大根を切ったら黒色になっている!黒色になった大根は食べられるの?

「大根を料理しようと思って切ったらいきなり黒色になっていました。黒色になった大根は食べられるの?食べられるのか、理由や見分け方を教えてください。」
大根が黒くなっていたら怖いですし「大根を食べるのを楽しみにしていたのに」という気持ちになるのも分かります。私も大根が好きでよく食べますが、切った時に黒くなっていた事があり不安に感じました。

そういった経験から、大根が黒くなる原因や見分け方が分かりましたので、本記事にて解説していきます。より美味しく安心して大根を食べるためにも、早速みていきましょう!

引用:野菜ナビ

スポンサードリンク

大根が黒色になってしまった場合は食べられるの?

大根が黒色になってしまったら食べられるのでしょうか?大根の断面は美しい白色ですが、黒くなっていたら不安になりますよね。

カビなのかもしれないと思いますし、黒くなっていただけでもかなりの抵抗があると思います。大根が黒色になってしまった場合は食べられるのか解説していきます。

スポンサードリンク

黒色になっても食べることはできる

大根が黒色になった場合でも食べることは出来ます。大根の断面を切ると黒い斑点や黒い筋として現れます。実際に大根を切ってみないと分からないので、とても厄介です。

大根が黒くなっていると多くの人は食べる気がなくなると思いますが、実際に食べても問題はありません。

新鮮な大根に比べると食感が硬く、ガリガリな食感で味は大きく落ちるようです

見た目も加熱すれば黒さがなくなるというわけではないので、黒い大根を料理する場合は取り除いておく料理をしましょう。

黒カビには注意が必要

大根が黒くなっていても食べることは出来ますが、黒カビには注意が必要です。大根の黒い筋と黒カビは全く違うものなので、「食べられるって聞いたから大丈夫」と考えると痛い目を見るかもしれません。

黒カビは他の黒くなる原因と異なり人体に影響を及ぼす可能性があります。

1カ所で固まって出ている事がある黒カビは食べてはいけません。大根に限ったことではありませんが、食中毒を引き起こす可能性があります。

スポンサードリンク

黒色になってしまう原因は?

大根が黒くなってしまうのは、ダイコンバーティシリウム黒点病が原因です。大根を栽培している時には、症状が分からなく収穫する時に気がつく事が多いので農家の人を悩ませている病気です。

黒い筋が放射状に出ていたり、一部が黒ずんだりしていますが、土壌中の糸状菌が原因になっています。気温が高い時期に出やすく、特に大根は冬の野菜であることから影響しやすいとされています。

糸状菌はカビの一種ではありますが、大根自体がカビている訳ではないので食べても問題はありません。

大根の水晶現象や青あざ症でも場合によっては黒く見える事があるようです。

スポンサードリンク

大根が黒色になるのを防ぐ見分け方とは

大根を購入する時や食べる時は、黒くないものを選びたいですよね。大根が黒色になるのを防ぐ見分け方はあるのでしょうか。大根が黒くなっていない新鮮なものは、重くて重量感があります。

黒くなっていないとは限りませんが、ずっしりとした大根を選びましょう。

切ってみないと分からない大根は、カットされているものを購入するのも良い方法です。もともとカットされていれば、一見しただけで色合いが分かりますよね。

確実に黒くなっていない大根を購入したいと思う方は、カット大根を購入しましょう。

スポンサードリンク

大根が黒色にならない保存方法は?

大根が黒くならない保存方法はあるのでしょうか。大根が黒色にならない保存方法としては、冷蔵庫に入れて保存しておく事が大切です。温度に影響されやすいので、食べない大根はすぐに冷蔵庫に入れましょう。

冷蔵庫に入れる際には大根の葉を切ってから立たせて保存すると良いでしょう。

大根の葉を付けたままで保存すると葉に栄養を持っていかれて、黒く変色してしまう原因になります。冷蔵庫に入れる際には、乾燥させないように新聞紙に包んだり、ジップロックに包んで保存すると効果的です。

大根は、冷蔵庫に入れておけば1週間ほど保存が出来ます。なるべく黒く変色させないようにするためには、すぐに食べてしまう事が良いでしょう。

スポンサードリンク

まとめ

大根が黒色になっている原因や食べられるのかについて解説していきました。大根が茶色くなってしまう原因は、ダイコンバーティシリウム黒点病が主な原因で水晶現象や青あざ症も黒く見える場合があります。

基本的には大根が黒くなっていても味は落ちますが食べることは出来ます。

冷蔵庫に入れてしっかりと保存したり、カットされている大根を購入する事で黒くなるのを予防する事が出来ますよ。