亀戸大根の特徴・旬の時期は?東京都の伝統品種

小さいお子さんからご年配の方までみんなが大好きな定番野菜の大根。サラダやおでん、お味噌汁など色々な料理に使用することができて味もとても美味しいですよね。

みなさんが普段食べている大根はどんな種類の大根か知っていますか?実は大根の種類は100種類以上あると言われています。

スーパーなどで販売されている一般的な大根は「青首大根」という名前の大根で日本の大根市場の90%を占めていると言われています。

その他にも真っ黒な大根の「黒大根」や中身が赤い色の「紅芯大根」などがあり、見た目や特徴などもさまざまです。そんな中今回注目したのは「亀戸大根」という大根です。

この記事では「亀戸大根」の特徴や旬の時期、主な産地などについて詳しく解説していきたいと思います。

画像:デイリーポータルより

スポンサードリンク

亀戸大根ってどんな大根?

「亀戸大根」の読み方や特徴などについて解説していきます。

読み方

「亀戸大根」は「かめいどだいこん」と読み、東京都江東区亀戸の特産品となっています。

特徴

「亀戸大根」は「幻の大根」と言われており、希少価値がとても高い大根です。「亀戸大根」はビタミンCが一般的な大根の2倍含まれています。

長さは約20cm程、直径は約3cm程でスーパーなどで販売されている大根と比較しても小ぶりサイズです。果肉がとても緻密で辛味が強いのも特徴です。

なので、大根おろしにして辛味を少し和らげてから食べられていることが多いです。うどんやそばなどの薬味としてもよく使われています。

大根の葉は柔らかくおいしいので、漬物としても食べられています。

 

旬の時期

「亀戸大根」を最もおいしく食べる事ができる時期は、10月から4月となっています。秋から春にかけてが食べ頃のようです。

秋は秋刀魚を食べるときに「亀戸大根」を大根おろしにして食べてみるのも良いですね。年越しそばの薬味などにするのもオススメです。

旬の時期が長い大根なので、たくさんの方がおいしい「亀戸大根」を食べる事ができると思います。

スポンサードリンク

主な産地

「亀戸大根」を主に生産している地域は東京都です。江東区亀戸付近で主に栽培されています。

江戸時代から栽培が開始され、江戸東京野菜の1つに認定されています。一番栽培が盛んだった時期は明治期で、その頃には「お多福大根」や「おかめ大根」とも呼ばれていたようです。

現在は栽培数が激減し、ほとんど流通することがなくなってしまったようです。なので「幻の大根」と言われているようです。

オススメの食べ方

「亀戸大根」を美味しく食べる事が出来る料理を紹介していきたいと思います。

亀戸ダイコンと豚肉のさっぱり煮

亀戸大根と豚肉をだし昆布とゆずポン酢で煮込んだ一品です。さわやかなゆずの香りをポン酢の酸味が大根と豚肉に良く合い、あっさりした食べ応えです。

暑い日や食欲がない日でも食べやすい一品となっています。小さなお子様も好きな味でしょう。

引用:クックパッド

紅心大根と亀戸大根のぬか漬け

紅芯大根と亀戸大根をぬか漬けにしました。しっかり漬かっているので味がとても染みこんでいて美味しいです。ご飯にも良く合い、お酒にも合うのでおつまみにもオススメです。

大根のシャキシャキした食感を十分に楽しむことができるでしょう。

引用:クックパッド

スポンサードリンク

亀戸大根のかき揚げ

亀戸大根を桜エビを一緒にかき揚げにしました。火を通す事で甘味が増した大根とえびの香り、さくさくした衣は相性抜群で、いいおつまみになります。

お子様でも食べやすいかき揚げになっているので是非一度作ってみてはいかがでしょうか?

引用:クックパッド

亀戸ダイコンと豚バラ肉のミルフィーユ鍋

亀戸大根と豚バラ肉をミルフィーユ鍋にしてみました。大根の甘味と豚肉の旨味がしっかりと味わえる一品となっています。

ご飯にも良く合うので、お子様も喜ぶ一品でしょう。大人の方はお酒のおつまみにするのもオススメです。是非一度作ってみてはいかがでしょうか?

引用:クックパッド

スポンサードリンク