小川家の家紋を知ろう!3つの有名な一族の家紋を画像付きで紹介

右三つ巴

小川さんといえば、タレントの小川菜摘さんはご存じでしょうか。あのダウンタウン浜田さんの奥様でもいらっしゃいます。
また、プロレスラーの小川直也さんもいらっしゃいますね。分野は違えど同じ小川姓です。

そんな小川姓について、小川の名字の由来、全国の小川さんの分布ランキング、小川さんが使う家紋を紹介します。

スポンサードリンク

 

小川はその名の通り「小さな川」

そのまんまの地名由来で、「小さな小川」を意味しています。そのため、よく聴くような名字だと思うのは、全国にそのような場所があるからだと考えられています。

 

3つの小川氏の起源

小川姓には大きく3つに分かれる有名な一族がいます。それぞれ紹介していきます。

 

小川
 

常陸国茨木郡小川郷の小川氏

常陸国茨城郡小川郷の小川氏は、現在の茨城県久慈郡大子町にある佐竹氏族だそうです。
この小川氏は、郡書類従系図部集、寛政重終諸家譜や、茨城県内所在の正宗寺、佐竹寺所伝の佐竹氏系図と新編常陸国誌等がいずれも佐竹義胤の子の義綱(二男、三男、
五男と各説あります。又宗義・義継と記すものもあります。)の代で小川姓を名乗るようになったのが始まりとされています。

武蔵国多摩群小河郷の小川氏

武蔵国多摩群小河郷を由来としている小川氏は武蔵七党と呼ばれる、西党の一族です。この小川氏は、天皇家に収める馬を育てたことで有名です。また一族の一部は、承久の乱の功で薩摩国甑島の地頭になって移り住んだとのことです。

 

上野国利根群小川の小川氏

上野国利根郡小川(群馬県 利根郡みなかみ町小川)の沼田氏族です。沼田は上野国北部の利根郡の利根荘の南端にありまして、景泰以後嫡流の沼田氏を中心にして下沼田・発知・小川・名胡桃などの庶家を分出しているとされています。

 

小川の分布ランキング

小川姓も全国各地にありますが、南関東や山陰に目立って多いそうです。その地名ならではですね。

 

1位  千葉県
2位  長崎県
3位  岐阜県
4位  千葉県
5位  新潟県

 

小川さんの家紋について

各地に多くいる小川氏ですので、家紋も多種多様にあります。

 

藤原北家秀郷流の結城氏族の小川氏の家紋「右三つ巴」

藤原北家秀郷流の結城氏族の小川氏は「右三つ巴」を使用しています。
こちらの家紋の由来も諸説あり、弓手の鞆の形であったり、渦巻や蛇の形などが由来ともいわれています。

右三つ巴

張氏源氏流小川氏の家紋「十六葉裏菊」

尾張氏源氏流小川氏は「十六葉裏菊」を使用しています。

十六葉裏菊その他の家紋「小の字菱」

面白い家紋には、「小の字菱」と呼ばれる、縁起を担いだ家紋もあります。

小の字菱

まとめ

日本史を彩る小川姓ですね。家紋もそれぞれ違うとはいえ個性がでていて独特の家紋のように思います。

小川のルーツもまた色々とあり、小川姓だとすると、ルーツや家紋を調べるのも面白いと思います。

他にもあるぞ!超人気家紋コンテンツ
「苗字から家紋」の画像検索結果 「10大家紋」の画像検索結果
「戦国武将家紋まとめ」の画像検索結果 関連画像