大根がぶよぶよになってしまった!食べることはできるの?ぶよぶよになった大根をおいしく食べるには!

「大根がぶよぶよになってしまったのだけど、これはなんででしょうか?ぶよぶよになっても食べることはできるのかな?
大根が突然ぶよぶよになってしまったら怖いですよね。しかも「この大根は食べることができるのかな?」と不安になってしまう気持ちもわかります。

そこで本記事では、大根がぶよぶよになってしまう原因と対処法、ぶよぶよ大根を食べることはできるのか?という部分を紹介していきますね!

これからのためにも、ぜひ参考にしてもらえたら嬉しいです!

引用:みんなの暮らし

スポンサードリンク

ぶよぶよになった大根は食べられるの?

まずは、ぶよぶよになってしまった大根を食べることはできるのか紹介していきますね!

ずばりぶよぶよになってしまった大根は、美味しく食べることができます。ただ、大根の使い方によっては美味しく食べることができないので、この美味しく食べる方法に関しては記事の後半を参考にしてください。

ぶよぶよになってしまった大根を見ると、「なんか形がださいし、美味しくなさそう…」というイメージを持ってしまうかもしれませんが、安心して食べてあげてくださいね。

スポンサードリンク

ぶよぶよになった大根を復活させる方法

実は、ぶよぶよになってしまった大根は復活させることができるんです!

ぶよぶよになってしまっているのは、水分が「抜けてしまっている」状態です。冷蔵庫の中に長期間入れたままにしておくと、ぶよぶよになってしまいます。

水分が抜けているということは、また水分をチャージしてあげれば良いわけです。ですので、大きめのバケツなどを用意して、大根を長時間水に漬けておくのがおすすめですよ。

この方法で「絶対に大根が復活する」という約束はできませんが、水に漬ける前よりは復活しますし、少しは安心できるのではないでしょうか。

スポンサードリンク

ぶよぶよになった大根を使ったおすすめのレシピ3選

では、ここからはぶよぶよになってしまった大根を使った、おすすめのレシピを3つ紹介していきますね!

美味しく大根を食べるためにも、ぜひ参考にしてみてください。

 煮物  まず1つ目のおすすめのレシピは煮物です。煮物でしたら、他の料理の水分も使うことになりますので、大根自体に水分がなくても美味しく食べることができます。

もし「大根だけで煮物を食べたい」という場合でしたら、これから紹介する2つの方法を試した方が良いかもしれません。

 漬物  2つ目におすすめの方法は漬物になります。漬物は長時間塩水などに漬けながら、もみほぐしつつ作っていく料理です。ですので、言い方はおかしいですが「水分を外部から足していく」という料理ですので、大根自体に水分がなくても特に問題はありません。

また、スの入った大根は少しだけ「苦みが強くなっている」状態ですので、大根以外の、例えばにんじんやピクルスなどの野菜と一緒に食べることがおすすめですよ。

 お味噌汁  3つ目の方法はお味噌汁になります。お味噌汁なら「お味噌の味」が強く出ますし、大根の風味が良い感じに出て美味しく食べることができます。

お味噌汁で大根を食べる場合は、お味噌汁の具が「大根だけでOK」ですので、比較的楽に作ることができておすすめです。

大根がぶよぶよしてしまっていて、ちょっと処理するのが面倒くさいなぁという場合は、ぜひ大根のお味噌汁にして美味しく食べてみてくださいね。

スポンサードリンク

大根の賞味期限はどのくらい?

では、大根の賞味期限はどのくらいなのでしょうか?これは季節によって大幅に異なってきます。

大根の賞味期限を決める最大の原因は「水分量」にあります。

ですので、比較的水分が保たれる冬場では、大根の賞味期限は1か月ほどになります。非常に日持ちして、お財布に優しいですね。

一方、水分が失われやすい夏場では、大根の賞味期限は5日ほどで、とっても短いです

もし、夏場で「大根を5日以内に使いきれる自信がない」という場合でしたら、漬物やお味噌汁など、なるべくバリエーションを多めに使い切ってしまいましょう!

また「冷蔵庫に入れておけば大丈夫」というわけでもありませんので、できるだけ早めに、美味しく食べてあげてくださいね。

スポンサードリンク

まとめ

大根がぶよぶよしてしまった場合の対処法を紹介してきました。

夏場などは特に賞味期限が早いですので、なるべく早めに食べてしまいましょう。

その際は、本記事で紹介した以下3つのレシピを試してみてくださいね。

  • 煮物
  • 漬物
  • お味噌汁

大根を美味しく食べていきましょう!

スポンサードリンク