山田ねずみ大根(辛味大根)の特徴・旬の時期は?滋賀県の伝統品種

みなさんが普段スーパーで購入し食べている大根は「青首大根」という名前の大根で、日本の大根流通量の約90%を占めているメジャーな大根です。

葉が緑で根の上部が薄い緑色、下部が白色をしている細長いのが特徴です。しかし大根には「青首大根」の他にもたくさんの種類が存在し、その数は100種類以上あると言われています。

それぞれの地域の伝統品種となっている大根も多く存在し、古くから大切に守られ食べられているのです。見た目や特徴もそれぞれ違い、紅い大根や黒い大根、小さくて丸い大根などたくさんあります。そこで今回は「山田ねずみ大根」という大根に注目してみました。この記事では「山田ねずみ大根」の特徴や旬の時期、主な産地について詳しく調査し解説していきたいと思います。

画像:ぐるたびより

スポンサードリンク

山田ねずみ大根ってどんな大根?

「山田ねずみ大根」の読み方や特徴について解説していきます。

読み方

「山田ねずみ大根」は「やまだねずみだいこん」と読み、辛味大根の一種です。滋賀県の伝統品種の大根となっています。

特徴

「山田ねずみ大根」は色が真っ白でとてもキメが細かい大根です。歯ごたえが良く噛めば噛むほど味がでてくるのでお漬物にオススメです。

「ねずみ大根」と似ており根の下部が下膨れになっているのが特徴です。その先に細い根が伸びていてねずみに似ていることから「ねずみ大根」という名が付きました。

一般的な「ねずみ大根」は辛味が強いのが特徴ですが、「山田ねずみ大根」は辛味が少なくサラダや煮物などにして食べる事ができる大根となっています。

大根の大きさは15cmから25cm程で小ぶりです。

旬の時期

「山田ねずみ大根」を最もおいしく食べる事が出来る時期は、11月中旬から12月となっています。

一般的に辛味大根は大根そのものを食べるのでは無く、すりおろして薬味として食べられている大根ですが、この「山田ねずみ大根」は根も食べられている辛味大根なのです。

サラダや煮物などにして、多く食べられています。加熱することでより甘味が増すので、小さいお子様が食べる際は火を通してから食べさせてあげた方が良いでしょう。

スポンサードリンク

主な産地

「山田ねずみ大根」を主に生産している地域は滋賀県です。滋賀県の草津市を中心に栽培されています。

滋賀県では古くから栽培されており、「近江の伝統野菜」に認定されています。京都の漬物会社と契約し、まとまった生産量はあったものの近年の漬物の需要の減少により生産量は激減してしまいました。今ではスーパーなどで滅多に販売されることがない大根なので「幻の大根」を言われています。生産者の高齢化も進んでいるので、今では県が力を入れて伝統野菜の復興活動を行っているそうです。

オススメの食べ方

「山田ねずみ大根」を美味しく食べる事ができる料理を紹介していきたいと思います。

山田ねずみ大根とベーコンの炊き合わせ

ねずみ大根とベーコンをコンソメや醤油、バターなどで洋風に炒めた一品です。加熱することで甘くなった大根とベーコンの旨味は相性抜群です!

ご飯にも良く合い、お子様も好きな味付けなのでたくさん食べてくれるでしょう。大人の方はお酒のおつまみなどにするのもオススメです。

引用:クックパッド

スポンサードリンク

京風、お雑煮

大根をすりおろしてお雑煮にしました。白味噌と出汁でとろとろに煮たお雑煮はとても優しい味で心も身体も温まる一品です。少しピリッとする味がまた癖になり、やみつきになります。

引用:クックパッド

ねずみ大根!切り干し大根の煮物♪

ねずみ大根を切り干しダインにし、ちくわやにんじんなどと一緒に煮物にしました。味がよく染みこんでおり、噛めば噛むほど味がでてきます。

シャキシャキした大根の食感も楽しむ事が出来る一品となっています。お酒にも良く合うのでおつまみなどにもオススメです!

引用:クックパッド

スポンサードリンク