お役立ち!季節の耳より情報局

暮らしに役立つ様々な情報を厳選してお届けします!

坂本龍馬の桔梗紋 – 幕末の志士で薩長同盟を結んだ国民的ヒーロー –

   

ryoma
 

幕末に活躍した志士たちの中でも、とりわけ人気も知名度も高いのが坂本龍馬。龍馬は土佐(高知県)に生まれた人物で、33歳で亡くなるまでに数多くの功績を遺しています。

龍馬の名前は有名でも、「何をやったのか」についてはあまり知らない人もいるようなので、彼の家紋とその人生について解説をしてみたいと思います。

スポンサードリンク

 

仲の悪い薩摩と長州が手を組んだ「薩長同盟」

ryoma3
 

江戸時代後期、日本の政治を行っていたのは徳川幕府です。ですが、黒船来航で日本が混乱したこともあり、幕府の力は日に日に弱まっている状態でした。

この中で、「倒幕」を掲げて過激な活動をしていたのが長州藩(今の山口県)です。長州藩は天皇を支持するあまり過激な行動をあちこちで起こしており、その天皇からも「武器を買ってはいけない」と言われていたほどでした。

 

長州藩を何とかつぶしたい幕府軍

もちろん、幕府としては長州藩をつぶしたい。そこで幕府は、長州藩と長く対立していた薩摩藩(今の鹿児島県)に「長州を倒せ」と命じました。これで困ったのが薩摩藩です。

薩摩藩はイギリスや琉球(沖縄)と貿易をしていたため、豊富な資金を持っていました。

幕府側はこれ以上薩摩藩が力をつけることを警戒しており、「長州と戦をさせて薩摩藩を弱体化させたい」という狙いもあったのです。戦をすれば、お金も人材も減りますからね。

ここで長州と倒したとしても、藩が弱体化したところを幕府に攻められれば確実に負けます。

そして何より、薩摩藩も幕府側に不満がないわけではありませんでした。外国からたびたびもたらされる脅威に、凛とした決断ができない幕府にいら立ちを感じていたのです。

 

薩長同盟の締結に動き出す龍馬

ryoma

 

そこで、動いたのが坂本龍馬です。龍馬は、薩摩藩・長州藩の両者に「薩摩で武器を購入し、長州に流せばいい」という提案をしました。

もちろん、提案をしたからすぐに締結したわけではありませんし、一度は両者の会談そのものが流れてしまっています。そのくらい、薩摩と長州が手を結ぶというのは現実的な話ではありませんでした。

しかし、幕府への不満があること、お互いに追い込まれた立場であることは疑いようもなく、坂本龍馬の仲介でもう一度行われた会合にて「薩長同盟」を締結しました。

この同盟が、後の明治維新へとつながります。この薩長同盟こそが、坂本龍馬が行った最大の功績と言われています。

 

スポンサードリンク

 

幕府が政治を朝廷に返した「大政奉還」

幕府を倒して、新しい世の中をつくりたい。薩摩と長州が共通して抱えていた思いはこれです。倒幕にむけて、大きな戦いがはじまろうとしていました。
もちろんこの流れは幕府も承知しており、「どうにかして大きな戦いを避けたい」という思いを持っていました。

 

徳川慶喜「将軍職」を返上

そこで、坂本龍馬は土佐藩の後藤象二郎に「幕府が将軍という職を朝廷に返せばいい」と進言します。

倒幕の理由は「幕府に政治を辞めてほしい」という理由なので、政治さえしなければ大きな戦いは回避できるだろう、という理屈です。

これに賛同した後藤は、当時の将軍・徳川慶喜に伝え、慶喜はこれを吞み将軍職を返上。ここで、日本の政治を取り仕切ってきた徳川幕府は、実質消滅することになります。

 

 

明治政府の方針「船中八策」を考えた龍馬

ryoma4
日に日に幕府の力が弱まっていく中で、同時に新しい時代の足音が聞こえ始めていました。龍馬はその足音を聞きながら、船の中で8つの政治方針を考えました。

これは「船中八策」と呼ばれるもので、のちの明治政府の基本方針にもなりました。

 

スポンサードリンク

 

「船中八策」について


1.大政奉還
2.上下両院の設置による議会政治
3.有能な人材の政治への登用
4.不平等条約の改定
5.憲法制定
6.海軍力の増強
7.御親兵の設置
8.金銀の交換レートの変更

 

この様に、坂本龍馬は「明治維新」の魁となる功績を挙げている非常に優れた人物です。常に先を読み、新しい時代を作るために積極的な行動をしてきた坂本龍馬だからこそ、今の時代でも人気なのでしょう。

 

坂本龍馬の家紋は「桔梗紋」

その坂本龍馬の家紋は「桔梗紋」。龍馬人気から、この家紋は非常に有名です。

 

桔梗紋
 

しかし、戦国時代に同じ桔梗紋を使っていた明智光秀が「裏切り者」と呼ばれていたことなどから、桔梗紋は「あまり縁起が良くない」と言われていたこともあったそうです。

光秀は織田信長を討ってすぐに豊臣秀吉に滅ぼされていますし、龍馬も33歳という若さで暗殺されてしまいますので、桔梗紋が悲劇の家紋のように語られるのは解らなくもありません。

ただ、桔梗紋自体は「戦勝を重ねることができ、魔よけの意味がある」という非常に縁起のいい家紋です。使っていた人が悲劇的な亡くなり方をすると、どうしても本来の意味からかけ離れた考え方をされてしまうのでしょう。

ryoma2
 

スポンサードリンク

 - 幕末・新選組の家紋