お役立ち!季節の耳より情報局

暮らしに役立つ様々な情報を厳選してお届けします!

石川の家紋って何?蘇我氏にルーツを持つ苗字と丸に笹竜胆の由来・意味を画像で説明!

   

石川五右衛門
石川姓といえば、プロゴルファーの石川遼さんや、女優の石川佳純さん、また、あの天下の大泥棒石川五右衛門までと、どう繋がりがあるのか気になります。

それだけ様々な分野で名をとどろかせていますね。また石川県という県がありますが、もしかして地名由来の名字なのでしょうか。その石川姓についての由来や家紋について紹介していきます。

スポンサードリンク

 

石川の苗字の由来について

石川姓の由来は、地形姓であるようです。河原や川そのものを意味し、そこには大小さまざまな石がある事からだそうです。このような地形は全国各地に見受けられますね。石川姓が多いのも頷けます。

また、加賀国石川郡、河内国石川郡など、地名も多いです。そのため地名由来の石川姓もあります。また、日本最古の氏として、奈良時代からあるといわれています。

 

河原

日本全国石川さん分布ランキング

気になる石川さん分布ランキングですが、地形由来と地名由来があるため、地名の石川県はランクインされているのかと思いますが、全国各地に由来があるためか、一位は栃木県となっています。
関東から東日本に多いです。

 
1位  栃木県
2位  愛媛県
3位  愛知県
4位  静岡県
5位  秋田県
 

豪族蘇我氏にルーツがある

なぜ石川氏が豪族蘇我氏にルーツをもつのでしょうか。蘇我氏宗本家は乙巳の変で、中大兄皇子らに滅ぼされたといいます。

しかし、実は生き延びた人々が石川に姓を変えて生き延びていったとされています。石川姓には、蘇我氏からとは、歴史に名を刻むルーツだったのですね。

 

石川の家紋である「丸に笹竜胆」

晩秋に紫の花を咲かせる野草の笹竜胆。その美しい姿は古来の日本から愛され続けてきました。平安時代には紋様として装飾品などで使用されていた代々伝わる紋様だそうです。

源氏とゆかりの深い武士がよく用いていたそうで、鎌倉市では竜胆を用いた市章を使用しています。清和源氏系や桓武平市系の石川は、竜胆紋を用いている事が多いそうです。

丸に笹竜胆「丸に笹竜胆」

 

まとめ

石川姓に蘇我氏がいるとは意外なルーツがありましたね。家の家紋次第では、その末裔の可能性もありますね。

全国に名があるといはいえ、個性も光る名字で、さらなる活躍が期待しています。

 - 家紋100位