冬キャベツ(寒玉キャベツ)ふの特徴・旬の時期まとめ|葉肉の厚い加熱調理向きキャベツ

みなさんは「春キャベツ」と「冬キャベツ」の違いをご存知ですか?単純に春に収穫するもの、冬に収穫するものという違いがありますが、具体的な特徴としてはどんなことがあるのでしょうか?

今回着目するのは、冬に収穫のピークを迎える「冬キャベツ」です。1年中出回っているキャベツで、みなさんもお馴染の品種かと思います。

私は先日大きな冬キャベツを1玉100円で購入しました。かれこれ2,3週間ほど前なのですが、まだ冷蔵庫で元気にしていて日持ちが非常に良かったです。

それでは、「冬キャベツ」の特徴と旬の時期やオススメのレシピについてご紹介します。

スポンサードリンク

冬キャベツってどんなキャベツ?

読み方 ふゆきゃべつ
旬の時期 1月〜3月
主な生産地 千葉県・愛知県など
種類 寒玉系

特徴

冬キャベツはな、夏に種を蒔き冬に収穫するキャベツのことで、最も多く出回っているキャベツの品種です。まん丸よりも少し潰れたような丸型をしており、「寒玉系」というキャベツの部類に分類されます。

色は黄緑色ですが白っぽく、硬いのでシャキシャキとしっかりした食感が特徴的です。寒い冬を過ごすことで甘みが強くなる品種で、加熱するとより一層甘みを増します。

葉の巻き込みが強く、何枚も重なっています。そのため煮崩れしにくく、ロールキャベツなどの煮込み料理にも向いています。

冬キャベツ外側の葉が傷みやすく、その部分の葉を剥いてから出荷されるため、スーパーで見るものは白っぽいものが多いでしょう。

スポンサードリンク

旬の時期と主な生産地

 

旬の時期はいつ?

冬キャベツは通年出回っていますが、旬の時期は1月〜3月の冬の時期となっています。

主な生産地はどこ?

冬キャベツの主な生産地は、千葉県の銚子地域や、愛知県の東三河地域となっています。

スポンサードリンク

価格相場ってどのくらい?


そんな冬キャベツですが、その価格相場について見ていきたいと思います。スーパーで購入する場合とネット通販でお取り寄せする場合、それぞれの価格を調べてみました。

スーパーだと  

冬キャベツは全国どこでも手に入れやすいキャベツで、1玉200〜250円ほどで販売されています。直売所などのローカルな場所では100円でも購入可能です。

ネット通販だと

冬キャベツはネットでのお取り寄せ商品としても扱われています。各サイトによっても異なりますが、愛知県産の冬キャベツ10kg(6〜8個入り)が4.980円で販売されていました。

また、最近ではフリマサイトのメルカリでも自家栽培の野菜を出品する方が増えていて、そちらにも冬の出品があります。

一度食べてみたいけれど近場には売っていない!という方は、是非ネットでチェックしてみてくださいね。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク

おすすめの食べ方

では、冬キャベツはどんな料理にアレンジできるのでしょうか?冬キャベツを使ったおすすめのレシピを3種類ご紹介します。

回鍋肉

回鍋肉はシャキシャキ食感を残して食べるキャベツの大量消費にオススメな料理です。こってりとした濃い味付けが良く絡み、ご飯がすすむ一品です。

キャベツの葉は外側が硬く、内側になればなるほど柔らかくできているのですが、回鍋肉には固めの外側の葉が向いています。

サラダにすると硬くて食べにくい外側の葉も、料理によってはすすんで使いたい部分になりますので活用しましょう。

ミルフィーユ鍋

豚バラ肉とキャベツを交互に並べた「ミルフィール鍋」は女性に人気の鍋ですね。白菜で作るほうがオーソドックスかもしれませんが、キャベツでも同じように綺麗なミルフィール模様を作ることができます。

ざっくりと切ったキャベツと豚バラ肉を交互に並べることでお肉の旨味がキャベツと合わさり、どこを取っても必ず同じ割合のお肉とキャベツが食べられます。

ぎっしり詰めても似ることでキャベツが縮み、スープも出てくるのでできるだけ隙間なく詰めましょう。キャベツ以外に野菜を入れなくともボリュームがありシンプルでも美味しい一品です。
 
スポンサードリンク

ツナサラダ

ツナサラダはどんな野菜にも合う便利なメニューです。野菜だけだと淡白になりがちなサラダも、ツナを入れることでコクが出て美味しくなります。

ツナには水煮とオイル煮が2種類があり、風味もさっぱりかこってりで変わってきますのでお好みの方を選んでみてください。

上からドレッシングをかけても良いですし、マヨネーズなど自分好みの調味料で和えても◎ですね。ツナ缶は長期間保存可能なのでストックしておくととても便利なアイテムです。

まとめ

葉が厚くて甘みもあるキャベツ「冬キャベツ」についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?おそらくみなさん一度は食べたことのある品種かと思います。

葉がぎっしり詰まっているので、1玉買えば何度も料理に使うことのできる大きなタイプのキャベツです。冬以外の時期でも、いつでも買うことのできる品種ですので、是非普段の食卓にキャベツを使った料理を取り入れてみてください。

スポンサードリンク