青首大根の特徴・旬の時期は?アニメキャラにもなった品種の大根

大根と言えば、みなさんのご家庭の冷蔵庫の中に絶対入っている野菜の1つではないでしょうか?煮物や、サラダ、炒め物など様々な料理に使用することができる万能の野菜で、老若男女問わず人気の野菜ですよね。そんな人気な大根ですが、実はたくさんの品種が存在することを知っていますか?それぞれの大根に特徴や旬の時期があり、個性も様々です。

今回注目したのは「青首大根」という大根です。この記事では「青首大根」の特徴や旬の時期、販売相場価格や主な産地について詳しく解説していきたいと思います。

画像:LOHACOより

スポンサードリンク

青首大根とは?

「青首大根」の特徴や食べ頃の旬の時期、そして主な産地について解説していきたいと思います。

読み方

「青首大根」は「あおくびだいこん」と読みます。青首形の宮重大根をベースとした一代雑種で、日本に流通する大根の約90%を占めています。

特徴

青首大根とは、みさなんがスーパーなどで普段購入している一般的な大根のことです。ほとんどのスーパーの置かれている大根は「青首大根」という名前の大根なのです。

上部が緑色になっていて下部が白色をしています。形はふっくらとした円筒形をしており、水分を多く含んでいます。甘味があるので、生食でサラダなどにしても食べることが出来ます。

スポンサードリンク

旬の時期と産地

食べ頃は?

「青首大根」を最もおいしく食べることが出来る時期は、通年となっています。一年を通しておいしく食べることができる大根なので、常にスーパーなどでも販売されています。

生産地域によって収穫時期が違うので、その時期によって生産地は異なってきます。

主な産地

「青首大根」を主に生産している地域は、北海道、千葉県、徳島県です。全国各地で栽培されているため、ほとんどの県に「青首大根」が流通しています。

それぞれの生産している県によって収穫時期が違うのも特徴的です。収穫時期が違うので通年を通して旬の時期が維持できているのです。

スポンサードリンク

あおくび大根のキャラクターとは?

「青首大根」はキャラクターにもなっているようで、グッズなども販売しているようです。

ぬいぐるみも売ってるよ

人気のおもちゃメーカー「タカラトミー」からあおくび大根のオリジナルアニメが放送され、人気になり、ぬいぐるみの販売までされました。

なんともシュールな見た目のぬいぐるみで、「見たらついつい笑ってしまうけど、でもなんか可愛い!」と話題になりました。

スポンサードリンク

青首大根の販売相場価格

「青首大根」はスーパーやネット通販ではいくらで販売されているのか、詳しく解説していきたいと思います。

スーパー

スーパーでは「青首大根」は一本あたり約180円から300円の間で販売されていることが多いようです。一人暮らしや、夫婦のみの家庭には一本は多いと思う方用に半分サイズで販売しているスーパーも多くあります。半分で販売されているとこをは約100円から200円程で販売しているようです。

都会と田舎によって価格の差は大きくありますが、ほとんどのスーパーが200円以内では販売していることが多いと思います。

ネット通販

ネット通販では、「青首大根」はニンジン本体の販売ではなく、自分で栽培するようの種が販売されていました。楽天では、1袋(2.5ml)で306円にて販売されており、送料が200円プラスでかかるようです。家庭菜園などをしている方は自分で栽培して食べるのも楽しみの1つかもしれませんね。

スポンサードリンク

青首大根のオススメレシピ

「青首大根」をおいしく食べることが出来る料理を紹介していきたいと思います。

豚バラ大根

大きく切った大根と豚バラ肉を醤油やみりんなどで煮た一品です。煮ることで甘味が増しトロトロになった大根は格別においしいです。豚バラ肉との相性も抜群なので、箸が止まらない一品でしょう。

細切り大根の麻辣サラダ

大根を細く繊切りにし、ラー油やごま油などで和えたサラダです。大根のシャキシャキした食感を楽しむことが出来、大根の甘味をラー油のピリ辛がやみつきになる一品です。

お酒のおつまみなどにもオススメです。

大根てりてり焼き

大根を大きく輪切りにスライスし、そのままステーキ風に焼いた一品です。味付けもシンプルなので大根の素材そのものの味を楽しむことができる一品となっています。

少し焦げ目がついた部分も香ばしくてとてもおいしいです。お酒にとても合う一品でしょう。

大根のゆずあま酒漬け

大根をゆずと甘酒に漬けたシンプルな一品です。大根のシャキシャキした食感を、ほのかに香るゆずの風味が食欲を沸き立てます。

あっさりしているのでとても食べやすく、暑い日などにピッタリです。

 

みなさんも是非一度作ってみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク