白首大根の特徴・旬の時期は?8種類の主な品種の大根

みなさんが普段食べている大根は、上部が薄い緑色をしていて、下部は真っ白な大根が一般的ではないでしょうか?

大根は葉まで全てが食べることができ、味もおいしく、たくさんの料理にも使える万能の野菜です。そんな大根ですが、実は種類は100以上もあると言われているのを知っていますか?

色や形も違い、特徴などもそれぞれ違うのです。今回注目したのは「白首大根」という大根です。この記事では「白首大根」の特徴や旬の時期、生産している地域などについて詳しく解説していきたいと思います。

画像:八百屋のおっさんのひとりごとより

スポンサードリンク

白首大根ってどんな大根?

読み方

「白首大根」は『しろくびだいこん』と読み、首が白い大根を意味しています。「青首大根」という大根がありますが、それとは違い薄い緑の部分が真っ白な大根を「白首大根」と言います。

特徴

「白首大根」は名前の通り真っ白な大根で、根が地中に潜るタイプの大根です。首の部分が白く、中央が丸くふくらんでいるのが特徴です。

重さは約4kgと一般的な大根と比較すると大きいのも特徴の1つです。「白首大根」は辛みや苦みが強く、人気がなかったので、「白首大根」を品種改良し生まれたのが「青首大根」と言われています。漬物などによく使われています。

スポンサードリンク

旬の時期

「白首大根」を最もおいしく食べることができる時期は、12月から2月上旬となっています。冬が食べ頃のようなので、おせちの漬物や煮物などにオススメです。

辛みや苦みが強いので、火を通して食べることで甘味が増すので、加熱料理をして食べる方がおいしく食べることができるでしょう。

小さなお子様が食べる際は是非、火を通してから食べさせてあげてください。

スポンサードリンク

主な産地

「白首大根」を主に生産している地域は、神奈川県の三浦半島です。三浦半島の特産品として有名になっており、道の駅などで販売されています。

白首大根の一種で他にも三浦半島の特産品には三浦大根という大根もあり、白首大根の代表的な品種です。

スポンサードリンク

オススメのレシピ

「白首大根」をおいしく食べることができる料理を紹介していきたいと思います。

大根と竹輪・野菜天ぷらの煮物

白首大根は生で食べると辛みと苦みがあるので、火を通した加熱料理で食べるのがオススメです。煮物は長時間煮込み事で甘味がまし、食感もトロトロになり、とてもおいしくなります。

味も良く染みこんでいるのでジューシーになり、口の中ですぐにとろけてしまうでしょう。煮物に大根は欠かせない食材なので、たっぷりの大根を使って料理してみてはいかがでしょうか?

引用:クックパッド

大根と干し桜海老のサラダ♪梅ドレ♪

大根を細切りにし、ベビーリーフや干し桜エビと混ぜ合わせたサラダです。大根のシャキシャキした食感を存分に楽しむことができ、梅ドレッシングの酸味と大根のピリ辛さが癖になる一品となっています。さっぱりしているサラダなので、暑い日や食欲がない日にでも食べやすく、たくさん食べることができるでしょう。

引用:クックパッド

大根と手羽元の煮物

大根と手羽元を醤油や出汁、みりんなどで長時間煮た一品です。隠し味で昆布茶や米酢が入っているので、味にコクがでて深みが増します。

甘酸っぱい煮汁と大根と手羽元は相性抜群で、くせになる一品でしょう。お酒のおつまみなどにもオススメです。

引用:クックパッド

大根のそぼろあんかけ

大根を大きめに細切りにし、そぼろと出汁醤油や砂糖、かつおぶしなどで煮た一品です。あんかけんするので、あんが大根に良くからみ口の中に味が染み渡ります。

煮ることで甘味が増した大根はとてもおいしく味が染みこんでいるのでジューシーな味わいになっているでしょう。小さなお子様でも食べやすい一品となっています。

引用:クックパッド

スポンサードリンク