岩国赤大根の特徴・旬の時期は?山口県の伝統品種

みなさんは、大根は好きですか?大根を嫌いという方はほとんどいないのではないでしょうか?大根と言えば、日本の和食には欠かすことができない野菜の1つですよね。

お味噌汁やお漬物、サラダや煮物などたくさんの料理に使用することができる万能の野菜です。味もおいしく、老若男女問わず食べやすいですよね。そんな大根ですが、実は何種類存在するか知っていますか?大根は今現在100種類以上あると言われており、それぞれ見た目や特徴なども全く違うのです。各地域の伝統品種となっている大根も数多くあります。

そこで今回は「岩国赤大根」という大根に注目してみました。この記事では「岩国赤大根」の特徴や旬の時期、主な産地などについて詳しく調査し解説していきたいと思います。

画像:第一三共株式会社より

スポンサードリンク

岩国赤大根ってどんな大根?

「岩国赤大根」の読み方や特徴について解説していきます。

読み方

「岩国赤大根」は「いわくにあかだいこん」と読み、山口県の伝統品種となっています。

特徴

岩国赤大根は部位によって味が異なります。葉に近いほど甘味が強く、下に行くほどどんどん辛くなっていきます。

最大根径は12cm、根長15cmが一番良い大根とされており重さは1.5kgから2.5kgが良いと言われています。大根の形は短円筒形で「大丸聖護院」によく似ていると言われています。

皮だけが鮮紅色をしており内部は真っ白な大根です。カリウム、カルシウム、ビタミンC、ビタミンE、β−カロテン、などを多く含んでおり身体にもいい大根となっています。

旬の時期

「岩国赤大根」を最もおいしく食べる事ができる時期は、12月から2月となっています。収穫が遅れても品質を保つことができるので遅めに収穫してもおいしい大根です。

煮物や漬物にして食べる事が多く、おろしやサラダにして食べても美味しいです。煮物にする前に大根を下ゆでするのをオススメします。

米のとぎ汁か米をそのまま少し入れて水からゆがくと苦みが取れるそうです。

スポンサードリンク

主な産地

「岩国赤大根」を主に生産している地域は山口県です。山口県 岩国市錦見地区を中心に栽培されており、山口県の伝統品種の大根となっています。

岩国市の錦見地区は、清流錦川の流域の微砂質壌土なので野菜の栽培に適した地域となっています。ウイルスに弱いのが弱点です。

地元の道の駅や野菜直売所にて販売されていることが多く、スーパーなどではあまり販売されていないようです。

古くから栽培されているので地元の方達からとても大切に守られ、食べ続けられている大根となっています。

オススメの食べ方

「岩国赤大根」をおいしく食べる事ができる料理を紹介していきたいと思います。

赤大根の甘酢漬け

大根をらっきょう酢や鷹の爪などに漬けて漬物にしました。大根の甘味と鷹の爪のピリッとした辛味は癖になる味でやみつきになります。大根のシャキシャキした食感も十分に楽しむ事が出来ます。噛めば噛むほど味がでてきます。お酒に良く合うのでおつまみなどにオススメです。

引用:クックパッド

スポンサードリンク

イカと大根の煮物

大根とイカをすき焼きのタレやしょうがで煮て煮物にしました。大根は味が良く染みこんでおりとってもジューシーです。イカの旨味もしっかりでています。

ご飯にも合う煮物なのでお子様も喜んで食べてくれるでしょう。是非一度つくってみてはいかがでしょうか?

引用:クックパッド

塩麹チキンと大根の白だし煮

大根と鶏胸肉を塩麹と白だしで煮て煮物にしました。シンプルな味付けで食べやすく、さっぱりしています。

素材の味を活かした味付けになっているので、大根の旨味を十分に味わう事ができるでしょう。お子様も食べやすい一品となっています。是非一度作ってみてください。

引用:クックパッド

スポンサードリンク