お役立ち!季節の耳より情報局

暮らしに役立つ様々な情報を厳選してお届けします!

井上の家紋の由来・意味を画像で説明!丸に雁金は清和源氏の祖である源頼末

   

井上という名字で身近に感じる芸能人では、女優の井上真央や音楽分野で異彩を放つ井上陽水などがあげられます。
スポーツ界では柔道の井上康生さんもいます。今では日本柔道の監督として才能、人望に厚い方としての印象が強いです。

井上姓も日本では有名な名字になります。そんな名字、井上さんの家紋の由来などを紹介していきたいと思います。

井戸
 

スポンサードリンク

 

井上の苗字の由来は「地名由来」「地形由来」

井上の由来は大きく分けて二つの由来となっており、「地方由来」と「地形由来」があるとされています。

 

地名由来の井上

地名由来では、井戸の「井」だけの意味にとどまらず、広い意味での水源の上流または井戸からみて上の方を指しています。
発祥は、信濃国高井群井上で現在の長野県須坂市とされている一族で、平安時代に清和源氏・源頼季の子孫が移り住んだことからとされています。

 

地形由来の井上

井上の「井」は井戸や湧水地の事を指し、井戸の近くに住んだ人などからとも言われています。
集落の中心には井戸があり、そのような集落などを市井といわれていました。井上は「いのへ」で、井戸周辺を意味しています。

 

日本全国井上さん分布ランキング

井上姓も全国に広がっています。面白いのが、東北地方には少ないということです。

 

1位  福岡県
2位  佐賀県
3位  兵庫県
4位  愛媛県
5位  京都府

 

井上の家紋である丸に二つ雁金

では、井上さんの家紋を見ていきましょう。代表的な井上姓で地名由来の井上姓の発祥とされる、信濃国高井郡井上の井上氏をチェックしていきます。

信濃国高井郡井上の井上氏の家紋は、丸に二つ雁金で、美しい姿で飛ぶ渡り鳥「がん」です。
良い知らせを運ぶ・先祖との分を運ぶなど縁起の良い鳥とも考えられていました。

丸に二つ雁金

丸に二つ雁金

 

スポンサードリンク

 

井上正継は桐紋・巴紋も使用

次にみていきたい井上姓は江戸時代前期、慶長19年将軍田奥川秀忠につかえ、大阪の大筒で戦功をあげたとされる井上正継です。彼の家紋は2種類あり、桐紋、巴紋を使用していました。

桐紋は豊臣秀吉が使っていたことでも馴染みがあり、今でも日本の皇室では菊の紋章と並んで桐紋が副紋として使用されています。

豊臣秀吉の五七桐紋

五七の桐

 

巴紋は多種多様に渡りはっきりしていませんが、左三つ巴が代表としてあります。巴はもともと腕を保護する武装の意味からきています。

巴紋

左三つ巴

 

まとめ

井上という姓は、偉人を生んできた姓とも思われます。
幕末に活躍した井上馨など、歴史に名を刻む姓が目立つように感じます。
由来が違うせいか、家紋も他には、「井」の文字を使用している「井桁」などもよくみかけます。
消えた地名などもあるため、由来はさらにあるかもしれないとされています。

 - 家紋, 家紋100位