お役立ち!季節の耳より情報局

暮らしに役立つ様々な情報を厳選してお届けします!

宮本家の家紋の由来をチェック!家系のルーツを辿れば家紋も分かる!?

   

宮本の名字で有名な方といえば、江戸時代初期の剣術家である宮本武蔵ではないでしょうか。佐々木小次郎との巌流島の戦いは後世に語り継がれ、演劇や小説、ゲームなど様々な作品の題材になっていますよね。
さてこの宮本姓ですが、一体いつ、どのようにして生まれたのでしょうか。

宮本武蔵
この記事では、名字が宮本という方向けに
・宮本さんの名字の由来について
・代表的な宮本姓の由来
・宮本武蔵について
・全国の宮本さん分布ランキング
・代表的な宮本姓の家紋
の5つについて紹介いたします。

スポンサードリンク


宮本さんの名字の由来について

宮本という名字は、神社のたもと」を表す地名に由来する、地名姓です。

 

代表的な宮本姓の由来

宮本氏の中でも代表的だったのが、小倉藩の宮本氏といわれています。

小倉藩の宮本氏

江戸時代、現在の福岡県北九州市にあたる小倉藩の家老を務めていた宮本氏ですが、実は剣豪として有名な宮本武蔵の一族であるとされています。小倉藩から仕官の要請を受けた武蔵は、自分の代わりに兄田原久光の子で養子としていた伊織を仕官させました。すると、伊織は後に家老になり、その子孫は代々家老職を務めることとなったのです。

 

宮本武蔵について

宮本武蔵は、江戸時代初期に活躍した剣術家でもあり、また兵法家でもあり、二刀を用いる二天一流兵法の開祖でもあります。さらに、宮本武蔵は「五輪書」という自分の兵法の極意を書いた書物も残しています。
巌流島の戦いの印象が強く、剣士としてのイメージも強い武蔵ですが、佐々木小次郎との決闘に遅刻をすることで、相手の冷静さ、集中力を奪い、一気に討ち取るなど、策士の部分も垣間見れます。剣術家の面がクローズアップされやすい武蔵ですが、武蔵自身「兵法家」と名乗っていたように、剣士というよりは、兵法家だったと考えられています。

 

スポンサードリンク


全国の宮本さん分布ランキング

地名姓である宮本の名字は、全国各地に存在しています。

1位 和歌山県
2位 熊本県
3位 徳島県
4位 石川県
5位 茨城県

代表的な宮本姓の家紋

それではここで、代表的な宮本姓の家紋を紹介します。

九曜巴

九曜巴紋は、宮本武蔵が使用していた家紋です。月星紋である九曜紋と巴紋を組み合わせたものとされています。

九曜巴
 

まとめ

宮本姓は、神社のたもとを表す地名に由来する、地名姓だということがわかりました。また、有名な宮本武蔵は、小倉藩の家老を務めていた一族と関係があったのですね。しかし、宮本武蔵は剣豪のイメージがありましたが、調べていくうちに兵法家というのが相応しいなと、認識を改めさせられました。クローズアップされることと、実際とは違うことが案外あるのかもしれませんね。

スポンサードリンク

 - 家紋100位