ラディッシュの特徴・旬の時期は?外国産品種の大根

今日本では大根の種類は100種類以上あると言われていますが、みなさんはご存じでしたか?

一般的にスーパーなどで販売している大根は「青首大根」と言い、日本の大根市場のおよそ90%を占めているのです。

しかし、日本には大根はそれだけでなく他にももっとたくさんあったのです。今回注目したのは「ラディッシュ」という大根です。

「ラディッシュ」という言葉を一度は耳にしたことがある人は結構いるのではないでしょうか?この記事では「ラディッシュ」の特徴や旬の時期、主な産地などについて詳しく解説していきたいと思います。

画像:GREEN SNAPより

スポンサードリンク

ラディッシュってどんな大根?

ラディッシュの読み方や特徴などを解説していきます。

読み方

ラディッシュは別名「二十日大根」(ハツカダイコン)と呼ばれており、原産はヨーロッパです。ラディッシュは洋名、二十日大根は和名となっています。

特徴

ラディッシュはとても小さい大根で根は約2cm程となっており形は丸くなっています。種を植えてから収穫まで20日で出来るため「二十日大根」と言われています。

大根の色は白と淡い緑が一般的ですが、ラディッシュは赤色をしています。赤色以外にもピンク、白、黄色、紫色などたくさんの色があり、とてもカラフルな大根です。

栽培がとてもしやすい大根なので、家庭菜園初心者の方でも簡単に栽培することができます。

葉にはカロテン、ビタミンC、カルシウムなどが多く含まれており、根にはビタミンC、ジアスターゼなどを多く含んでいます。

スポンサードリンク

旬の時期

「ラディッシュ」の旬の時期について解説していきたいと思います。「ラディッシュ」を最もおいしくたべることができる時期は4月中旬から6月と10月から12月上旬となっています。

一年の内2回旬の時期がある珍しい大根です。「ラディッシュ」は比較的涼しい気候を望むので、春と秋に種をまくのが一般的です。

スポンサードリンク

主な産地

「ラディッシュ」の生産地について解説していきます。「ラディッシュ」を主に生産している地域は、全国です。

「ラディッシュ」はとても栽培しやすく日数もかからないため全国各地で生産されています。ですので、「青首大根」以外にもスーパーなどで販売されていることも多くあります。

スポンサードリンク

牛乳パックでラディッシュを育てることができます

牛乳パックで「ラディッシュ」を育てる際の手順について解説していきます。

種の植え方は?

空の牛乳パックを切り抜いてミニプランターを作ります。(70mm×70mm×194mm)がオススメです。土をいれ、間隔をあけながら種を植えます。栽培のポイントは水を多くあげすぎないことです。日当たりが強すぎる場所に置くのもやめましょう。

画像:ライフスタイルハックより

スポンサードリンク

ラディッシュの飾り切りで料理を見栄え良く飾る

おせち料理に入れると華やかな印象に

「ラディッシュ」は色が何色もあり見た目も鮮やかなので、飾り切りをして料理を華やかにしてくれる役割もあります。お正月に食べるおせち料理などにも多く使われており、新年を華やかなおせちが出迎えてくれます。その他にもどんな飾り切りがあるのか紹介していきたいと思います。

画像:ぶち猫おかわりより

バラ

とても繊細な作業で綺麗に花びらが作られており、本当に咲いているかのような錯覚をおこしてしまうほどの綺麗さです。お弁当などもこのバラの「ラディッシュ」があるだけで上品になり、高級感がでます。

画像:NEVERまとめより

毬(まり)

毬の独特な模様も綺麗に再現されており、とても美しいです。「ラディッシュ」は皮は赤色で中心部は白色なので紅白でとても縁起が良く、運気がアップしそうです。

画像:SENNENのBLOGより

スポンサードリンク

オススメの食べ方

「ラディッシュ」をおいしく食べることができる料理を紹介していきたいと思います。

ラディッシュとツナの簡単サラダ

ラディッシュをキュウリとツナを塩で和えたシンプルなサラダです。きゅうりとラディッシュのシャキシャキした食感を楽しめて、シンプルな味付けなので素材そのものの味を味わうことができるでしょう。色鮮やかで見た目も華やかです。

引用:クックパッド

ラディッシュ、里芋、若芽のお味噌汁

ラディッシュをお味噌汁の具材にしました。ピンクや白のラディッシュが入っているので、単色になりがちなお味噌汁が華やかになりました。紅白で縁起が良いのでお正月などにいいでしょう。

引用:クックパッド

ラディッシュの甘酢漬け

ラディッシュをそのまま漬けた一品です。ラディッシュの素材そのものの味をダイレクトに味わう事ができる一品でしょう。見た目もとっても可愛く食べるのがもったいないと思ってしまいますよね。

引用:クックパッド

浅漬け〜彩り野菜で〜

ラディッシュときゅうりを浅漬けにしました。シャキシャキした食感は癖になり、ご飯やお酒にも良く合います。おつまみなどにオススメの一品となっています。

引用:クックパッド

ラディッシュとほうれん草のピリ辛マリネ

ラディッシュとほうれん草をラー油とお酢でマリネにしました。ラー油のピリッとした辛味をお酢の酸味が素材の味を引き立ててくれます。ラディッシュの食感もやみつきになってしまうマリネです。

引用:クックパッド

コールラビとラディッシュの糠漬け

ラディッシュとコールラビをぬか漬けにしました。よく漬かっているのでジューシーで食感もパリパリしてくせになります。和食にぴったりの一品となっているので、献立に加えてみてはいかがでしょうか?

引用:クックパッド

かぶとラディッシュのピクルス

かぶとラディッシュをお酢に漬けピクルスにしました。お酢の酸味とラディッシュの甘味は相性抜群で噛めば噛むほど旨味がでてきます。お酒にもとても合うのでおつまみなどにもオススメの一品となっています。

引用:クックパッド

スポンサードリンク