お役立ち!季節の耳より情報局

暮らしに役立つ様々な情報を厳選してお届けします!

小林の家紋の由来・意味を画像で説明!丸に揚羽蝶は桓武平氏の代表紋

   

小林といえば、真っ先に小林真央さんや小林幸子さんを思い出します。また小林製薬なども有名ですね。
また最も有名な人には俳人の小林一茶がいます。こちらもよく見かけたり、耳にする名字だと思います。

我が家の苗字は小林だけど、どんな家紋かわからない、そんな方も多いはずです。
本記事では小林にまつわる由来や、代表的な家紋、起源となる桓武平時などを見ていきます。

それでは小林姓を紹介したいと思います。

小林一茶 スポンサードリンク

 

小林の苗字の由来は「小さな林」

小林の名前の由来は、その名の通り地形姓であり、「小さな林」から生まれたそうです。
小さな林は全国各地に数多く存在する雑木林のようなもので、その由来も諸説あるために、断定することは難しいとされています。

なかでも長野県では最も多い名字だそうで、発祥地は、長野県伊那郡小林村からとされています。
他にも、上野国緑野群小林という地名が群馬県に存在していた過去があり、そこから発祥された小林氏は、名家で「小林党」と呼ばれ、鎌倉時代から呼ばれています。

雑木林

日本全国小林さん分布ランキング

全国の小林さんは約100万人以上とされて、かなりの数の小林さんが存在します。
最も小林さんが多い県は長野県で、その周辺や北関東に多い印象がもたれます。発祥の説のひとつに、信濃や上野が発祥とされていることも関係していると言われています。

 

1位  長野県
2位  山梨県
3位  新潟県
4位  群馬県
5位  栃木県

 

小林の家紋である丸に揚羽蝶

小林氏の家紋は多種多様ですが、上野・上総・相模の小林氏は、桓武平氏の代表紋とされる丸に揚羽蝶が多いそうです。関東地方の各小林氏が用いています。

 

小林家紋
 

桓武平氏について

それでは次に桓武平氏について行きます。平氏が最も活躍した時代は他の源氏、藤原氏、橘氏を含めて源平藤橘とよばれています。

桓武平氏とは、桓武天皇賜姓平氏を指しています。始祖とする桓武天皇の皇子によって大きく四流に分かれます。

それが、葛原親王流・賀陽親王流,万多親王流,仲野親王流にわかれます。
王の流れの桓武平氏には高望王流の他に善棟王流と高棟王流があり、高棟王流の桓武平氏は公家として京都で活動したとされています。

 

桓武平氏 引用:http://www.e-keizu.com/kakeizu/kanmu.html

スポンサードリンク

 

まとめ

簡単に小林といっても格式の高い位の方もいます。地形姓という特徴をもっていますが、鎌倉時代から受け継がれている由緒正しい地形姓ですね。
全国に数多くいますが、色んな祖の流れを汲んでいますね。

揚羽蝶の家紋が自分の家のものだと歴史をただせば平氏がいるってなんだか自慢にできますね。

 

 - 家紋, 家紋100位