ねずみ大根の特徴・旬の時期は?長野県の伝統品種

お漬物や煮物、おでんなどに欠かせない野菜と言えば、大根ですよね。生で食べても美味しく、加熱しても美味しいという万能の野菜です。

小さいお子様から年配の方まで大好きな大根ですが、実は100種類以上もの種類があることを知っていますか?

みなさんが普段食べている大根は「青首大根」という大根で大根流通の約90%を占めているのですが、まだまだ他にもたくさんあるのです。

「白首大根」や「練馬大根」、「ラディッシュ」や「黒大根」など種類は様々で、色や形も全く違うのです。そんな中で今回注目したのが「ねずみ大根」という大根です。

この記事ではねずみ大根の特徴や旬の時期、主な産地などについて詳しく解説していきたと思います。

画像:坂城町役場より

スポンサードリンク

ねずみ大根ってどんな大根?

ねずみ大根の特徴や読み方などについて解説していきます。

読み方

ねずみ大根は「ねずみだいこん」と読み、長野県の伝統品種大根となっています。全国的に、小さい大根のことを総称して「ねずみ大根」と言います。

特徴

ねずみ大根は、根の首の部分よりも下部の方が膨らんでいるのが特徴です。根の先端が尻尾のような形になっており、ネズミに似ていることからその名が付けられたと言われています。

地元では別名で「中条大根」とも言われており、古くから親しまれている大根です。大きさは250gから300gととても小さく、手のひらサイズとなっています。

味は辛味大根に似ていてとても辛いのも特徴です。肉質はとても硬く水分が少なく、舌触りがとても良い大根です。長野県の伝統品種野菜、「信州の伝統野菜」にも認定されています。

旬の時期

「ねずみ大根」を最もおいしく食べる事が出来る時期は、11月から12月となっています。一般的には10月から12月頃に流通し始めますが旬の時期は11月からになります。

大根おろしなどにして食べられることが多いので、うどんやそばと一緒に食べることがオススメです。

辛味は強いですが、その辛味が「ねずみ大根」の特徴でもあるのでぜひ一度食べてみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク

主な産地

「ねずみ大根」を生産している主な地域は、長野県坂城町です。坂城町は年間降水量が全国平均と比較しても少ないため、野菜の栽培が難しい地域なのです。

しかし「ねずみ大根」は降水量が少なくても十分に育つので、坂城町は栽培に適していたのです。

「ねずみ大根」自体は全国でも栽培されていますが、長野県の坂城町以外で栽培された大根はこの独特の「ねずみ大根」の形にならないことも多いそうです。

ねずみ大根はどこで売っている?

「ねずみ大根」はどこに行けば購入することができるのか?について解説していきたいと思います。「ねずみ大根」は全国のスーパーや道の駅で販売されており、購入することができます。

しかし、どのスーパーでも販売している訳ではなく、限られたスーパーでしか販売はされていないようです。販売される時期も旬の時期のみが多いようで、一年の内2ヶ月ほどしか店頭には並ばないようです。今ではネット通販でも購入することができます。楽天では2本で1200円で販売されていました。お近くのスーパーで販売されていないようでしたら、ネット通販で購入するのが良いでしょう。

オススメの食べ方

「ねずみ大根」をおいしく食べる事ができる料理を紹介していきたいと思います。

ねずみ大根のパリパリしょうゆ漬け

ねずみ大根を醤油や砂糖。お酢などでお漬物のしました。ねずみ大根が持つ辛味とシャキシャキした食感を十分に味わう事ができる一品です。

濃いめの味付けなのでご飯にも良く合います。お酒にも合うのでおつまみなどにいかがでしょうか?

引用:クックパッド

スポンサードリンク

おしぼりうどん♪ねずみ大根deうどんつゆ

ねずみ大根といえば、おしぼりうどんですよね。すりおろした大根とうどんの相性は抜群で、箸が進む一品です。

大根の辛味とうどんつゆの甘味がとてもいいバランスになっています!大根をすりおろしているので、辛味が和らいでいるのでお子様でも食べやすくなっているでしょう。

引用:クックパッド

薬味たっぷり!おしぼりうどん

冷たいうどんもおいしいですが、温かいうどんもねずみ大根と良く合います。さっぱりしていて食べやすいうどんになっています。薬味たっぷりのおしぼりうどん、一度作ってみてはいかがでしょうか?

引用:クックパッド

スポンサードリンク