アザキ大根の特徴・旬の時期は?福島県の伝統品種

大根の定番料理と言えば、ぶり大根や大根サラダ、おでんなどがありますよね。その他にも大根は煮物やお漬物、炒め物などたくさんの料理に使用することができて、味もおいしい万能の野菜です。みなさんが普段食べている大根は「青首大根」という名前の大根なのです。知っていましたか?

実は大根は今現在100種類以上もあると言われており、各県の伝統品種にも認定されている大根がいくつもあるのです。色や形もそれぞれ違い、特徴や旬の時期もそれぞれ異なります。

そんな中今回注目したのは「アザキ大根」という大根です。みなさんは「アザキ大根」という名を聞いたことはありますか?

この記事では「アザキ大根」の特徴や旬の時期、主な産地などについて詳しく調査し、解説していきたいと思います。

画像:CJWEBより

スポンサードリンク

アザキ大根ってどんな大根?

「アザキ大根」の読み方や特徴について解説していきます。

読み方

「アザキ大根」は「あざきだいこん」と読み、福島県の伝統品種に認定されている大根です。「会津大根」とも言われています。

特徴

「アザキ大根」は長さ20㎝ほどの根は硬くて水気が少ないのが特徴です。大根をそのまま調理に使うことはほとんど無く、おろしにしてそれをしぼり、しぼった汁「しぼり汁」を主に食べます。大根の長さや約20cmで一般的な大根と比べると小ぶりな大根です。

ジアスターゼをはじめとする消化酵素やビタミンC、食物繊維などを多く含んでおり、内臓の調子を整えてくれます。特にビタミンCは一般的な大根の約10倍も含まれているそうです。

旬の時期

「アザキ大根」を最もおいしく食べる事ができる時期は11月中旬から12月下旬となっています。「アザキ大根」はそばの薬味で使われる事が多いので、年越し蕎麦に添えて食べられたりしています。秋刀魚やうどんなどに添えてもとても美味しいです。お子様には辛味が強すぎるため、甘いつゆなどと一緒に食べると良いでしょう。

スポンサードリンク

主な産地

「アザキ大根」を主に生産している地域は、福島県です。大沼郡金山町を中心に栽培されており、福島県の伝統品種となっています。

一般的な大根の生産量に比べると「アザキ大根」の生産量はとても少なく、旬の時期でも地方には中々出回ることはありません。地元の道の駅や直売所にての販売となっているようです。

「アザキ大根」を食べるために福島県へ旅行に来る方も多くいるようです。今では「アザキ大根」を栽培する農家さんもかなり少なくなっているので、とても貴重な大根となっています。

オススメの食べ方

「アザキ大根」を美味しく食べる事ができる料理を紹介していきたいと思います。

ぶっかけ蕎麦

「アザキ大根」と言えば蕎麦です。地元の方も古くから蕎麦の薬味として食べていた伝統の食べ方です。ピリッと辛い大根おろしとそばの相性は抜群で、さっぱりしていてとても食べやすいです。暑い日には冷たいお蕎麦に大根おろしをたっぷりつけて食べてみてください!

引用:クックパッド

スポンサードリンク

あったまる!!生姜たっぷり餡かけ蕎麦♪

冷たいお蕎麦も美味しいけれど、温かいお蕎麦もオススメです。温かいので大根おろしの風味をより感じることができます。

ピリ辛の大根おろしと甘い汁はとっても良く合い、やみつきになる味です。年越し蕎麦にもオススメです。

引用:クックパッド

サンマの塩焼き

「アザキ大根」は秋も旬の時期なので、秋刀魚と一緒に食べるのもオススメです。秋刀魚も秋が旬でお互い旬同士でとってもおいしくなっています。

脂ののった秋刀魚と香り高い大根おろしは相性抜群です!ご飯にも良く合うし、お酒のおつまみにもオススメの一品となっています。日本の和食の定番ですよね!

引用:クックパッド

スポンサードリンク