お役立ち!季節の耳より情報局

暮らしに役立つ様々な情報を厳選してお届けします!

信玄の弟・武田信繁の家紋はやはり「武田菱」川中島で戦死した戦国武将

   

takedanobushige
 

 

takedahishi武田菱

武田信繁

武田信繁は、武田信玄の弟にあたる人物。
進言があまりに有名すぎるため、信繁のことはあまり触れられることはないのですが、この信繁が生まれたために信玄はとある人物と揉めることになるのです…。
早くに亡くなってしまった信繁ですが、信玄と同じくらい能力が高かったと言われる名将で、彼のことを知らないのは本当にもったいないです。
甲斐の国に生まれたもう一人の名将・武田信繁についてまとめました。

 

父親は信繁推し!そのせいで信玄と父が対立

信玄のお父さんは、武田信虎という人物で、やはりかなりの名将でした。
その信虎の嫡男(跡取り)として生まれたのが「信玄」。
※正確に言うと、「信玄」という名前ではなく「晴信」なのですが、ここでは「信玄」で通します。

その信玄の下に生まれた弟が、信繁でした。
ここで、どうしてか信虎は「嫡男の信玄ではなく、弟の信繁に家督を継がせたい」と考え、あからさまに信繁の方を可愛がるようになります。
父と息子のまさかの対立。成長した信玄は、やがて信虎を駿河に追い出して自分が武田家を継ぎます。
武田家と言ったら武田信玄ですが、信玄が家督を継ぐまでには相当の苦労があったのです。

となると、気になるのは震源と弟・信繁の関係。
父がいなくなったあと、信繁のことも追い出すかどうするか…と思われましたが、信玄は信繁のことは傍において片腕として重用しています。
この時代、父が可愛がっていた兄弟は殺されてもおかしくないのですが、父から贔屓されていても信繁は兄を良く慕っていましたし、信玄の方も信繁のことは可愛かったようです。
こうして、信玄を当主として信繁は武田家を良く支えました。

 

兄・信玄に負けない名将・武田信繁

父が「跡取りに」と見込んだだけあって、武田信繁は兄・信玄に劣らない名将でした。
武田家には「武田24将」という評価の高い武将がいましたが、この中にも信繁が入っています。
※もう一人の弟・武田信廉(のぶかど)や、山本勘助なども名を連ねています。
信玄の代わりに名代として戦に出ることも多く、もちろん武勲もあげており、「さすが信玄の弟」と言われたほど。

さて、ここで何かに気づきませんか?
「武田信繁」という名前の「信繁」を見て「おや?」と思った人も多いはず。
そう!この「信繁」という名前は、あの真田幸村の本名・信繁と同じなのです。
真田幸村と言えば、大河ドラマ「真田丸」の主人公になった武将で有名ですよね。

あの大河ドラマを見ていた人なら知っているはずですが、真田幸村の家・真田家は武田家の家臣でした。その真田家の名将として名高い真田昌幸は、武田信繁のことを非常に慕っており、生まれた次男に同じ「信繁」の名前を付けたのです。これがのちの真田幸村になるのです。
真田昌幸は、あの徳川家康を二度も退けた名将中の名将。その昌幸が尊敬していたということが、信繁が実力者であった証です。

 

川中島の戦いにて、若くして死去~しかし今でも語り継がれる信繁の強さ

そんな信繁ですが、武田信玄・上杉謙信の間で起きた「川中島の戦い」にて命を落とします。
「川中島の戦い」は6度行われいますが、信繁が死んだのは一番激しい戦いだった4度目。一般的に「川中島の戦い」と言えばこの4回目のことをさすようです。

戦で死んだ信繁の首は、一度は敵の上杉家にとられてしまいますが、武田家の家臣が必死になって取り戻しました。ここからも、信繁がいかに慕われていた武将なのかが解ります。
戻ってきた信繁の亡骸を、信玄は泣きながら抱きしめて悲しみ、敵将の謙信でさその死を惜しんだと言われています。享年36歳。戦国時代とはいえ、早すぎる死でした。

ここで、少し余談を。
武田家は信玄の嫡男・勝頼の代で滅亡してしまったこともあり、「川中島の戦い」から60年が経過したときは、信繁の墓も荒れ果てた状態だったそうです。
しかし、「海津城(かいづじょう・今の松代城」の城主となった真田信之が整備し、そこにあった寺を典厩寺(てんきゅうじ)」として改装。信繁の魂を大切に弔いました。
この真田信之、前述した真田昌幸の嫡男で、真田幸村のお兄さん。
昌幸と幸村は家康との戦いに敗れて亡くなりますが、同じ真田家でありながら家康側にいた信之は生きのび、信繁を弔ったのです。
かつての主であり、名将として知られ、父が慕っていた信繁のことを信之もまた気にかけていたのでしょう。
弟と同じ名前であることにも、思うことが合ったのかもしれません。武田家と真田家のつながりが見えるエピソードです。

 

信繁が遺した家訓が素晴らしい

信繁は、跡取り息子の信豊に99にも及ぶ家訓を作りました。
これは「武士の心得」として大変に評価が高く、後世まで語り継がれています。
後に幕府をひらく徳川家康は、武田家の軍の采配をかなり参考にしていたと言われ、そのことも武田家の名将・信繁の名を知らしめることになりました。
兄・信玄が有名すぎるため、あまり語られることのない信繁ですが、もっと有名でもおかしくない武将です。

 

武田信繁の家紋は「武田菱」

武田信繁の家紋は、兄・信玄と同じ「武田菱」です。
父・信虎の贔屓のせいでわかれてもおかしくなかった兄弟が、二人で同じ家紋をつけて戦ったことは、武田家のひとつのロマンと言っていいのではないでしょうか。

 - 戦国武将の家紋