寺隆信に仕えた人物で、大友家を破ることに成功した戦略を立てた人物です。

 

スポンサードリンク

 

大友軍に勝利した戦略・夜襲の考案者だった直茂

鍋島家は、もともと九州の龍造寺家に仕えていた家臣でした。そこに生まれた直茂ですが、一度は別の家に養子に出されています。しかし、その家と龍造寺家の関係が悪化したことから家に戻り、父が龍造寺家当主・龍造寺隆信の母と婚姻を結んだことから隆信の義兄弟となります。そこから、彼は隆信と龍造寺家を支えていくことになります。

この龍造寺隆信なのですが、彼も数奇な運命で龍造寺家の当主となっており、家での評判は決して良くありませんでした。隆信自身も家のものを信用していませんでしたが、義兄弟の直茂のことは信頼していたようで、何かと頼っていたそうです。そんな二人の関係がうかがえたのが、上述した大友氏を討つ時の出来事です。

 

龍造寺隆信と直茂の夜襲で大友家を破る

九州で次第に勢力を強めていた龍造寺隆信を警戒し、大友家は軍を出して隆信を討とうとします。その時、龍造寺家の多くが「籠城すべき」という意見だったのに対し、直茂は「夜襲をするべき」と進言しました。
信隆は「夜襲すべき」という直茂を信じ、その結果見事に大友軍を破りました。ここから、直茂は龍造寺家にとってなくてはならない立場になったのです。

 

豊臣秀吉も認めた頭脳明晰さ

しかし、龍造寺家の勢いが増すごとに信隆は直茂のことも信用しなくなってしまいました。そのうちに九州の猛者・島津家と信隆が戦うことになり、信隆は命を落としてしまいます。直茂はこの戦いに参加していなかったために、命を落とさずに済みました。

島津家ではのちに信隆の首を龍造寺家に返していますが、その時に龍造寺家の中心にいた直茂は「島津に屈するわけにはいかない」という意味で、この首の受け取りを拒否しています。
結局は島津家に従うことになる龍造寺家でしたが、島津家はこの直茂の行動を勝ってそれなりの地位を与えています。

 

スポンサードリンク

 

島津家の家臣で働く一方秀吉にも接近する直茂

さてそんな直茂ですが、島津家の家臣として働く一方で豊臣秀吉にも接近していました。秀吉はのちに九州征伐をしていますが、これを進言していたのは実は直茂です。秀吉が九州を攻めたとき、直茂は真っ先に秀吉の軍に参加しています。

この頭の良さを秀吉に気に入られ、直茂は龍造寺家から与えられた領地とは別に、秀吉からも領地をもらうという格別の待遇を受けました。直茂の主は龍造寺家ですが、事実上の実権は直茂が得ていたと言っていいでしょう。

 

秀吉の次は家康に気に入られた直茂~関ヶ原での寝返り

その秀吉が亡くなったあと、勢力を強めたのが徳川家康でした。この家康に対してもまた、直茂は優秀な頭脳を発揮しています。豊臣家で力を振るっていた石田三成と家康の間で起きた「関ヶ原の戦い」。

この戦いで直茂の息子の勝成は石田三成の西軍に参加する予定でしたが、直茂は「家康の東軍が勝つ」と予想。そこで勝茂を説得し、鍋島家は徳川家康につくことになったのです。これで、鍋島家の領地を守ることに成功しました。

 

それでも、直茂が国主になれなかった理由

ここまでくると、「もう龍造寺家ではなく直茂が国主になるべき」と誰もが考えます。しかし、この時の龍造寺家の当主は龍造寺高房はこれに抵抗。直茂の養女でもあった妻を殺害し、自分も死のうとするという驚きの行動に出ました。

これに対して直茂は「おうらみ状」という書状を送って「言いたいことがあるなら話し合いをすればいい」と言いましたが、結果的に高房は亡くなっていまいました。

主を失った龍造寺家も幕府に「直茂が国主でいい」と言ったのですが、主が自死したことに思うところがあったのか、息子の勝茂が肥前佐賀藩国主となっています。

秀吉は、直茂の頭の良さを高く評価しつつも「天下を取るには知恵も勇気もある、しかし大気が足りない」と評しており、「結果として国主になれなかった直茂に足りないもの」を見抜いていたのかもしれません。

 

スポンサードリンク

 

鍋島直茂の家紋とは?

鍋島家のもともとの家紋は花剣菱

鍋島家では、当初「剣花菱」という家紋を使用していたそうです。この家紋は龍造寺家でも使用していましたので、その関連から鍋島家も使うようになっていたのかもしれません。

家紋

大友家撃破以降は「鍋島花杏葉紋」

しかし、九州の名家であった大友家の軍勢を破った時から、大友家の象徴である「杏葉紋」を使用するようになりました。この家紋を「鍋島花杏葉紋」と呼んでいます。

 

家紋
 

他にも桐紋を使用していたとも伝えられていますが、定かではありません。
ただ、桐紋は秀吉が使用していた家紋で、秀吉は積極的に自分の家紋を家臣に下賜していたことでも知られています。秀吉に気に入られていた直茂ですから、もしかしたらそういうことがあったのかもしれないですね。

 

 

スポンサードリンク

 - 戦国武将の家紋