お役立ち!季節の耳より情報局

暮らしに役立つ様々な情報を厳選してお届けします!

苗字が石田の家紋って何?石田三成に代表される由来を画像付きで解説!

   

石田の名字で有名な方といえば、石田純一さんですよね。俳優さんとしてはもちろんのこと、バラエティに出演されたり、コメンテーターとしても活躍されていますよね。また、歴史上の人物でいうと、戦国武将の石田三成も有名ですよね。

この石田姓ですが、一体いつ、どのようにして生まれたのでしょうか。

石田純一
この記事では、名字が石田という方向けに
・石田さんの名字の由来について
・代表的な石田姓の由来
・全国の石田さん分布ランキング
・石田三成について
・代表的な石田姓の家紋
の5つについて紹介いたします。

 

スポンサードリンク


石田さんの名字の由来について

石田という名字は、「石のように硬い田」、つまり石のように硬い場所から生まれた地形姓で、全国各地に存在しています。

 

代表的な石田姓の由来

石田姓は、伊勢神宮を創設した垂任天皇の後裔が、現在の京都府南部にあたる山城国久世郡石田庄に住み、「石田」の姓を名乗ったのが始まりといわれています。つまり、石田姓の祖先は、伊勢神宮の創始者にあたるのです。

 

スポンサードリンク


全国の石田さん分布ランキング

地形姓である石田の名字は、全国各地に存在しています。

1位 島根県
2位 山口県
3位 鳥取県
4位 新潟県
5位 京都府

石田三成について

戦国武将として有名な石田三成は、現在の滋賀県長浜市にあたる近江国坂田郡石田村出身といわれていますが、出自は不明といわれています。三成は豊臣秀吉の家臣で、ご奉行の一人でした。

 

豊臣政権の官僚派の筆頭だった三成は、徳川家康や武断派と対立していました。そして豊臣秀吉の死後は、家康打倒のために決起し、毛利輝元を盟主にして諸大名と西軍を組織したのです。ですが、関ヶ原の戦いにおいて敗れてしまい、京都六条河原で処刑されてしまいました。

 

代表的な石田姓の家紋

代表的な石田姓の家紋を3つ紹介します。

三つ橘

三つの橘を組み合わせた三つ橘紋は、石田氏が使用していた家紋の一つです。奈良時代に元明天皇が好まれたことから家紋に使われただと考えられています。

三つ橘
 

丸に梅鉢

丸に梅鉢紋は、石田氏が使用していた家紋の一つです。梅は、気品ある色と香りが気に入られ、そして菅原道真が梅を愛したことから、天満宮の紋章として使用されていました。また、鎌倉時代頃より武家においても使用され始めるようになり、徳川時代には旗本でこの紋がよく使われるようになったといわれています。

丸に梅鉢
 

丸に三つ引き

丸に三つ引き紋は、石田氏が使用していた家紋の一つです。他にも、新選組の近藤勇が使用していた紋も同じ丸に三つ引き紋だったとされています。

丸に三つ引き
 

まとめ

地形姓である石田氏ですが、祖先は伊勢神宮の創始者というのは驚きでしたね。また、石のように硬い場所から出てきた名字というのもなかなか興味深いですよね。石田三成の生まれた場所も、もしかしたらそういう地形の場所だったのかもしれませんね。

 

スポンサードリンク

 - 家紋100位