サボイキャベツ(ちりめんキャベツ)の特徴・旬の時期まとめ|フランス生まれのヨーロッパキャベツ

みなさんは、このキャベツを見たことはありますか?ちりめんのような葉で、くしゃくしゃしているのが特徴的です。「サボイキャベツ」という名前にはフランスの地名が関係しています。

ちりめん質で古風なキャベツなので日本生まれのものかと思ったのですが、フランスが原産だそうなのです。

今回は、そんなちりめんのような葉をしたキャベツ「サボイキャベツ」の特徴と旬の時期やオススメのレシピについてご紹介します。

スポンサードリンク

サボイキャベツってどんなキャベツ?

読み方 さぼいきゃべつ
旬の時期 12月〜2月
主な生産地 北海道・宮城県など
種類 その他

特徴

サボイキャベツの一番の特徴は、くしゃくしゃとした葉をしているちりめんのような見た目です。そのルックスから「ちりめんキャベツ」とも言われています。

始めはオランダからの輸入物が流通していましたが、現在では東北地方などで国内生産されるようになってきました。

サボイキャベツは通常のキャベツよりも小ぶりで、葉の巻きはややゆるく、内側の葉まで緑色をしています。黄色い葉は中心部に近いギリギリのところです。

食物繊維が豊富で水分量も通常がキャベツに比べて少なく、生で食べるとサクサクとした食感をしています。味は通常のキャベツに比べ甘みが少ないです。

スポンサードリンク

栄養

サボイキャベツに含まれている「シニグリン」という成分には抗がん作用があり、がんに効く野菜としても知られています。

シニグリン体内に入ると「イソチオシアン酸アリル」という成分に変化し、これが膀胱がん・大腸がん・前立腺がんに効果的と言われています。

フランスやイタリアで人気の野菜

フランスやイタリアなどのヨーロッパの地域では比較的一般的なキャベツとして扱われています。「サボイ」という名前はフランスのSAVOY(サヴォイ)地方で作られていたことに由来しているのです。

旬の時期と主な生産地

 

旬の時期はいつ?

サボイキャベツの旬の時期は、12月〜2月の寒い時期となっています。

主な生産地はどこ?

サボイキャベツの主な生産地は北海道や宮城県などです。宮城県は、JA加美よつばから販売されています。

スポンサードリンク

価格相場ってどのくらい?


そんなサボイキャベツですが、その価格相場について見ていきたいと思います。スーパーで購入する場合とネット通販でお取り寄せする場合、それぞれの価格を調べてみました。

スーパーだと  

生産地近くのスーパーや直売所では手に入れやすく、1玉250円ほどで販売されていました。近場では売っていないという方には、ネットでの購入もオススメですよ。

ネット通販だと

サボイキャベツはネットでのお取り寄せ商品としても扱われています。宮城県のサボイキャベツは、旬の時期になると4.5kg(3玉)が2,570円で販売されます。

販売期間は2月中旬の一週間しかないようですので、一度食べてみたいけれど近場には売っていない!という方は、是非逃さずにチェックしてみてくださいね。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク

おすすめの食べ方

では、サボイキャベツはどんな料理にアレンジできるのでしょうか?サボイキャベツを使ったおすすめのレシピをいくつか紹介します。

ロールキャベツ  


引用:Rassic

ロールキャベツはお子様な好きな野菜メニューですね。外は柔らかく中にはぎっしりとひき肉が詰まっていて、野菜とタンパク質を同時に摂ることができる栄養バランスの良い料理です。

煮込めば煮込むほどキャベツが柔らかくとろりとするので、お好みの煮加減に調整してみてください。生のキャベツは葉脈が硬く、くるくる巻くのが難しいかもしれませんので、一度軽く茹でることで柔らかくなって巻きやすくなりますよ。

お好み焼き

サボイキャベツは繊維質が豊富なので、シャキシャキ食感とボリュームを活かしてお好み焼きにしてもよく合います。

お好み焼きの中には必ずキャベツが入っていますよね。柔らかいキャベツを使うとしんなりしてボリュームも抑え気味になりますが、ザボイキャベツは繊維質が豊富でサクサクとした食感なので、ぺちゃっとすることなくしっかり食感を残すことができます。

スポンサードリンク

ベーコンサラダ 

こんがり焼いたベーコンがのったベーコンサラダは、野菜と一緒に食べると旨味がじゅわーっと出てサラダとしても存在感のある一皿に仕上がります。

焼けば焼くほどカリカリになるので、お好みの硬さまでベーコンを焼いてみてください。どんなドレッシングにも合いますが、オススメはシーザーサラダドレッシングです。

キャベツをはじめとする色々な野菜とカリカリベーコン、シーザーサラダドレッシングはお店のような味になるのでおもてなしサラダとしてもぴったりです。

まとめ

フランス生まれのちりめん模様が特徴的なキャベツ「サボイキャベツ」についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

独特な見た目であまり見かけないかもしれませんが、日本でも徐々に生産量は上がってきています。がん予防にも効果があり健康にも◎なキャベツですので、是非一度は食べてみてくださいね。

生で食べるのも美味しいですが、かさばるため加熱した方が食べやすいかもしれません。フランス生まれのキャベツをご家庭でも堪能してみてください。

スポンサードリンク