お役立ち!季節の耳より情報局

暮らしに役立つ様々な情報を厳選してお届けします!

服部半蔵の家紋「八桁車の内堅矢」を解説|伊賀忍者を率いて秀吉を支えた戦国武将

   

服部半蔵の家紋を解説 genjiya

八桁車の内堅矢

服部半蔵

服部半蔵と言えば、「戦国時代に「伊賀」という忍者たちが住む国のリーダー」で有名です。
「忍者ハットリくん」という漫画・アニメまでできたくらいですから、なおさらその印象は強いですよね。
でも、実はこれは大きな間違い!
何かと誤解されがちな「服部半蔵」について解説してみました。
あなたのイメージの中の服部半蔵と、よく比較してみてください。

 

「服部半蔵」という名前は世襲制です

まず、「服部半蔵」という名前は世襲制です。
世襲制というのは、誰が当主になってもその名前を名乗ること。
歌舞伎を例にすると解りやすいかもしれません。
歌舞伎界の大スター・市川團十郎は、歌舞伎の名門・市川流が代々受け継いでいく名称のことで、今後は市川海老蔵さんが襲名し「市川團十郎」を名乗ることが決まっています。

これと同じで、「服部半蔵」も服部半蔵の一門の中から世襲制で受け継いでいった名前になのです。
つまり、服部半蔵は1人ではありません。
一般的に、私たちが知っている服部半蔵は「徳川家に仕えた二代目の服部正成」のことを指しています。

ところが!
実は、徳川家に仕えていた服部正成は、忍者ではありませんでした。
忍者だったのは、将軍・足利義春に仕えていた初代のことで、二代目の正成の代になってからは「忍者」ではなく「武士」として徳川家に仕えていました。
私たちが知っている服部半蔵は、初代と二代目がごちゃごちゃになっている状態だと思ってください。

整理すると
初代→将軍・足利義晴に仕えていた忍者(のちに家康が生まれた松平家に仕えるようになる)
二代目→徳川家康に仕えていた武将
ということになります。
ただ、二代目の正成は自らは忍者ではなかったものの、伊賀の忍者をまとめる役割を果たしていたようで、「忍者とまったく無縁の生活をしていた」ということではないようです。
ともあれ、一般的に知られる「服部半蔵」というイメージとは大きく違うのは確かです。

 

徳川家康の忠臣だった服部半蔵

ここからは、二代目の正成のことを紹介していきます。
初代の服部半蔵は、将軍・足利義晴・家康の祖父に当たる松平清康に仕えていました。
この半蔵が亡くなると、息子が二代目・服部半蔵となり徳川家康に仕えるようになりました。
※ややこしいので、ここからは二代目を「正成」で統一して記述します。

この正成ですが、徳川家康にしっかりと仕えている忠臣中の忠臣。
「姉川の戦い」「三方ヶ原の戦い」などで戦ったばかりか、織田信長亡き後に豊臣秀吉と徳川家康の間で勃発した「小牧・長久手の戦い」でも活躍しています。
また、秀吉の「小田原征伐」でも戦っていますので、戦国時代の武将としてかなりの実績を残しています。

ところが、55歳で正成は他界。
三代目の服部半蔵は、息子の服部正就が継ぎました。

今でも「忍者だった」というイメージが強く、家康の家臣で武将だったことはあまり語られませんが、半蔵が家康の忠臣であったことは、今も「半蔵門」という形で残っています。
半蔵門は、かつて服部半蔵が住んでいた屋敷の前にある門で、家康がいた江戸城の門でもありました。この門に「半蔵」という名前が付けられたのは、「なにかあったら半蔵が城を護る」という意味を込めたためです。

残念ながら、服部半蔵の家は三代目の正就の代から傾き始め、四代目で領地没収となってしまっています。
しかし、二代目・服部半蔵がいかに徳川家を大切にしていたのかは、この「半蔵門」という名前から伺うことができるのです。

 

服部半蔵の家紋とは

服部半蔵の家紋は「源氏輪に並び矢」です。
「矢」は武家の武器でもあること、その形が美しいことから、多くの家紋に描かれて現代に受け継がれています。

忍者というイメージが強い服部半蔵の家紋が、武将たちが使用した「弓矢」であるということが、半蔵の正しいイメージを伝えるかのようです。

 - 未分類