お役立ち!季節の耳より情報局

暮らしに役立つ様々な情報を厳選してお届けします!

近藤勇の家紋と生涯|斬首に散った新選組局長

   

近藤勇
 

近藤勇は、幕末の京都で不定浪士の取り締まりを行っていた新選組の局長です。局長として生きた彼の家紋と生涯を解説します。

スポンサードリンク

 

多摩で試衛館を開く

もともとは東京・多摩の生まれで、「試衛館」という道場を開いていました。この試衛館には、後の新選組幹部となる土方歳三・沖田総司・井上源三郎・永倉新八・原田左之助が食客として住んでいます。武士になりたいという夢を持っていた近藤は、徳川家茂の警護をする浪士組の募集を見て参加。土方らと一緒に京都へと向かいます。

 

新選組の結成~斬首まで

上京しても、結局将軍の警護の仕事はなくなってしまったので、浪士組は解散させられてしまいました。それでも「武士になりたい」という夢を捨てられなかった近藤は、徳川幕府の命令で京都の治安を守っていた「京都守護職」の会津藩主・松平容保に嘆願。松平公はこれを受け入れ、近藤らに支柱見回りという役割を与えました。これが「新選組」のはじまりです。

 

新選組立ち上げメンバー新見錦を切腹させ、芹沢を殺害

当初は局長が近藤勇と芹沢鴨の二人、副長にも土方歳三のほかに新見錦がいましたが、近藤は新見錦を切腹させて芹沢を殺害し、新選組の実験を握っています。

 

新選組が最も活躍したのは「池田屋事変」

その新選組が最も活躍したのが、「池田屋事変」です。過激派だった長州藩の志士たちが「京都に火をつけて、京都に天皇をさらう」というとんでもないことを計画していることを知った新選組は、市中探索をして志士たちの会合に乗り込み、切り倒しました。この会合場所が「池田屋」だったために「池田屋事変」と呼ばれています。

この池田屋事変で、近藤は先頭に立って志士たちに立ち向かい、同じ隊の沖田・藤堂が倒れてからも永倉と二人で奮戦。別動隊の土方が到着するまで、その場をしのぎました。

 

スポンサードリンク

 

幕府の敗走~そして斬首で迎えた最期

やがて、長州藩と当時力のあった薩摩藩が手を結び、時代は「倒幕」へと流れ込んでいきます。「鳥羽伏見の戦い」で新政府軍に敗北した幕府軍に伴い、新選組を京都を出ます。それから転戦を続けますが、とうとう「流山」という場所で新政府軍に囲まれてしまいました。

ここでどんなやりとりがあったのかは分かっていませんが、流山で近藤は新政府軍に投降。土方はその間に流山を脱出し、函館まで戦い続けています。

 

新政府軍が近藤を斬首

投降してきた人物が近藤勇であると知った新政府軍は、板橋で近藤を斬首。斬首だったのは、切腹というのは武士だけができるものだったからです。新政府軍は、近藤に武士として死ぬことを許しませんでした。享年35歳。

 

近藤勇の家紋は「丸に三つ引き両紋」

近藤勇の家紋は、「丸に三つ引き両紋」。新選組局長なだけに、この家紋はとても有名です。

 

家紋
 

引き両紋には、この線の数が違ったり円の部分がないものなどたくさんの種類があり、どれもシンプルなデザイン。しかし、時の支配者だった足利尊氏が使用したことで一気に有名になりました。

 

スポンサードリンク

 

 - 幕末・新選組の家紋