お役立ち!季節の耳より情報局

暮らしに役立つ様々な情報を厳選してお届けします!

朽木元網の家紋と生涯|関ケ原で脇坂安治・小早川秀秋と共に西軍を裏切った戦国武将

   

朽木元網
 

「関ヶ原の戦い」で石田三成を裏切った武将と言えば、小早川秀秋。
小早川秀秋の存在は、戦国時代から長い時間が経過しても「裏切り者」の代名詞として使用されるほど。しかし、三成を裏切って東軍についたのは小早川秀秋だけではありませんでした。朽木元網もそのひとりです。そんな彼の家紋とこれまでについてまとめました。

 

スポンサードリンク

 

朽木元網ってどんな人?

朽木元網は、もともとは織田信長の家臣だった人物です。その信長が「本能寺の変」で討死すると、元網は羽柴秀吉(のちの豊臣秀吉)の家臣として働くようになります。秀吉はこの元網をとても気に入っており、のちに自分の名字を使用させているほどです。

 

石田三成とは気が合わなかった元網

そのくらい秀吉に尽くしていた元網ですが、秀吉の死後に豊臣家で存在感が強まった石田三成とは気が合わなかったようです。三成は豊臣家の忠臣・加藤清正や福島正則からも嫌われており、元網としても許しがたいところがあったのでしょう。やがて、その三成と徳川家康の間で「関ヶ原の戦い」が勃発します。


「関ヶ原の戦い」への考え方の違い

「関ヶ原の戦い」が「天下分け目」と言われるようになったのは、あくまで後世の話し。始まる前までは、あくまで「豊臣家の中での権力争い」という扱いでした。なので、秀吉の子・豊臣秀頼を推す武将たちも「石田三成が嫌い」という理由で家康の味方についています。

 

スポンサードリンク

 

西軍への参加を表明するも脇坂安治の寝返り案に同調

元網も、当初は石田三成率いる西軍への参加を表明していたものの、脇坂安治という武将の「途中で東軍に寝返る」という案に同意し、「西軍に所属しながら、東軍に内通する」という立場をとりました。

 

小早川秀秋と共に西軍の大谷吉継を攻撃

そして実際に戦が始まると、途中で近隣にいた大谷吉継(西軍)の隊へと攻撃を開始しました。三成の腹心であった大谷は、実は小早川秀秋が裏切るところまでは予想していたそうです。でも、朽木らが裏切るところまでは想定しておらず、軍は壊滅的なダメージを受けてしまいます。これがきっかけとなり、西軍は敗北してしまいました。

あらかじめ東軍に内通していたものの、それは家康には伝わっていなかったようで、戦のあとに朽木家は領地を減らされてしまいました。しかし、それも後に返還されています。

 

朽木元網の家紋は「隅立つ四ツ目結紋」。

家紋
朽木元網が使用していた家紋は、「隅立つ四ツ目結紋」です。

この家紋は、着物を染める方法で有名な「鹿子絞り」から生まれました。「鹿子絞り」から生まれた独特の染め方を「結目」と呼んでおり、それを家紋にしたものがこちらです。

 

スポンサードリンク

 - 戦国武将の家紋