親田辛味大根(辛味大根)の特徴・旬の時期は?長野県の伝統品種

大根と言えば、おでんの人気の具ランキングでも必ず上位に君臨しており、小さいお子さんからお年寄りの方までみんなが大好きな野菜ですよね。

煮物やお漬物にも使用でき、サラダにもできる万能の野菜です。そんな大人気の大根ですが、みなさんが普段食べているのはどんな種類の大根か知っていますか?

今日本では大根の種類は100種類以上あると言われており、一般的にスーパーなどで販売されている大根は「青首大根」という名前の大根です。

その他にも「ラディッシュ」や「桜島大根」などなどたくさんあり、それぞれ見た目や色も全く違います。

そこで今回は「親田辛味大根」という大根に注目してみました。この記事では「親田辛味大根」の特徴や旬の時期、主な産地などについて詳しく調査し解説していきたいと思います。

画像:おいしい信州フードネットより

スポンサードリンク

親田辛味大根ってどんな大根?

「親田辛味大根」の読み方や特徴について解説していきたいと思います。

読み方

「親田辛味大根」は「おやだからみだいこん」と読み、辛味大根の一種です。長野県の伝統品種となっています。

特徴

「親田辛味大根」は蕪のような扁平の球形をしており、小ぶりな大根です。肉質は水分がとても少なく、辛いのが特徴です。辛味成分のイソチオシアネートを一般的な「青首大根」の約4倍も含まれています。基本的には、大根おろしにして食べるのが一般的で大根をそのまま食べる事はあまりしません。

蕎麦やうどん、焼き魚の薬味として多く使用されています。直径が6cmから9cmで重さが200gから250gの大きさが良いと言われています。

旬の時期

「親田辛味大根」を最もおいしく食べる事ができる時期は、11月から2月となっています。秋から冬にかけてが旬の時期なので、年越し蕎麦やお正月のお餅などと一緒に多く食べられています。冷たい蕎麦でも温かい蕎麦でもどちらもおいしく食べる事ができます。

スポンサードリンク

主な産地

「親田辛味大根」を主に生産している地域は、長野県です。長野県の下条村を中心に栽培されており、長野県の伝統品種に認定されている大根です。

江戸時代から栽培されており、江戸時代正徳年間に尾張徳川家に献上されていたという記録が残っているそうです。

昔は多く栽培されていて生産量も多かった「親田辛味大根」ですが、辛味が強いのであまり人気ではなく、「青首大根」が主に流通するようになってからは、生産量が激減しました。

今では「親田辛味大根」を栽培する農家さんも減ってしまい。中々スーパーなどで販売されていることはありません。地元の道の駅や直売所、ネットでしか購入できないようです。

オススメの食べ方

「親田辛味大根」をおいしく食べる事が出来る料理を紹介していきたいと思います。

親田辛味大根のおろしハンバーグ

大根おろしと言えば定番の和風ハンバーグ!ハンバーグと大根おろしの相性は抜群で老若男女問わずみんなから大人気なハンバーグです。

ご飯にも良く合い、子供達が喜ぶおかずでしょう。お酒にも良く合います!

引用:クックパッド

スポンサードリンク

辛み大根でしらすおろし

しらすおろしも大根おろしを使った定番料理の1つですよね!ピリッとからい辛味大根としらすは相性抜群で、お酒によく合います。大人のおつまみとして人気の一品です。

醤油やポン酢で食べると更においしいです!一度作ってみてください。

引用:クックパッド

辛味大根でさっぱり♪のっけそうめん

うどんやそばに大根おろしをのせて食べるのも定番ですが、そうめんにも良く合います!さっぱりしていて暑い日でもたくさん食べる事ができる一品です。

ピリッと辛い大根おろしと甘いそうめんのつゆのバランスが良く、食べ出したら止まらない一品となっています。

引用:クックパッド

スポンサードリンク