お役立ち!季節の耳より情報局

暮らしに役立つ様々な情報を厳選してお届けします!

高木姓の家紋ってどんなの?高木氏のルーツを辿ると家紋が分かる!?

   

高木の名字で有名な方といえば、女優の高木美保さんが思い浮かびます。高木さんは、女優以外にもコメンテーターとしてご活躍されていますよね。また、田舎暮らしもされており、農作物をつくられている姿もテレビで目にする機会があります。まさに、多方面で活躍されているといっても過言ではないでしょう。
さてこの高木姓ですが、一体いつ、どのようにして生まれたのでしょうか。

高木美保
この記事では、名字が高木という方向けに
・2つの代表的な高木の名字の由来について
・代表的な宮本姓の生まれ
・全国の高木さん分布ランキング
・代表的な高木姓の家紋
の4つについて紹介いたします。

 

スポンサードリンク


2つの代表的な高木の名字の由来について

高木という名字は、「神が宿る御神木」という意味と、高地に建てられた古代の城壁(高城)の2つを表す地名を由来とした地名姓です。ちなみに、宮崎県の宮崎神宮の境内にある巨大な御神木は、日本有数のパワースポットとして有名です。

 

代表的な高木の生まれ

数ある高木姓の中でも、江戸時代の河内丹南藩主の高木家と讃岐の高木氏が代表的といわれています。

河内丹南藩主の高木家

河内丹南藩主の高木家は現在の愛知県安城市市高木にあたる三河国碧海郡高木で発祥した清和源氏流です。また、高木貞政はマムシという通り名で有名な斎藤道三に仕えていて、美濃駒野城を拠点としていました。そして、清秀の代になると、現在の知多郡東浦町にあたる尾張の緒川に移り佐久間信盛に従って、のちに徳川家康に仕えたといわれています。

讃岐の高木氏

讃岐の高木氏は、現在の香川県高松市にあたる讃岐国鵜足郡高木郷が発祥で、古代豪族の末裔とされています。

 

スポンサードリンク


全国の高木さん分布ランキング

地名姓である高木の名字は、全国各地に存在しています。

1位 岐阜県
2位 佐賀県
3位 富山県
4位 熊本県
5位 愛知県

代表的な高木姓の家紋

高木家は、神聖な柏紋を多用していたといわれています。それではここで、代表的な高木姓の家紋を2つ紹介します。

丸に蔓柏

諏訪氏家臣であった高木氏は、柏紋の一種である「丸に蔓柏」紋を家紋として使用していました。

丸に蔓柏
 

丸に三つ柏

住吉大社初代神主である田裳見宿禰の末裔である高木氏が家紋として使用していたのが、丸に三つ柏紋です。柏紋は、神職に関わる家が家紋にする場合が多かったともいわれています。

丸に三つ柏
 

まとめ

高木姓は、御神木と古代の城壁、2つの由来がある珍しい地名姓だということがわかりました。また、有名な住吉大社の初代神主と関係があったのにも驚きですね。由来通り、神職に携わっている方がもしかしたら多かったのかもしれませんね。

 

スポンサードリンク

 - 家紋100位