山口大根の特徴・旬の時期は?長野県の伝統品種

みなさんが一般的に購入して食べている、スーパーなどで販売されている大根はどんな種類の大根かご存じですか?

葉は緑色で根は白く、上部が薄い緑色になって細長いのが一般的な大根のイメージですよね。この大根は「青首大根」という名前の大根で、大根流通の約90%を占めている大根なのです。

その他にも大根には、大根の皮が真っ黒の「黒大根」や皮は白いけれど切ると中が紅色をしている「紅芯大根」などたくさんの種類が存在します。

また、細長いイメージが定着していますが、カブのような丸い大根もあるのです。まだまだみなさんが知らない大根もたくさんあり、種類は100を超えていると言われています。

そんな中で今回は「山口大根」という大根に注目してみました。この記事では「山口大根」の特徴や旬の時期、主な産地などについて詳しく調査し解説していきたいと思います。

画像:おいしい信州フードネットより

スポンサードリンク

山口大根ってどんな大根?

「山口大根」の読み方や特徴などについて解説していきます。

読み方

「山口大根」は「やまぐちだいこん」と読み、長野県の伝統品種の大根です。「信州地大根」の1つにもなっています。

特徴

「山口大根」は大根の大きさが約15cmから20cmと一般的な大根と比べると小ぶりな大根です。お尻がぷっくりとしているのが特徴で、ビタミンCを多く含んでいます。

普通の大根よりも水分がとっても少なく歯ごたえが良く、甘味と辛味が適度にあるので漬物に最適の大根と言われています。生で食べる際は漬物やおろしにして食べるのが一般的です。

加熱をすると甘味が増すので、加熱料理で食べる際は天ぷらなどにして多く食べられています。コリコリサクサクした食感が人気の大根となっています。

旬の時期

「山口大根」を最もおいしく食べる事ができる時期は、11月から12月となっています。寒い時期が食べ頃なので、温かい料理にして食べるのもオススメです。

お餅やうどん、そばなどと一緒に食べられることも多いです。一年の内旬の時期がたったの2ヶ月ほどしか無く、生産量もとても少ないので中々食べる事ができない大根なのです。

「山口大根」を食べるためだけに長野県を訪れる方もいるようです。みなさんも長野県に行く際は是非、食べてみてください。

スポンサードリンク

主な産地

「山口大根」を主に生産している地域は、長野県です。長野県上田市の山口地区で約400年前から栽培が始まりました。古くから地元では大切に育てられ守られている伝統野菜です。

昔は多くの農家が「山口大根」を栽培していたのですが、今現在では栽培している農家さんは1戸だけになってしまったそうです。

しかし、「山口大根」を残そうと地元の農家の方々が立ち上がり、「山口大根」の大根畑ができたそうです。収穫量は少ないですが、みなさんに食べてもらえるようにと農家さん達は頑張って栽培しているそうです。

オススメの食べ方

「山口大根」をおいしく食べる事ができる料理を紹介していきたいと思います。

甘辛厚揚げ☆おろしソースがけ

きぬ揚げに大根おろしをのせて、厚揚げにしました。大根おろしがたっぷりのっているので、とてもさっぱりしていて食べやすいです。厚揚げの甘味と大根おろしの相性は抜群で、癖になる味です。お酒のおつまみにもオススメの一品です。

引用:クックパッド

スポンサードリンク

ハンバーグ〜和風おろし

大根おろしを漬かった定番料理といえば和風ハンバーグですよね。子供も大人もみんな大好きなメニューです。さっぱりしていて食べやすく、どんなソースにも合うので楽しみ方もたくさんあります。ご飯にもとっても合い何杯でもおかわりできてしまう、最高のおかずとなっているでしょう。大人の方はビールやお酒のおつまみなどにもオススメの一品となっています。

引用:クックパッド

大根の漬物

山口大根と言えば、漬物です!コリコリした食感は癖になり、やみつきになる味です。味もとても良く染みこんでいるので、噛めば噛むほど味が染み出てくるでしょう。

大根そのものの素材の味も十分に味わう事ができる一品となっています。

引用:クックパッド

スポンサードリンク