お役立ち!季節の耳より情報局

暮らしに役立つ様々な情報を厳選してお届けします!

原田左之助の家紋と生涯|新選組十番隊隊長で「靖兵隊」「彰義隊」に加わった剣客

   

原田左之助と言えば、新選組の十番隊組長として有名な隊士です。近藤勇が多摩(今の東京)で道場を開いていたころからの知り合いで、近藤らが「浪士組」の一員となって上京する時も一緒でした。

その後、京都で結成した「新選組」で、彼は十番隊組長として近藤・土方を大いに支えました。しかし、その彼は「新選組」とは関係ないところで命を落としています。

そんな彼の家紋と生涯について解説していきます。

 

スポンサードリンク

 

鳥羽伏見の戦い~新選組離脱へ

「大政奉還」で変わった新選組の運命

「池田屋事変」をはじめとする活躍で、着実に知名度を上げていた「新選組」。しかし、幕府の敵であった長州藩と、幕府の行いをよく思っていなかった薩摩藩が「薩長同盟」を組んだ時から運命が変わってしまいます。

長州と薩摩が「新しい世を作るために幕府を倒そう!」と意気込む中、将軍・徳川慶喜は政治を朝廷に返す「大政奉還」をしました。

 

倒幕の理由がなくなった薩摩・長州藩

これで、政治を運営するのは幕府ではなく朝廷になったため、長州・薩摩は倒幕の理由がなくなります。これは、「争いをせず、あくまで平和的に新しい世の中を目指したい」と考える坂本龍馬のアイディアと言われています(それを幕府に言ったのは土佐の山内氏です)。

 

王政復古の大号令で戦いたい薩摩・長州藩

それでも、「徳川家が大名として残る限り新しい世の到来はない」と考えた長州・薩摩は、徳川慶喜に対し「領地なども朝廷に返せ」と言いました。これが「王政復古の大号令」です。もちろん、これは「幕府側と戦いたい長州・薩摩の作戦」でした。

 

スポンサードリンク

 

鳥羽伏見の戦いを皮切りに始まる戊辰戦争

これに旧幕府・徳川家の幕臣たちは反発。長州・薩摩と旧幕府の間で「鳥羽・伏見の戦い」がはじまります。長く続く戊辰戦争はここからはじまったのです。そして、幕府軍として戦った者の中に新選組がいました。

 

敗走から新選組脱退へ

刀を使って戦おうとする幕府軍に対し、最新の武器で戦う長州・薩摩。これの差が響いて「鳥羽・伏見の戦い」で幕府軍は敗走。新選組は京都を出て、近藤らの故郷である江戸へ向かいました。

 

徳川慶喜による「江戸城無血開城」

しかし、江戸についた新選組を待っていたのは「江戸城無血開城」という事態。徳川慶喜は既に長州・薩摩と戦う意思がなく、むしろいつまでも戦おうとする新選組が邪魔だったのです。

そこで、新選組を追い払うために「甲陽鎮撫隊」という役割を与え、武器を持たせたうえで江戸から追い出しました。「甲陽鎮撫隊」は甲府城を目指す途中で新政府軍と戦い、敗北。そしてここから、原田左之助の運命が変わっていきます。

 

原田左之助と永倉新八は新選組を脱退し「靖兵隊」を組織

この戦いのあと、永倉新八と原田左之助の二人は近藤勇に反発し、新選組を脱退。二人で新しく「靖兵隊」を組織し、新政府軍と戦おうとします。

 

スポンサードリンク

 

すぐに「靖兵隊」を脱退し「彰義隊」に加わる左之助

しかし、なぜか左之助はこの靖兵隊を途中で離脱。永倉たちに散々止められたものの、彼はひとりで江戸に帰り「彰義隊」に加わりました。なぜ、彼は靖兵隊を離れたのでしょうか?

 

愛妻家だった原田左之助

なぜ左之助が1人で靖兵隊を抜けたのか、はっきりしたことは解っていません。しかし、長く彼と親交のあった永倉新八は、京都に残してきた彼の妻は二人目の子供を妊娠中で「妻のことが心配で、京都に戻ろうとしたのでは」と言っていたそうです。

女遊びが激しかった新選組の中で、左之助は妻をとても大切にしていたそうです。京都は既に新政府軍のものになっており、その敵として戦っていた左之助が、妻の身を案じるのは当たり前のことです。

 

「彰義隊」に加わって新政府軍と戦い28歳の若さで死亡

でも、時代はそれを許しませんでした。京都に戻りたくても戻れなかったのか、それとも戦ってから戻ろうと考えていたのか…。彼は江戸で「彰義隊」に加わって新政府軍と戦い、重傷を負ってしまいます。そしてそのまま、28歳の若さで亡くなりました。
永倉新八が明治時代まで生きているところをみると、「もし靖兵隊にそのままいれば」と考えてしまいますね。

 

原田左之助の家紋

 

家紋
 

原田左之助が使用していた家紋は「丸に一つ引き」。彼個人のお墓は残っていらず、彰義隊でなくなった兵士たちのためのお墓が今も残っています。

 

スポンサードリンク

 

 - 幕末・新選組の家紋