辛味大根の特徴・旬の時期は?強い辛味が特徴の8種類の主な品種の大根

みなさんは大根にはたくさんの種類が存在することを知っていますか?今現在大根は100種類以上の大根が存在すると言われています。

一般的な野菜と比較してもその数はとても多いです。スーパーなどで販売されている「青首大根」や、全体が真っ白な「白首大根」など特徴は様々で、味もそれぞれ違います。

甘味が強かったり辛味が強かったり、同じ大根でも上部は辛くて下部は甘かったりと色々あります。そんな中今回注目したのは「辛味大根」という大根です。

この記事では「辛味大根」の特徴や旬の時期、主な産地などについて詳しく解説していきたいと思います。

画像:野菜の育て方より

スポンサードリンク

辛味大根ってどんな大根?

「辛味大根」の読み方や特徴について紹介していきたいと思います。

読み方

「辛味大根」は「からみだいこん」と読み、名前の通り辛味がとても強い大根です。別名で「吹散大根」とも呼ばれています。京野菜の1つでもあり「京の伝統野菜」に指定されています。

特徴

「辛味大根」は一般的な大根と比べて辛味が強く、小さいのが特徴です。辛味大根だけでも、「からいね大根」「辛吉大根」「雪美人大根」「親田辛味大根」などといった様々な品種があります。栄養素が多く含まれており、ビタミンC、ビタミンB、ナトリウム、カルシウムといった栄養素が含まれています。

水分量は少なく、辛味が強すぎるので煮物などには向いていないようです。大根をすることで辛味が分解されるので、大根おろしなどにして食べることがオススメです。

スポンサードリンク

旬の時期

「辛味大根」の旬の時期について解説していきます。「辛味大根」を最もおいしく食べることができる時期は、4月から11月となっています。

春夏と秋に分かれており、春夏は4月から9月、秋10月から11月となっています。春と夏は、冷たいうどんやそばなどに大根おろしとして添えたり、秋にはさんまに添えたりと季節によって色々使用することができます。「辛味大根」は真冬は栽培することができないようです。栽培しやすい大根なので、家庭菜園でも作りやすい野菜となっています。

スポンサードリンク

主な産地

「辛味大根」の産地について解説していきたいと思います。「辛味大根」を生産している地域は、京都府です。

京都の原谷高原で栽培が始まり、江戸時代には「香味野菜」として盛んに使用されていました。近代では生産が激減し、昭和初期に10戸ほどだった栽培農家が1980年代には1戸のみとなってしまったようです。最近では京都府が特産そ菜保存圃と設置し、農家に栽培を依頼して7戸が栽培を行っているようです。

スポンサードリンク

オススメの食べ方

「辛味大根」をおいしく食べることができる料理を紹介していきたいと思います。

辛み大根で茶そば

茶そばに「辛味大根」で作った大根おろしを添えた一品です。お茶の香りと大根おろしの辛味よく合い、さっぱりしているのでとても食べやすいおそばとなっています。

見た目も京都感がでていてとても上品です。暑い日などに食べるのがオススメです。

引用:クックパッド

レンジで簡単!みぞれ餅!辛味餅!

お餅に大根おろしを添えて、醤油やめんつゆなどで作ったタレをかけた一品です。お餅と大根おろしの相性はぴったりなので、とてもおいしい一品となっています。

大根の辛味とタレの甘味のバランスがやみつきになり、どれだけでも食べることができる味わいとなっています。

引用:クックパッド

辛味大根の千枚漬け

「辛味大根」を甘酢液にひたして作ったお漬物です。大根の辛味が強いので、漬ける液は甘めにしました。大根の辛味と甘酢液の甘味のバランスがとても良く、食べやすいお漬物になっています。昆布の風味も大根と良く合っており、食感も楽しむことができます。「辛味大根」の素材の味を存分に味わってみてください。

引用:クックパッド

きんぴら

「辛味大根」とにんじんを醤油やごま油などで炒めきんぴらにしました。大根の辛味とにんじんの甘味、ごま油の風味がくせになり食べ出したら止まらない一品となっています。

お酒やご飯にも良く合うので、おつまみなどにオススメです。ピリ辛が好きな人にはたまらない一品となっています。

引用:クックパッド

スポンサードリンク