田辺大根の特徴・旬の時期は?大阪府の伝統品種

みなさんが普段スーパーで購入し食べている大根は、どんな種類の大根か知っていますか?大根と言われてイメージする一般的な絵は、葉が緑色で根の上部は薄緑色、下部は白色の長い大根ではないでしょうか?この大根は「青首大根」という大根で、日本の大根市場の約90%も占めている大根です。しかしその他にも大根にはたくさんの種類が存在しています。

その数実に100種類以上もある!と言われているのです。真っ黒な大根や小さくて赤い大根など見た目も全然違うのです。

そんな中、今回注目したのが「田辺大根」という大根です。この記事では「田辺大根」の特徴や旬の時期、主な産地などについて詳しく調査し解説していきたいと思います。

画像:トピッククラウドより

スポンサードリンク

田辺大根ってどんな大根?

「田辺大根」の読み方や特徴などについて解説していきます。

読み方

「田辺大根」は「たなべだいこん」と読み、なにわの伝統野菜の1つとなっています。

特徴

「田辺大根」は大根の根が白色の円筒形をしており、先が少し膨張して丸みを帯びているのが特徴です。長さは約20cmで太さは約9cmとなっています。一般的な大根と比較すると、短い大根になります。その他にも一般的な大根を比べても糖度が高く粘り気があるのも特徴の1つです。大根の葉には産毛のような毛茸がなく小松菜によく似ています。

肉質は緻密、柔らかいのも特徴となっています。根の部分には、でんぷんの分解酵素でもあるジアスターゼを豊富に含んでおり、胃の調子を整えてくれる役割りもあります。

葉にはビタミンCが多く含まれていて、その他にもビタミンA、ビタミンB1、B2、カルシウムなども多く含んでいます。

なので、栄養がたっぷり含まれている葉も全て食べきることをオススメします。

旬の時期

「田辺大根」を最も美味しく食べる事が出来る時期は、11月から1月となっています。ふろふき大根や煮物などにしてよく食べられています。

甘味が強いので、そのままサラダなどにして食べるのもオススメです。おでんや炒め物、漬物にも多く使用されている大根でもあるので、どんな料理にでも使える万能の大根です。

スポンサードリンク

主な産地

「田辺大根」を主に生産している地域は大阪府です。江戸時代に栽培が始まり、白あがり京だいこんとねずみだいこんが交雑して田辺地区にたどり着いたのが「田辺大根」のルーツと言われています。明治時代の「田辺大根」は短根で縦横がほぼ同じ長さだったが縦長な形に改良されたようです。

縦長な田辺大根を「横門大根」とも読んでいるそうです。今現在は大阪府を中心に栽培されており、「なにわの伝統野菜」の1つにも認定されています。

オススメの食べ方

「田辺大根」をおいしく食べる事ができる料理を紹介していきたいと思います。

田辺大根の炒めごはん

田辺大根を葉までまるごと一本使用し、ご飯と調味料で炒めた一品です。チャーハンのような見た目で、味もとってもおいしいです!

小さなお子様でも食べやすく、たくさん食べてくれる一品となっています。是非一度作ってみてはいかがでしょうか?

引用:クックパッド

スポンサードリンク

田辺大根の煮もの

大根とちくわ、豆腐などを醤油やみりんで煮物にした一品です。甘味の強い大根なのでとってもおいしく、ボリュームもいっぱいです!

ご飯にも良く合い、お酒にも合います。おつまみなどにもオススメなので一度作ってみてください。

引用:クックパッド

 

田辺大根のパスタ&スープ

大根の葉をパスタと一緒に炒めて和風パスタにし、根の部分はスープにしました。大根をまるごと一本使い、全て食べきることができる献立です。

小さなお子様も大好きなパスタなので、大根の葉でも嫌がらずに食べてくれるでしょう。献立のメインメニューとして作ってみてはいかがでしょうか?

引用:クックパッド

スポンサードリンク