戸隠大根の特徴・旬の時期は?長野県の伝統品種

みなさんは普段スーパーなどで購入し食べている大根の種類はどんな種類の大根かしっていますか?

一般的にスーパーなどで販売されている大根は「青首大根」という大根で、日本の大根流通量の約90%を占めていると言われいます。

辛味も強くなく、甘味もしっかりあって食べやすく色々な料理に使うことができることから需要が高まっているのです。しかし大根には「青首大根」の他にもまだまだたくさんの種類があります。その数はなんと100種類以上もあるのです。辛味がとても強い「辛味大根」や皮や中身が紅い「紅芯大根」、皮が真っ黒な「黒大根」など見た目も味も全て異なります。

各地域の伝統品種となっている大根も多くあり、古くから大切に守られています。そこで今回は「戸隠大根」という大根に注目してみました。

この記事では「戸隠大根」の特徴や旬の時期、主な産地などについて詳しく調査し解説していきたいと思います。

画像:おいしい信州プロジェクトより

スポンサードリンク

戸隠大根ってどんな大根?

「戸隠大根」の特徴や読み方などについて解説していきます。

読み方

「戸隠大根」は「とがくしだいこん」と読み、長野県の伝統品種となっています。「戸隠地大根」とも呼ばれています。

特徴

「戸隠大根」は肉質がとっても硬く、根の下がやや膨れているのが特徴です。大根の形は円筒形で、長さは約18cm程です。直径は約4cmで重さは約300gとなっています。

一般的な大根と比較すると小ぶりな大根となっています。葉がとっても長いのも特徴の1つです。水分量が多く辛味がとっても強く一般的におろしなどにして薬味として食べられている大根です。パリっとした歯ごたえも特徴で、その食感を活かして味噌漬けにもされています。沢庵にして食べる事も多くあります。

旬の時期

「戸隠大根」を最も美味しく食べる事が出来る時期は、11月から1月となっています。地域の伝統として戸隠そばの薬味として多く食べられています。

漬物にして食べる事も多く、歯ごたえがとってもいい大根です。「戸隠大根」をすりおろす時は、皮のまま円を描くようにすりおろすのがオススメです。

辛味が「戸隠大根」の特徴なので、この辛味を逃さない為に食べる直前にすりおろすのがオススメです。激辛を希望の方は最先端をすりおろしてください。

「戸隠大根」がもつ最大の旨味を十分に味わう事ができるでしょう。

スポンサードリンク

主な産地

「戸隠大根」を主に生産している地域は、長野県です。長野県戸隠では、江戸時代に商人が持ち込んだと言われる地大根があり、この大根を地元の方が品種改良してできた大根が「戸隠大根」と言われています。今では長野県の伝統品種の大根として地元の方から大切に守られ、育てられている大根となっています。

オススメの食べ方

「戸隠大根」を美味しく食べる事が出来る料理を紹介していきたいと思います。

戸隠大根の雪見すいとん

戸隠大根をすりおろしてすいとんにたっぷりのせました。優しい味のスープとすりおろした大根の辛味が相性抜群でとても美味しいです。すいとんにも良く合い、お腹一杯食べられる一品となっています。お子様にも食べやすいメニューとなっているでしょう。是非一度作ってみてはいかがでしょうか?

引用:クックパッド

スポンサードリンク

ツナと大根おろしのパスタ

パスタにツナとたっぷりの大根おろしをのせた一品です。大根おろしの辛味とツナの甘味と風味が相性抜群で食欲をそそる一品となっています。

どんなパスタソースにも合うので、自分の好みのソースをかけて食べてください。暑い日にポン酢で食べるのがオススメです。小さいお子様でもたくさん食べてくれるでしょう。

引用:クックパット

大根の醤油漬け

大根を醤油や鷹の爪、みりんなどに漬けて醤油漬けにしました。大根の辛味と、鷹の爪の辛味が重なって大人向けの辛い漬物になっています。コリコリした食感も癖になりやみつきになる味です。味が濃いのでご飯にも良く合い、お酒にも良くあうでしょう。おつまみなどにオススメのお漬物となっています。

引用:クックパッド

スポンサードリンク