女山大根の特徴・旬の時期は?佐賀県の伝統品種

みなさんが普段スーパーなどで購入し食べている大根は、どんな種類の大根か知っていますか?私たちが大根と言われてイメージをするのは、葉は緑で白くて長い大根ですよね。

これは「青首大根」という名前の大根で、日本の大根流通量の約90%を占めている大根なのです。その他にも大根にはたくさんの種類が存在し、「練馬大根」や「ねずみ大根」、「白首大根」など100種類以上あります。それぞれの地域の伝統野菜となっている大根も多くあり、古くから栽培されているのです。そんな中今回注目したのは「女山大根」という大根です。

この記事では「女山大根」の特徴や旬の時期、主な産地などについて詳しく調査し解説していきたいと思います。

画像:株式会社まつのより

スポンサードリンク

女山大根ってどんな大根?

「女山大根」の読み方や特徴などについて解説していきます。

☆読み方

「女山大根」は「おんなやまだいこん」と読み、佐賀県の伝統品種の大根となっています。

☆特徴

「女山大根」は葉も皮も全て真っ赤な色をしている大根です。この赤みはポリフェノールを多く含んでいる証拠です。

生産する際に大根のサイズにバラつきがでるため、それをそろえる為にとても手間がかかる大根です。サイズは大きい物で約80cmにもなり重さはなんと13kgにもなることがあるようです。

一般的な大根を比較してもかなり大きい大根ということが分かります。肉質はとても硬く、歯ごたえもしっかりしています。煮崩れしにくいので、煮物などにも多く使用されている大根です。

甘味もとっても強く一般的な大根のおよそ1.5倍も糖度があるのです。甘味が強いので生で食べる事も多くサラダなどにしても食べられています。

旬の時期

「女山大根」を最もおいしく食べる事が出来る時期は、12月から2月となっています

この時期しか味わうことができない「女山大根」を食べるためだけに、佐賀県まで足を運ぶ方もいるほど、とってもおいしい大根なのです。

甘味が強いので、アイスクリームに加工して販売もされているようです。色が鮮やかな紅色なので、ゼリーや大根おろしなどにするととても綺麗で映えるので華やかにもなります。

スポンサードリンク

主な産地

「女山大根」を主に生産している地域は、佐賀県です。佐賀県多久市にて300年以上も前から栽培されているのです。

しかし、今は生産が激減しており栽培する農家さんも高齢化してきているためほとんど市場に出回ることはないようです。

販売している場所は、佐賀県多久市の道の駅「幡船の里」にて販売されているようです。

「幡船の里」でしか今はほとんど購入することができないようなので、旬の時期になるとみなさん「幡船の里」まで足を運んで買いに来るようです。

オススメの食べ方

「女山大根」を美味しく食べることができる料理を紹介していきたいと思います。

大根とさつま揚げの煮物

大根とさつま揚げを醤油や出汁で煮て、煮物にしました。じっくり煮込むことで甘味が増し、ジューシーになった大根はとても美味しいです。

味付けもシンプルなので食べやすく、野菜そのものの味も十分に味わうことができる煮物となっています。ご飯にも良く合うので、お子様でも食べやすいです。一度作ってみてください。

引用:クックパッド

スポンサードリンク

大根とツナのまぜるだけサラダ

女山大根は甘味がとっても強い大根なので、生で食べるのもオススメです。大根を細切りにし、ツナとキュウリで和えたサラダです。

大根とキュウリのシャキシャキした食感を存分に楽しむことができるサラダとなっています。

どんなドレッシングをかけてもおいしいので、自分の好みに合ったドレッシングをかけて食べてください。

引用:クックパッド

大根と人参とツナの小鉢

大根とにんじんとツナをめんつゆや醤油などで煮た一品です。大根とにんじんの甘味とツナは相性抜群で、やみつきになる味わいです。ご飯にも、お酒にも合う一品となっています。

小さなお子様でも食べやすい一品なので是非一度作ってみてはいかがでしょうか?

引用:クックパッド

スポンサードリンク