源助大根の特徴・旬の時期は?石川県の伝統品種

大根といえば、サラダや煮物、おでんなどたくさんの料理に使うことができる万能の野菜ですよね。大根を嫌いという人はあまりいないのではないでしょうか?

ボリュームもたっぷりで食べ応えもあり、味もおいしいのでついついたくさん食べてしまいますよね。そんな大根ですが、大根と一口で言っても種類は100種類以上あると言われているのです。知っていましたか?形や色、味もそれぞれ違いそれぞれに特徴や旬の時期が存在するのです。そんな中で今回は「源助大根」という大根に注目してみました。

この記事では「源助大根」の特徴や旬の時期、主な産地などについて詳しく調査し解説していきたいと思います。

画像:北陸物語より

スポンサードリンク

源助大根ってどんな大根?

「源助大根」の読み方や特徴などについて解説していきます。

読み方

「源助大根」は「げんすけだいこん」と読み、金沢市打木町の篤農家・故松本佐一郎氏によって育成された大根です。加賀野菜の1つとなっています。

特徴

「源助大根」は直径約8cmで長さが22cmから25cm程の大きさです。短円筒形で尻のつまりがよいと言われています。

生育が旺盛で、ウイルス病や萎黄病にかかりにくいのが特徴ですが、ス入りや空洞症が発生しやすいのが生育の短所です。肉質はとても柔らかく、シャキッとした食感があり歯触りがとても良い大根です。ほんのり甘味が口に広がるのも「源助大根」の特徴です。「源助大根」は煮崩れしにくいのでおでんに最適な大根といわれています。また、ぶり大根やお漬物にも多く使用されています。

旬の時期

「源助大根」を最もおいしく食べる事ができる時期は、10月下旬から2月下旬となっています。冬の時期が食べ頃で、おでんに最適な大根なので、おでんにして食べる事がオススメです。

大きめに輪切りにしコトコト煮て柔らかくなった「源助大根」はとてもジューシーでおいしくなっているでしょう。煮物などにもオススメですし、お正月などにお漬物やおせちとして使用するのも良いでしょう。

スポンサードリンク

主な産地

「源助大根」を主に生産している地域は、石川県金沢市です。「源助大根」は金沢市打木町の篤農家・松本佐一郎さんによって生み出され、そこから石川県の伝統品種として地元から大切に守られている大根です。昭和33年にかん水施設の導入によって本格的に栽培が盛んに行われるようになったようです。「天下一品の味」と関西市場で高く評価され、石川県の特産物として有名もなりました。

オススメの食べ方

「源助大根」をおいしく食べる事ができる料理を紹介していきたいと思います。

源助大根入りのおでん♪

「源助大根」といえばおでんです!冬の寒いときはおでんが一番ですよね。ほくほくの大根はボリュームもあって味もとてもジューシーでおいしいです。お酒にも良く合うので、いいおつまみにもなります。

引用:レシピブログ

スポンサードリンク

金沢源助大根まるごとデラックスカレー

「源助大根」をまるごと使って作ったカレーです。カレーはみんなが大好きですよね。大根が入ったカレーは珍しいですが、意外と合うのです。大根の甘味がカレーと良く合い癖になる味す。

是非一度作ってみてはいかがでしょうか?

引用:レシピブログ

源助大根と豚バラ軟骨のふろふき風・山東菜の中華そぼろあん

Exif_JPEG_PICTURE

大根の定番料理といえば、ふろふき大根もありますよね。大きく輪切りにした大根はインパクト大で、ボリュームもすごいです。

味もよく染みこんでいてジューシーでとても美味しく、お腹いっぱいになる料理です。小さいお子様でも食べやすい料理となっているので、一度作ってみてはいかがでしょうか?

引用:レシピブログ

源助大根のサラダ

「源助大根」を繊切りにし、サラダにしました。大根のシャキシャキした食感を楽しむことができ、素材の味を十分に堪能することができる一品となっています。

色々なドレッシングにも合うので色々な味を試してみてください。小さなお子様も食べやすいサラダなので、一度作ってみてください。

引用:加賀野菜より

スポンサードリンク