お役立ち!季節の耳より情報局

暮らしに役立つ様々な情報を厳選してお届けします!

初代「新選組」の局長・芹沢鴨の家紋と生涯

   

「芹沢鴨」の画像検索結果
 

京都の治安を守るために、市中見回りや取り締まりを実施していた「新選組」。その新選組の局長と言えば近藤勇が有名なのですが、実は新選組結成初期にはもう一人の局長がいました。それが「芹沢鴨」の存在です。

以前は悪役としてえがかれることが多かった新選組ですが、司馬遼太郎の「燃えよ剣」により土方歳三の人気が高まり、それからは正義として描かれることも多くなりました。
でも、この芹沢鴨は相変わらず悪役…。どんな人だったのか家紋と一緒にをまとめてみました。

 

スポンサードリンク

 

新選組結成からわずか半年で惨殺された局長・芹沢

新選組局長・近藤勇や土方歳三は、「徳川家茂将軍の警護」をする浪士組の一員として江戸から京都へ上京しています。実はこの浪士組の中に、水戸藩出身の芹沢鴨もいました。

京都についたのち、いろいろあって結局浪士組の話しはなくなり解散になるのですが、「武士になりたい」という願いを持っていた近藤ら一同は京都に残りたいと考えます。そして、一緒に残ったのが芹沢鴨とその仲間たちでした。

 

新選組の前身「京都の市中見回り」に

近藤と芹沢は、当時の京都の治安維持を任されていた会津藩・松平容保に手紙を送ります。「将軍が京都にいるうちだけでもいいから、ここでできることをやらせてください」という内容でした。
そこで松平公は、近藤と芹沢達に「京都の市中見回り」の仕事を与えました。これが新選組の前身です。

 

スポンサードリンク

 

問題が多すぎた芹沢鴨

こうして京都に残ることになった一同は、近藤と土方のダブル局長をたて、副長に近藤側の土方歳三、芹沢側の新見錦を配置し、ともに京都の治安維持を行います。でも、この芹沢鴨と一行はとにかく問題行動が多く、近藤たちは手を焼いていたようです。

新選組を運営するための資金を無理矢理商家に出させて町の反発を買ったり、勝手に妾を作ったり…。極めつけは、お金を出し渋った商屋に対して大砲を打ったこと。この大砲は治安維持のために借りてきたものなのですが、それを使って商人を攻撃したのでは治安維持の意味がありません。

 

暗殺される芹沢鴨(享年37)

あまりの横暴ぶりに近藤・土方たちの怒りも頂点となり、松平公了承のもと芹沢鴨を暗殺することになりました。

暗殺は土方、山南、沖田、原田が芹沢の寝室に忍び込み、襲い掛かるという形で行われました。芹沢は脇差を使って応戦しましたが、ほどなくして死亡。この時に、芹沢の部下だった平山も殺され、もう一人の部下・平間は行方をくらませています。享年37。
新選組発足からわずか半年の出来事でした。

 

芹沢鴨の家紋は「揚羽蝶」

芹沢が使用していた家紋は「揚羽蝶」。この家紋は、芹沢の実家である常陸国(今の茨県)の実家に残されています。

 

家紋
 

この家紋は、あの伊達政宗も使用していますね。
芹沢鴨は豪胆な人物として伝わっていますが、その彼が使っていたとは思えないほど可愛らしい家紋です。

 

スポンサードリンク

 

 - 幕末・新選組の家紋