大蔵大根の特徴・旬の時期は?8種類の主な人種の大根

みなさんは大根にはどれだけの種類の大根が存在するかしっていますか?今日本には大根の種類だけで100種類以上あると言われています。

みなさんが一般的にスーパーで購入している大根は「青首大根」という大根で、日本の市場の約90%を占めている種類の大根です。

大根の上部が薄い緑色で下部は真っ白、上部が太く下部にかけて細くなっているのが特徴ですよね。その他にも大根の代表的な8種類の品種があり、「白首大根」や「練馬大根」、「宮重大根」といった名前の大根もあります。今回はその8種類の中の1つ「大蔵大根」という大根に注目してみました。

この記事では「大蔵大根」の特徴や旬の時期、そして主な産地について詳しく解説していきたいと思います。

画像:GOTOKYOより

スポンサードリンク

大蔵大根ってどんな大根?

「大蔵大根」の読み方や特徴などについて解説していきたいとおもいます。

読み方

「大蔵大根」は「おおくらだいこん」と読み、東京都にて栽培されている大根です。「白首大根」の一種になります。

特徴

「大蔵大根」は根の長さが約50cmから60cm程で、青首大根と比較しても長い大根です。重さは約4kgから5kgもあり、とても重い大根となっています。

色はとてもツヤのある純白色をしており、青首大根系の大根とはすぐに見分けることができます。上部から下部までの太さが均一なため、輪切りなどにしても綺麗に揃いうので無駄なく使用することができます。葉の部分がとても柔らかいのでサラダやおひたしにオススメで、根の部分は水分が少なく甘味が強いです。しかし下部に向かうほど辛みが強くなるので、火を通した加熱料理がオススメです。

スポンサードリンク

旬の時期

「大蔵大根」の旬の時期について解説していきたいと思います。「大蔵大根」を最もおいしく食べることが出来る時期は、11月中旬から12月となっています。

冬が旬の時期なので、おでんにしたり煮物にして食べるのがオススメです。心も身体も温まり、煮てトロトロになり、ジューシーになった大根を楽しむ事ができるでしょう。

スポンサードリンク

主な産地

「大蔵大根」の主な産地について解説していきたいとおもいます。「大蔵大根」を生産している地域は東京都です。

江戸時代に豊多摩郡(現在の杉並区)にて栽培が開始され、「源内づまり」という大根が世田谷の大蔵原(現在の世田谷区大蔵)に伝わり品種改良され「大蔵大根」という大根が生まれました。

今でも東京都世田谷区と中心に栽培しており、世田谷区の地場野菜として地元民から大切に育てられています。

スポンサードリンク

オススメの食べ方

「大蔵大根」をおいしくたべることができる料理を紹介していきたいと思います。

大根こんにゃくの炊き合わせ

大根を大きく輪切りにし、こんにゃくや鶏胸肉と煮た煮物です。大きく切った大根は煮ることで甘味が増し、ジューシーな味わいになっています。

ボリュームもたっぷりで、満足できる一品となっています。小さなお子様が食べる際は、大根はもっと小さく切ることをオススメします。

引用:クックパッド

豚バラ大根炒め

大根と豚バラ肉を甘辛く炒めた一品です。甘辛いタレで炒めた大根と豚バラは、白米と相性ぴったりで、ついつい何杯でもおかわりしたくなってしまうおかずになっています。

小さなお子様でも食べやすい一品となっているので、夜ご飯の献立にいかがでしょうか?

引用:クックパッド

ゴボウと大根の生姜きんぴら

太めに繊切りした大根とごぼう、ショウガをしょうゆやみりんなどできんぴらにしました。大根のショウガのシャキシャキした食感とゴボウのコリコリした食感がくせになり、やむつきになる一品です。大根のゴボウの甘味とショウガの香りもとても食欲をそそり、香りだけでお腹が空いてきてしまうでしょう。

スポンサードリンク