牧大根の特徴・旬の時期は?長野県の伝統品種

日本の和食に欠かすことのできない野菜の1つに大根がありますよね。

大根はお漬物やお味噌汁、サラダや煮物などたくさんの料理に使用することができ、味もとても美味しい万能の野菜です。

小さいお子様からご年配の方までみんなが大好きな大根ですが、普段食べている大根の名前を知っていますか?

一般的にスーパーなどで販売されている大根は「青首大根」という大根で大根の流通量の約90%を占めているの言われています。

その他にも大根にはたくさんの種類が存在し、その数は100種類を超えていると言われています。

「青首大根」の他にもスーパーで販売されていることが多い「ラディッシュ」という大根を聞いたことはありますか?

「ラディッシュ」も大根の一種で、その他にも「白首大根」や「辛味大根」などたくさんの種類があります。そこで今回は「牧大根」という大根に注目してみました。

この記事では「牧大根」の特徴や旬の時期、主な産地について詳しく調査し解説していきたいと思います。

画像:おいしい信州フードネットより

スポンサードリンク

牧大根ってどんな大根?

「牧大根」の読み方や特徴について解説していきます。

読み方

「牧大根」は「まきだいこん」と読み、長野県の伝統品種の大根となっています。

特徴

「牧大根」の大きさは約15cmから20cmで一般的な大根と比べると小ぶりな大根です。直径は約4cmで、重さは200gから250gとなっています。色は「青首大根」と似ており、根の上部が薄い緑色になっています。下部は真っ白で、下膨れになっているのも特徴です。肉質は硬く主に漬物にして食べられることが多い大根となっています。

水分量が極めて少ないのも特徴の1つです。澱粉質が多く甘みがあり特に長期漬けに向いている大根です。うどんやそばの薬味として食べてもとても美味しいです。

旬の時期

「牧大根」を最もおいしく食べる事ができる時期は、10月下旬から11月下旬となっています。

お漬物やすりおろしてそばやうどんの薬味にして食べられることが多く、地元では伝統的な食べ方だそうです。

地大根で中々他県には出回ることがない大根なので、「牧大根」を食べるために長野県まで訪れる方も多くいるようです。

たべる直前にすりおろし、香りも味も新鮮な「牧大根」を是非一度味わってみてください。

スポンサードリンク

主な産地

「牧大根」を主に生産している地域は、長野県です。長野県の安曇野市穂高牧地区を中心に栽培されています。牧地区では「牧大根」の栽培にとても力を入れているそうです。

長野県の伝統野菜品種の1つに認定されています。安曇野の道の駅や、スーパー、農産物直売所などで購入することができます。

オススメの食べ方

「牧大根」を最もおいしく食べる事ができる料理を紹介していきたいと思います。

大根べったら漬け

大根を砂糖・酢・塩に漬けてべったら漬けにしました。しっかりと漬かっているので味が染みこんでおり、噛めば噛むほど味がでてきます。大根の甘味とお酢の酸味は相性抜群でやみつきになる味です。ご飯にも合うし、お酒にも良く合います。日本酒などにオススメです。おつまみなどに一度作ってみてはいかがでしょうか?

引用:楽天レシピ

スポンサードリンク

いぶりがっこ風、大根の漬物の燻製

大根をいぶりがっこ風にし、燻製にしました。燻製独特の香りと大根のコリコリとした食感が癖になり、やみつきになります。味もとっても美味しく、大人のおつまみにオススメです。

大根そのものの素材の味もしっかりと味わう事ができるでしょう。

引用:楽天レシピ

海老天柚子おろしそば

牧大根は、おろしにしてそばの薬味にしてもよく食べられています。温かいそばに添えると大根の風味がよく分かり、とても食べやすくなります。

ゆずの香りと大根の香りで食欲がそそられ、たくさん食べる事ができるでしょう。一度作ってみてはいかがでしょうか?

引用:楽天レシピ

スポンサードリンク