御薗大根の特徴・旬の時期は?

みなさんがスーパーなどで普段購入し、食べている大根の種類はどんな種類の大根か知っていますか?その大根は、日本の大根市場の約90%を占めていると言われている「青首大根」という名前の大根です。その他にも大根は100種類以上の種類が存在するの言われており、「白首大根」や「練馬大根」など名前も特徴も様々です。

一般的な葉が緑で根の上部は薄い緑、下部は白という大根ですが、他にも葉以外全て真っ白だったり、太さが倍くらい太かったりと多種多様です。そんな中今回注目したのは「御薗大根」という大根です。この記事では「御薗大根」の特徴や旬の時期、主な産地などについて詳しく解説していきたいと思います。

画像:元気ネットより

スポンサードリンク

御薗大根ってどんな大根?

「御薗大根」の読み方や特徴について解説していきたいと思います。

読み方

「御薗大根」は「みそのだいこん」と読み、白首大根の一種となっています。

特徴

「御薗大根」は宮重大根と練馬大根を交配させて生まれた大根です。一般的な大根と比較すると白くて長く、長さは50cmで直径が5cmとなっており、重さは1.5kgが「御薗大根」の標準となっています。葉柄は緑色を帯びた白色で、食物繊維を多く含んでいるだめ歯切れがとても良く、天日干しをすると甘味が増します。

主に伊勢たくあんの原料をして使用されている大根で、辛漬けが中心に作られています。

スポンサードリンク

旬の時期

「御薗大根」の旬の時期について解説していきます。「御薗大根」を最もおいしく食べることができる時期は、11月下旬から12月上旬となっています。

一年の内半月ほどしか旬の時期がありません。市場に出回っている数も少ないので、中々旬の時期に「御薗大根」を食べることは難しそうです。

しかし、旬の時期に食べる「御薗大根」は辛味と甘味のバランスも整っていてよりおいしくたべることができるでしょう。

スポンサードリンク

主な産地

「御薗大根」の主な産地について解説していきたいと思います。「御薗大根」を主に生産している地域は三重県です。

大正時代に三重県伊勢市で宮重大根と練馬大根を交配させて栽培は始まり、みえ伝統野菜品目の一種となっています。伊勢たくあんの材料になって消費されているのがほとんどです。

昭和初期には伊勢市周辺の御薗・豊浜・北浜地域の殆どの農家で栽培されるようになり、太平洋戦争などが始まり保存食を必要とするようになったので、伊勢たくあんを国へ提供していたそうです。

スポンサードリンク

オススメの食べ方

「御薗大根」をおいしく食べることができる料理を紹介していきたいと思います。

伊勢たくあん

「御薗大根」といえば、伊勢たくあんです。しっかりとつけ込んで味が染みこみ、パリパリした食感はやみつきになります。お酒にもご飯にも良く合い、最高のおかずになります。

引用:林商店

きゅうりと大根の浅漬け

きゅうりと大根を浅漬けにし、塩昆布を添えた一品です。キュウリと大根のパリパリ感は癖になり、塩昆布のしょっぱさがまた箸が止まらなくなります。

さっぱりしているので暑い日や食欲がない日などでも食べやすい、小さなお子様にも食べやすくなっています。お酒のおつまみなどにもオススメなので是非一度作ってみてはいかがでしょうか?

引用:クックパッド

豚肉と切り干し大根の煮物

干し大根と豚肉を醤油やみりんなどで煮た一品です。「御薗大根」は干すことで甘味が増す大根なので、切り干しにした大根は甘味がたっぷりでとてもおいしいです。

味も良く染みこんでいるのでジューシーでご飯に良く合います。お酒にも合うので是非作ってみてください。

引用:クックパッド

野菜たくさん切り干し大根の煮物

干し大根、にんじん、いんげんなどを調味料で煮た一品です。にんじんと大根のコリコリした食感は癖になります。

味も染みこんでいるのでジューシーで、和食にはピッタリの一品です。小さなお子様でも食べやすいので、今晩のおかずに作ってみてはいかがでしょうか?

引用:クックパッド

スポンサードリンク