高倉大根の特徴・旬の時期は?東京都の伝統品種

大根と言えば、煮物や漬物、サラダやおでんなどたくさんの料理に使用することができて老若男女問わず人気の野菜ですよね。大根を嫌いという方はほとんどいないのではないでしょうか?

古くから食べられ親しまれている大根ですが、実は種類は100種類以上あるのです。

みなさんが一般的に食べている大根は大根流通量の90%を占めている「青首大根」という大根で、辛味も強くなくとても食べやすい大根となっています。

その他にも辛味が強い「白首大根」や「ねずみ大根」、紅い色をした「紅芯大根」や「ラディッシュ」など見た目も特徴もそれぞれ違う大根がたくさん存在するのです。

そこで今回は「高倉大根」という大根に注目してみました。この記事では「高倉大根」の特徴や旬の時期、主な産地について詳しく調査し解説していきたいと思います。

画像:YAHOOブログより

スポンサードリンク

高倉大根ってどんな大根?

「高倉大根」の読み方や特徴について解説していきます。

読み方

「高倉大根」は「たかくらだいこん」と読み、東京都の伝統品種の大根です。八王子市髙倉町特産品となっています。

特徴

高倉大根は肉質が緻密でキメが細かいです。辛味もほとんど無く、とても食べやすい大根となっています。一般的な大根と比べると、細長くゴボウの様な形をしています。

歯ごたえがしっかりしていてコリコリしているのでお漬物によく使われている大根です。長さは約60cm程で、見た目は軽そうに見えますが持ってみるとずっしりしていて重いのです。

太さが均一ではなく、デコボコしているのも特徴です。

旬の時期

「高倉大根」を最も美味しく食べる事ができる時期は、冬の時期となっています。寒い時期が食べ頃の大根なので、おでんや煮物などにして食べるのもオススメです。

辛味が少ない大根なので、小さいお子様でも食べやすい大根となっています。スーパーなどでは販売はしておらず中々購入することが難しい大根なので、わざわざ東京都まで買いに行く人もいるみたいです。

スポンサードリンク

主な産地

「高倉大根」を主に生産している地域は東京都です。八王子の伝統野菜として認定されています。江戸東京野菜の1つにもなっています。

大正10年頃に「練馬尻細」の間に一作おきに混作し、自然交配でできた大根と言われており昭和22年に商標登録されました。

沢庵漬けにするために高倉大根を干すさまは、「八王子八十八景」のひとつになっています。

沢庵の需要が減ると同時に高倉大根の生産も減少し、今では生産者はたったの一人になってしまったようです。そのため高倉大根は「幻の大根」と言われています。

オススメの食べ方

「高倉大根」をおいしく食べる事ができる料理を紹介していきたいと思います。

大根の煮物

大根を薄揚げと一緒に煮物にしました。味付けもとても優しい味付けになっているので食べやすく、素材の味を十分に味わう事ができる煮物になっています。

味が十分に染みこんだ大根はジューシーでとってもおいしいです!ご飯にも良く合うおかずとなっています。

引用:クックパッド

スポンサードリンク

大根とハンペンのおでん風煮物

大根とはんぺんをめんつゆで煮て煮物にしました!味がしっかりと染みこんでおり、とっても美味しい煮物になっています。ご飯やお酒にも良く合い、おつまみなどにもオススメです。小さいお子様も好きな味付けなのでたくさん食べてくれるでしょう。

引用:クックパッド

ふろふき大根

大根の定番料理を言えば、ふろふき大根ですよね!じっくりと煮て柔らかくなった大根は甘味も増しておりとってもジューシーでおいしいです。

味噌だれと良く合い、ご飯のおかずにもピッタリです!お酒のおつまみにもオススメの一品となっています。

引用:クックパッド

スポンサードリンク