初夏のかほりの特徴・旬の時期まとめ|歯切れの良い初夏どりの寒玉系キャベツ

みなさんは「キャベツ」の旬の時期についてご存知ですか?春キャベツや冬どれキャベツなど、季節の名前がついた言葉をよく聞くかと思いますが、スーパーでは1年中出回っていますよね。

キャベツの旬の時期は品種によって様々です。冬のものもあれば、夏に収穫できるものもあります。今回着目したのは、初夏に収穫できる「初夏のかほり」という名前のキャベツです。名前からも旬の時期がすぐにわかりますよね。

それでは、歯切れがよく初夏に収穫できるキャベツ「初夏のかほり」の特徴と旬の時期やオススメのレシピについてご紹介します。

スポンサードリンク

初夏のかほりってどんなキャベツ?

読み方 しょかのかほり
旬の時期 5月〜6月
主な生産地 愛知県
種類 寒玉系

読み方

「初夏のかほり」はそのまんま「しょかのかほり」と読みます。

スポンサードリンク

特徴

初夏のかほりは、その名の通り5月〜6月の初夏の時期にかけて収穫できるキャベツの品種です。歯切れが良いのが特徴で、葉が包み重なるようにして付いている「結球型」をしています。

形の安定性に優れており、とても大きくなる品種で、外側の葉は鮮やかな緑色、球内な綺麗な黄色をしています。葉質はやや肉厚で食感も◎です。

成長中の傷みや腐敗が少なく病気にも強いため、市場性も高く収穫量も豊富となっています。春に種を蒔いて5月〜6月には収穫できるので非常にスピーディーに成長します。

旬の時期と主な生産地

 

旬の時期はいつ?

初夏のかほりの旬の時期は、5月〜6月のまさに「初夏」となっています。

主な生産地はどこ?

初夏のかほりの主な生産地は愛知県となっており、中部地方でも栽培がメインのようです。

スポンサードリンク

価格相場ってどのくらい?


そんな初夏のかほりですが、その価格相場について見ていきたいと思います。スーパーで購入する場合とネット通販でお取り寄せする場合、それぞれの価格を調べてみました。

スーパーだと  

生産地近くのスーパーや直売所では手に入れやすく、1玉150〜200円ほどで販売されています。続いてはネット価格について見てみましょう。

ネット通販だと

最近では野菜もネットでのお取り寄せ商品として扱われるようになりましたが、残念ながら初夏のかほりの出品はありませんでした。

初夏のかほりの種はネット販売されていましたので、キャベツ自体をお取り寄せするより種の購入者の方が多いようです。自家菜園に興味のある方はチェックしてみてください。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク

おすすめの食べ方

では、初夏のかほりはどんな料理にアレンジできるのでしょうか?初夏のかほりを使ったおすすめのレシピを3種類ご紹介します。

餃子

餃子はいつ食べても美味しい定番料理です。キャベツや白菜などお好みの野菜で作るものなので、是非キャベツの大量消費メニューとしていかがでしょうか?

キャベツをみじん切りにして混ぜることで、90%が水分であるキャベツから水気が出てジューシーな餃子に仕上がります。

キャベツの内側の方が葉が柔らかいので、外側よりも内側の葉を使って作るのがオススメです。ご飯とお酒がすすむ餃子に活かしてみましょう。焼かずに冷凍しておくのも便利です。

スープ

スープにすることで、水溶性成分であるビタミンなどの貴重な栄養素も溶け出したスープと一緒に摂取することができるのでオススメです。

キャベツには特有の青臭さがあり苦手な方もいるかもしれませんが、ベーコンやソーセージなどの加工肉を加えることでコクが出るので美味しさもアップします。もともと硬い部分ですので、しっかり火を通すことで柔らかくなり、食べやすくなりますよ。
 
スポンサードリンク

漬物

キャベツのシャキシャキとした食感を活かして、漬物がいかがでしょうか?白いご飯のお供やお酒のお供にぴったりです。半日漬け込めば食べることができますので、朝漬ければ夕ご飯に食べられます。

鷹の爪を入れればピリリとした辛味がアクセントの漬物の完成です。ちょっと余ってしまったキャベツのアレンジとしてもオススメですよ。

まとめ

歯切れの良いキャベツ「初夏のかほり」についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?収穫期は5月〜6月と、ほかのキャベツに比べて非常に短いので、是非そのタイミングを逃さずに手に入れてみてください。

キャベツはビタミンや食物繊維などの栄養素が豊富に含まれている野菜ですので、普段から食べることで病気予防や免疫アップにも繋がります。

食事にキャベツを取り入れて、健康な体を目指してみませんか?料理のバリエーションも豊富なのでオススメですよ!

スポンサードリンク