黒大根の特徴・旬の時期は?ヨーロッパ産の品種

みなさんが普段スーパーなでど購入し、食べている大根は葉が緑で根が上部が薄い緑色で下部が白色の大根が多いのではないでしょうか?

この一般的な大根は「青首大根」という名前の大根で日本の大根市場の約90%を占めている大根です。しかしその他にも大根の種類はたくさんあり、今では100種類以上あると言われています。葉以外全て真っ白な大根の「白首大根」や小さくて丸く赤い大根の「ラディッシュ」など見た目も特徴も全て違います。

そんな中今回注目したのは「黒大根」という大根です。この記事では「黒大根」の特徴や旬の時期、主な産地などについて詳しく解説していきたいと思います。

画像:栽培記録より

スポンサードリンク

黒大根ってどんな大根?

黒大根の読み方や特徴などについて解説していきます。

読み方

「黒大根」は「くろだいこん」と読み、名前の通り真っ黒な大根のことです。「黒長大根」(くろながだいこん)とも言われています。その他にも「黒丸大根」(くろまるだいこん)と呼ばれている大根もあります。

特徴

「黒大根」と言われる大根は実は二種類存在し、「黒丸大根」という大根もあります。「黒大根」はヨーロッパではポピュラーな大根でフランス料理などでもよく使われています。

葉は緑色で皮は真っ黒ですが、切断すると中心部は白いのが特徴です。大きさは長さが20cmから30cmが「黒大根」の平均です。

表面の皮はガサガサしており、水分も少なく辛味大根の肉質とよく似ています。生のまま食べるには辛味が強いので、大根おろしなどにして辛味を分解してから食べることをオススメします。

「黒丸大根」は葉や皮の色は「黒大根」と同じですが、丸いカブのような形をしています。イタリアやスペインなどではよく使われている大根です。

日本では一般的な大根の品種ではなく、「ラディッシュ」の一種と言われています。大きさは直径8cmから10cm程で手のひらサイズです。

表面の皮は真っ黒でザラザラしていますが、中は一般的な大根と同じ白色です。果肉部分の水分は少なくカリッとした食感が特徴で、辛味大根と似ています。

辛味が強いので、大根おろしなどにして辛味を分解してから食べるのがオススメです。

スポンサードリンク

旬の時期

黒大根を最もおいしく食べる事ができる時期は、11月から2月です。冬の寒い時期が食べ頃なので、おでんや煮物などにして食べるのがオススメです。

お漬物などにして食べるとより食感を楽しむことができるので、お漬物もオススメです。大根おろしにすると辛味が分解されるので、お子様が食べる際は大根おろしにして食べるのが良いでしょう。

スポンサードリンク

主な産地

「黒大根」を主に生産している地域は、ヨーロッパです。ヨーロッパではポピュラーな大根なので、珍しくなく消費量も多いですが、日本ではまだ流通が少ないので知名度も高くないです。

これから少しずつこの「黒大根」の知名度が高くなっていくと思われます。

スポンサードリンク

オススメの食べ方

「黒大根」をおいしく食べることが出来る料理を紹介していきたいと思います。

黒大根の美味しい天ぷら♪

黒大根をそのまま天ぷらにしました。シンプルな天ぷらなので素材そのものの味を十分に楽しむ事ができる一品です。大根のシャキッとした食感と、火を通す事で強くなった甘味を存分に味わってください。

引用:クックパッド

黒大根と春菊のサラダ

黒大根を薄く輪切りにし、春菊とオリーブオイル、塩で和えたサラダです。味付けもとてもシンプルなので、黒大根の素材の味をしっかりと味わえるサラダになっています。カリカリっとした黒大根の食感もお楽しみください。

引用:クックパッド

赤大根と黒大根の彩りサラダ

黒大根と赤大根と水菜をドレッシングで和えた一品です。赤大根と黒大根でとても色鮮やかなサラダになっており、食卓が華やかになります。シャキシャキした食感は癖になり、ドレッシングとよくからんでやみつきになるサラダです。

引用:クックパッド

黒大根のバターソテー

黒大根をシンプルにバターと塩こしょうで炒めた一品です。バターの甘味と香り、塩こしょうが大根の味を引き立ててくれてとてもおいしいです。お酒にも良く合い、おつまみなどにもオススメです。

引用:クックパッド

スポンサードリンク